第79回:BMW M3セダン(前編)

2014.12.12 水野和敏的視点

誰が「M3=ストレート6」と決めたのか?

前回まで「マツダ・デミオ」から「プジョー208」まで、Bセグメントのハッチバックを4台連続でテストしました。今回は打って変わって究極のスポーツセダンといえる「BMW M3セダン」を取り上げます。

いまさら言うまでもありませんが、M3はもともとツーリングカーレースを制するために生まれたクルマです。1986年に登場した初代M3(E30)は2.3リッター4気筒を搭載していましたが、2代目(E36)では3リッターおよび3.2リッターのストレート6を載せるに至りました。そして4代目となる先代型(E90)ではさらに大きな4リッターのV8を採用して話題になりました。

最新のM3は、ストレート6に回帰しました。3リッターエンジンはツインターボを得て、先代の8気筒を上まわる431psと56.1kgmを発生します。初代M3は195psでしたから、それを思えばずいぶんとパワフルなモンスターに育ったものです。

私は新型M3が再びストレート6を使うことについて、本音を言わせていただくなら、エンジニアとしては少々ドライな感想を持っています。今回の回帰は、「Mパワーは、やはり直6でないと……」というマーケットの反応を踏まえたものと思われます。

意地の悪い言い方をするなら、「ポルシェ911」がリアエンジンでないといけない、というのと同じではないでしょうか。エンジニアリングの本質で合理的に考えれば、ミドシップの「ケイマン」の方がスポーツカーとしては「正しい」のですが、911はエンジンをリアに積むしかない。それが、お客さまが決め込んだイメージだからです。

M3とストレート6の関係も同様で、メーカーや評論家たちがいくら議論しても意味がない。その組み合わせは、繰り返しますが「お客さまが決めたこと。市場の声」なのですから。ここらへんが、自動車ビジネスのおもしろさであり、お客さま主体の奥の深さと言えるかもしれません。なにせお客さまあってのマーケットですから……。私はこういうのがとても好きです!

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 428iグランクーペ ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.14 試乗記 2ドアクーペとカブリオレに続いて、「4シリーズ」のラインナップに加わった4ドアモデル「グランクーペ」。「3シリーズ」とは異なるその魅力を味わった。
  • BMW M5コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.17 試乗記 マイナーチェンジした「BMW 5シリーズ」のトップモデル「M5コンペティション」に試乗。625PSのV8ツインターボに4WDシャシーが組み合わされた歴代最高性能を誇るスーパーサルーンは、いったいどれほどの進化を遂げたのか。
  • BMW 435iグランクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.9.9 試乗記 拡大を続けるBMWのラインナップに、ハッチゲートを持つ“4ドアクーペ”が加えられた。このクルマを選ぶポイントはどこか? 走りや乗り心地はどうなのか? ストレート6を搭載するスポーティーモデルで確かめた。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
ホームへ戻る