第79回:BMW M3セダン(前編)

2014.12.12 水野和敏的視点

誰が「M3=ストレート6」と決めたのか?

前回まで「マツダ・デミオ」から「プジョー208」まで、Bセグメントのハッチバックを4台連続でテストしました。今回は打って変わって究極のスポーツセダンといえる「BMW M3セダン」を取り上げます。

いまさら言うまでもありませんが、M3はもともとツーリングカーレースを制するために生まれたクルマです。1986年に登場した初代M3(E30)は2.3リッター4気筒を搭載していましたが、2代目(E36)では3リッターおよび3.2リッターのストレート6を載せるに至りました。そして4代目となる先代型(E90)ではさらに大きな4リッターのV8を採用して話題になりました。

最新のM3は、ストレート6に回帰しました。3リッターエンジンはツインターボを得て、先代の8気筒を上まわる431psと56.1kgmを発生します。初代M3は195psでしたから、それを思えばずいぶんとパワフルなモンスターに育ったものです。

私は新型M3が再びストレート6を使うことについて、本音を言わせていただくなら、エンジニアとしては少々ドライな感想を持っています。今回の回帰は、「Mパワーは、やはり直6でないと……」というマーケットの反応を踏まえたものと思われます。

意地の悪い言い方をするなら、「ポルシェ911」がリアエンジンでないといけない、というのと同じではないでしょうか。エンジニアリングの本質で合理的に考えれば、ミドシップの「ケイマン」の方がスポーツカーとしては「正しい」のですが、911はエンジンをリアに積むしかない。それが、お客さまが決め込んだイメージだからです。

M3とストレート6の関係も同様で、メーカーや評論家たちがいくら議論しても意味がない。その組み合わせは、繰り返しますが「お客さまが決めたこと。市場の声」なのですから。ここらへんが、自動車ビジネスのおもしろさであり、お客さま主体の奥の深さと言えるかもしれません。なにせお客さまあってのマーケットですから……。私はこういうのがとても好きです!

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
ホームへ戻る