クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第380回:「トヨタRAV4」の成人式

2015.01.09 マッキナ あらモーダ!

「RAV4」が20周年だった

1月といえば成人式である。昨2014年、「いつかいつか」と思いながら、書くタイミングを失ってしまった20歳のクルマがあった。「トヨタRAV4」である。
新成人の定義を調べると「年度内」だ。それに甘えさせてもらい、2015年最初の「マッキナあらモーダ!」は、RAV4のお話を少々。

RAV4の20周年をつい書きそびれてしまったのには、理由がある。ボクが住む欧州では、トヨタ・モーター・ヨーロッパがプレスリリースを配信する程度で、あまりそれを盛り上げなかったからである。
こちらでは、大きな記念年は25年、欧米人が好きな「クォーター」単位だ。したがって、20年はまだ道半ばと判断したことは想像に難くない。

ただし欧州はRAV4にとって、誕生のキーとなった場所である。
1989年の東京モーターショーで参考出品されたコンセプトカー「RAV-FOURコンセプト」は好評を博し、1991年に開発計画にゴーサインが下される。しかし量産の対象とはされなかった。「コンパクトSUV」というジャンルが、市場に存在し得るかどうか、経営陣の誰もが判断しかねたからであった。さらに不幸なことに、開発計画は一旦休止されるまでに至った。

そうしたなか販売サイドから、コンパクトSUVを期待する空気が高まっていることを示唆された。その「販売サイド」とは日本と、そしてヨーロッパだったのだ。かくしてRAV4の開発計画は、再開された。

予想は的中した。1994年、発売初年にもかかわらず5万3000台のRAV4が全世界で売れた。翌1995年にその数は3倍に達し、2013年には発売年の10倍の販売を記録した。今日までに世界で販売されたRAV4は500万台以上にのぼる。うち約130万台がヨーロッパで売られ、現在もその9割以上が現役で路上を走っているという。欧州におけるトヨタにおいて、RAV4はヒット車種のひとつとなった。

初代から現行までの「トヨタRAV4」欧州仕様車。
初代から現行までの「トヨタRAV4」欧州仕様車。 拡大
初代「RAV4」の欧州仕様。
初代「RAV4」の欧州仕様。 拡大
初代「RAV4」の欧州仕様。その軽快なオフロードカーは、コンパクトSUVという新たなジャンルをヨーロッパで切り開いた。
初代「RAV4」の欧州仕様。その軽快なオフロードカーは、コンパクトSUVという新たなジャンルをヨーロッパで切り開いた。 拡大
2代目「RAV4」欧州仕様車。
2代目「RAV4」欧州仕様車。 拡大

ふたりのアーティストに聞く

ここに紹介するのは、ヨーロッパにおける2人のRAV4ユーザーである。
ひとり目は、イタリア・フィレンツェ郊外に住むカテリーナ・ゴッジョリさんだ。伝統産品であるマーブル紙の工房を主宰している。

「仕事で使う紙の仕入れ、作品の納品、子供の送り迎えから、家族で飼っている馬の飼料運びまで、毎日”ラヴ・クアットロ”をフル活用していますよ」。

彼女にとって、3代目RAV4は生活になくてはならないツールだ。
クライアントである文房具店があるのは歴史的旧市街、いっぽう彼女が拠点を構えるのは、山あいにある地域で、未舗装路も少なくない。そうしたコントラストが強いふたつのエリアで、スタイリッシュかつ、ロードクリアランスの高いRAV4は、うってつけなのだ。
サイドにはいくつかへこみがあり、ナンバープレートはエッジが曲がっているが、逆に彼女の徹底したRAV4使いがうかがえて痛快である。

ふたり目は、フランス・パリのダルコ氏だ。
職業はグラフィティ・アーティスト。かつて鉄道敷地内の壁面にスプレーペイントで作品を描いたことにより、フランス国鉄から訴えられた。しかし後年、作品のアート性が認められ、今度は同社から駅の改装に合わせて作品を依頼されたという、異色の経歴の持ち主だ。パリのポップアート界では知られた人物である。

彼の相棒は2代目RAV4のターボディーゼル仕様だ。
「ヨーロッパ各地で制作する機会も多い。どこでもこの“ラヴ・キャトル”で出掛けてゆくよ」と語る。
筆者の目の前でダルコ氏は制作途中の作品に塗料を吹きかけながら、「スプレーペイントは、自らのジェスト(身ぶり)を最も作品に反映しやすいツール」と説明する。
彼がパリ西郊のアトリエ近く、狭い住宅街で、RAV4をきびきびと操る姿にも、作品制作をしているときに共通するリズムを感じた。

伝統工芸とポップアート、RAV4は、その双方のアーティストを魅了している。

フィレンツェ在住のカテリーナ・ゴッジョリさんと、愛車である3代目「RAV4」。
フィレンツェ在住のカテリーナ・ゴッジョリさんと、愛車である3代目「RAV4」。 拡大
カテリーナさんはマーブル紙工房を営んでいる。これは図柄を紙に転写しているところ。
カテリーナさんはマーブル紙工房を営んでいる。これは図柄を紙に転写しているところ。 拡大
カテリーナさんの「RAV4」からは、日々欠かさず共にしているムードが漂う。
カテリーナさんの「RAV4」からは、日々欠かさず共にしているムードが漂う。 拡大
ダルコ氏と2代目「RAV4」。
ダルコ氏と2代目「RAV4」。 拡大
パリ・グラフィティ・アート界の第一人者。作品制作の依頼があると、ヨーロッパ各地どこでも「RAV4」で赴く。
パリ・グラフィティ・アート界の第一人者。作品制作の依頼があると、ヨーロッパ各地どこでも「RAV4」で赴く。 拡大
「スプレーは自分のジェストを最も反映できる画材」と語る。
「スプレーは自分のジェストを最も反映できる画材」と語る。 拡大

貴重な「日本の得意技」だった

歴史を振り返れば、ヨーロッパにおいての日本車の高い評価の一端は、4WDが担ってきた。長いことこの旧大陸には、信頼性が高く、かつ手頃な価格の4WD車がほとんどなかった。そのため、日本製4WD車は、特に積雪が多い国で早くから注目された。
ボクがかつて訪れたオーストリアの山あいの村は、住民のガレージにことごとくスバル車が収まっていた。長年スイスでトヨタの人気車種は、意外にも「カローラ 4WD」であった。

1970~80年代に日本車輸入規制が敷かれていたイタリアでは、隣国から並行で輸入された「ダイハツ・タフト」や「スズキ・ジムニー」(いずれも初代)が、降雪の機会が多い北部で支持を集めた。
そのイタリアでは、2000年代に入ると、「スバル・レガシィ」は交通警察隊に、「フォレスター」は憲兵(カラビニエリ)や森林警備隊、財務警察に続々採用された。

そうした日本製4WDに対する定評をどだいに、スタイリッシュさを加えたRAV4は、SUVブームのけん引役となった。また、ライバルである日産に「キャシュカイ」や「ジューク」を造らせただけにとどまらず、韓国や地元ヨーロッパブランドをも大いに刺激した。

ありそうでなかったジャンルを開拓するという、日本ブランドの得意技を感じさせるプロダクトが欧州から少なくなりつつある今、RAV4がしるした足跡は、クルマという範疇(はんちゅう)を超えて貴重に思えるのはボクだけだろうか。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、トヨタ自動車)

イタリア北部ピエモンテ州ピネローロで2005年に撮影した「トヨタ・ターセル(4WD)」のパトロールカー仕様。
イタリア北部ピエモンテ州ピネローロで2005年に撮影した「トヨタ・ターセル(4WD)」のパトロールカー仕様。 拡大
3代目「RAV4」欧州仕様車。
3代目「RAV4」欧州仕様車。 拡大
ヨーロッパと北米で2013年から販売されている4代目現行「RAV4」。エンジンは3種類。2リッターD-4D(ターボディーゼル)はFF+6段MTのみ。2リッターガソリンは4WD+6段MT/CVT、そして2.2リッターD-4Dは4WD+6段MT/6段AT。
ヨーロッパと北米で2013年から販売されている4代目現行「RAV4」。エンジンは3種類。2リッターD-4D(ターボディーゼル)はFF+6段MTのみ。2リッターガソリンは4WD+6段MT/CVT、そして2.2リッターD-4Dは4WD+6段MT/6段AT。 拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。