クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第5回:「ボルボV40」のあるライフスタイル

ボルボV40とノルディックウォーキングのいい関係 2015.01.19 ボルボV40の“いま”を知る ボルボV40 T4 SE(FF/6AT)

北欧の走りに共感したのなら、次は「北欧の歩き」に挑戦してみてはいかが? ポールを使って歩くノルディックウォーキングは勝ち負けのない、自分のペースで楽しむスポーツ。人を中心にして進化するクルマ、ボルボとの相性はとてもいいはずだ。

ポールを使って歩こう

ノルディックウォーキングという言葉は知っていたけれど、ここ最近は実際にこのスポーツを楽しんでいる人を見かける機会が増えた。公園や遊歩道などで、ポールを使って歩く人をよく見かけるのだ。
生活習慣病に苦しむ同級生が増えつつある40歳代後半としては、このスポーツに興味が湧く。調べてみると、普通のウォーキングの30~40%も消費カロリーが増すという。しかも下半身だけでなく上半身にも“効く”というから、健康に気をつけたい世代には願ったりかなったりだ。

クルマでの移動が多く、運動不足の解消を図りたい『webCG』編集部のスタッフも加わり、ノルディックウォーキングに出掛ける企画を立てた。といってもオジサン同士だと絵が汚い(!)ので、タレントの石原あつ美さんに同行していただくことにした。
目的地の富士五湖周辺までの足には、「ボルボV40」を選んだ。この選択の理由のひとつは、フィンランド発祥のノルディックウォーキングと“北欧つながり”だから。2015年モデルから変更されたシャシーや安全装備を試してみたいという目的もある。あとひとつ、最近のボルボのデザインは女性受けもいいだろうという狙いもあった。

もくろみは見事に当たり、集合場所に現れた石原さんは「いまのボルボってとってもおしゃれなんですね」と感心することしきり。外観も気に入ったけれど特に北欧家具のようなインテリアが好みだという。
「ボルボV40 T4 SE」のラゲッジスペースにノルディックウォーキング用のポールやシューズ、ウエアを積み込んで、都内を出発する。走りだしてすぐに、「おっ」と頭の中にビックリマークがともった。

2015年型の「ボルボV40」には“年次改良”を超えた、さまざまな改良が施されている。外観では、新たにバンパー下部にLEDドライビングライトが装着された。
2015年型の「ボルボV40」には“年次改良”を超えた、さまざまな改良が施されている。外観では、新たにバンパー下部にLEDドライビングライトが装着された。 拡大
ノルディックウォーキングはパートナーがいればもっと楽しい。目的地は富士五湖の西湖。新たにボイスコントロール機能が追加されたナビがとても便利。
ノルディックウォーキングはパートナーがいればもっと楽しい。目的地は富士五湖の西湖。新たにボイスコントロール機能が追加されたナビがとても便利。 拡大
「いまのボルボってとってもおしゃれなんですね」と感心する石原さん。
「いまのボルボってとってもおしゃれなんですね」と感心する石原さん。 拡大
せわしない都市部を抜け出し、いざ西湖へ。
せわしない都市部を抜け出し、いざ西湖へ。 拡大

「ダイナミック」から「ツーリング」へ

ビックリマークがともったのは、いままでに乗ったボルボとは足まわりの感触がまるで異なるからだ。これまでに乗ったボルボV40(つまり2014年までのモデル)は、ビシッと引き締まっていた。特に市街地程度の速度域だと引き締まりすぎだと思うこともしばしばだった。
ただしワインディングロードや深夜の首都高速では、俊敏かつ正確なハンドリングを楽しむことができた。エレガントなエクステリアデザインと体育会系の足まわりの組み合わせはミスマッチだったとも言えるし、そこが面白いとも言えた。

一方2015年モデルは、ルックスと乗り心地が調和している。タウンスピードで悪い路面を走っても、鋭いショックが伝わることがなくなったのだ。ソールの薄いスニーカーから、踵(かかと)への衝撃を緩和してくれる良質なウォーキングシューズに履き替えたかのような違いがある。
特に今回は、助手席に石原さんが乗っているから、乗り心地の改善がうれしい。

ボルボによれば、2014年モデルが走り重視の「ダイナミック・シャシー」を採用していたのに対し、2015年モデルはコンフォート重視の「ツーリング・シャシー」に切り替えたのだという。

乗り心地はしなやかになったけれど、高速道路に入って速度を上げてもフワフワするようなことはない。相模湖付近の高速コーナーの連続も安定したロールを伴いながらスムーズにクリアする。
こういう場面で特に気に入ったのはステアリングフィール。タイヤがどれくらい切れているか、路面がどんな状態かを緻密に伝えてくれるから、法定速度での巡航でも退屈しない。われわれ取材班一行は、あっという間に河口湖インターに到着した。

「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれるインパネのセンターパネルが、室内に洗練と温かみをもたらす。ボルボでしか味わえない世界。
「フリーフローティング・センタースタック」と呼ばれるインパネのセンターパネルが、室内に洗練と温かみをもたらす。ボルボでしか味わえない世界。 拡大
試乗車にはパノラマガラスルーフが備わり、室内が暖かい光で満たされる。北欧の人々は自然の光を愛するという。それを実感する空間だ。
試乗車にはパノラマガラスルーフが備わり、室内が暖かい光で満たされる。北欧の人々は自然の光を愛するという。それを実感する空間だ。 拡大
2時間足らずのドライブで西湖に到着。窓を開けると、澄んだ空気が室内に流れ込む。
2時間足らずのドライブで西湖に到着。窓を開けると、澄んだ空気が室内に流れ込む。 拡大
天気は快晴。風もなく、ほんのりと暖かい。まさにノルディックウォーキング日和!
天気は快晴。風もなく、ほんのりと暖かい。まさにノルディックウォーキング日和! 拡大

その源流はクロカンスキーのトレーニング

ノルディックウォーキングを実践するにあたって、取材前日にレクチャーを受けた。教えてくださったのは、日本ノルディックウォーキング協会の理事で公認マスタートレーナーでもある伊藤義昭さんだ。伊藤さんは、キャラバンという会社でノルディックウォーキング用品を扱っているから、このスポーツの伝道師のような方である。

伊藤さんによれば、ノルディックウォーキングはスキーのクロスカントリーの選手が夏場のトレーニングとして行っていたものが原形だという。ポールを使うことで全身運動となることは1930年代から知られていたが、ポールの長さや歩き方などを工夫し、新しいスポーツ「ノルディックウォーキング」として発表されたのは1997年。歴史は新しいけれど、運動効果が簡単に得られる有酸素運動ということで、フィンランドでは瞬く間にポピュラーなスポーツとなり、その後ドイツをはじめヨーロッパ全域に広がったとのことだ。

伊藤さんに教わった通り、石原さんのポールの長さをストラップがおへその位置になるように調整する。最初は腕を振らずに歩くことから始め、次第に手の振りを大きくする。
学生時代にバレー部やバスケット部で活躍し、いまでもジムで週に何回かは走るという石原さんは、さすがに飲み込みが早い。30分もすると、格好のいいフォームで湖の周辺を歩き回るようになった。

石原さんに感想を尋ねると、「楽ちんに歩くためのポールかと思ったら、逆なんですね」という答えが返ってきた。
「確かに運動の負荷が高くなっていて、特に二の腕や肩のあたりに“効いている”感じがします」
ジムで筋トレやパワーヨガのコースもとっているという石原さんは、体の変化に敏感だ。確かに5分、10分も続けていると、体全体がぽかぽかしてくる。

ノルディックウォーキングを楽しむのに堅苦しい決まりはない。格好は自由だ。ただし、歩きやすさを考慮すると、ハイカットのスニーカーは避けたほうがいいかもしれない。
ノルディックウォーキングを楽しむのに堅苦しい決まりはない。格好は自由だ。ただし、歩きやすさを考慮すると、ハイカットのスニーカーは避けたほうがいいかもしれない。 拡大
日本ノルディックウォーキング協会で理事を務める伊藤義昭さん。
日本ノルディックウォーキング協会で理事を務める伊藤義昭さん。 拡大
前に踏み出した足と逆の手のポールで地面を突く。前進する際、ポールが脇を過ぎたら手をグリップから離し、ポールを後方にリリースする。モデルは伊藤さん。
前に踏み出した足と逆の手のポールで地面を突く。前進する際、ポールが脇を過ぎたら手をグリップから離し、ポールを後方にリリースする。モデルは伊藤さん。 拡大
右手(黒い袖の方)がノルディックウォーキング用のポールで、左手が一般的なトレッキング用ポール。ノルディックウォーキング用は専用のストラップを用いるため、手を開いてもダラっと垂れ下がらない。
右手(黒い袖の方)がノルディックウォーキング用のポールで、左手が一般的なトレッキング用ポール。ノルディックウォーキング用は専用のストラップを用いるため、手を開いてもダラっと垂れ下がらない。 拡大

V40は疲れた体にやさしい

結論として、ノルディックウォーキングは大人のエクササイズとして大いに“アリ”だと思った。ジムやプールに通うほど面倒ではないし、ランニングより故障の可能性が低い。
それから、街中で歩くのもいいけれど、やはり景色や空気のいいところで歩いたほうが気持ちいい。リフレッシュした気になる。「クルマで遠出+ノルディックウォーキング」というセットは、なかなか魅力的だ。

十分に満足して、夕暮れの西湖を後にする。疲れた体に、「ツーリング・シャシー」の快適な乗り心地がしみる。
もうひとつ、2015年モデルよりさらに充実した安全装備、運転支援機能も疲れた体にうれしい。2014年モデルまでのボルボは、オートブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などを「セーフティ・パッケージ」と呼んでいた。この「セーフティ・パッケージ」が標準装備となるモデルもあればオプション装備になるモデルもあったけれど、2015年モデルからは違う。

10種類以上の安全装備と運転支援機能をまとめて「IntelliSafe10(インテリセーフ・テン)」と呼び、ボルボの全モデル、全グレードに標準装備するのだ。リアビューモニターが加わるなど、安全装備自体もアップグレードされている。
「ちょっと運転してみたくなった」という石原さんにも、これなら安心してステアリングホイールを委ねることができる。

都内に向かいながら中央高速でACCをセットすると、ボルボV40は前方を行く車両の速度にあわせて滑らかに加減速する。快適だ。
助手席の石原さんが、iPhoneをオプションのharman/kardonのプレミアムサウンド・オーディオシステムにつなげた。そしてテイラー・スウィフトの新譜をかけて、聴く音のよさに目を丸くした。出発から帰路まで、充実した一日である。

(文=サトータケシ/写真=Dan AOKI/取材協力=キャラバン)

湖畔でノルディックウォーキングを楽しむ筆者と石原さん。
湖畔でノルディックウォーキングを楽しむ筆者と石原さん。 拡大
ノルディックウォーキングによる消費カロリーは普通のウォーキングの30~40%増し。「特に二の腕や肩のあたりに“効いている”感じがします」と石原さん。
ノルディックウォーキングによる消費カロリーは普通のウォーキングの30~40%増し。「特に二の腕や肩のあたりに“効いている”感じがします」と石原さん。 拡大
今回はドイツ・LEKI社のポール「シュプリームシャーク 2」(右:1万4800円)と「バリオSL」(左:1万2000円)を使用した(いずれも税抜き価格)。
今回はドイツ・LEKI社のポール「シュプリームシャーク 2」(右:1万4800円)と「バリオSL」(左:1万2000円)を使用した(いずれも税抜き価格)。 拡大
2015年モデルの「V40」シリーズには新たにリアビューカメラが加わり、先進の安全装備が「IntelliSafe10」として標準装備された。
2015年モデルの「V40」シリーズには新たにリアビューカメラが加わり、先進の安全装備が「IntelliSafe10」として標準装備された。 拡大

テスト車のデータ

ボルボV40 T4 SE

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm
ホイールベース:2645mm
車重:1440kg
駆動方式:FF
エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:180ps(132kW)/5700rpm
最大トルク:24.5kgm(240Nm)/1600-5000rpm
タイヤ:(前)205/50R17 93W/(後)205/50R17 93W(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:16.2km/リッター(JC08モード)
価格:365万円

 

 

ボルボV40 T4 SE
ボルボV40 T4 SE 拡大
注目の記事PR
  • ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。
    ユニークなキャラクターと機能性の高さで人気を博す「ルノー・トゥインゴ」の魅力に迫る。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ V40 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。