第83回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(前編)

2015.01.16 水野和敏的視点

「3シリーズ」よりあか抜けている

今回はBMW 2シリーズ アクティブツアラー(以下、アクティブツアラー)を取り上げます。今や3代目になった「MINI」で前輪駆動モデルの開発を自家薬籠中のものとしたBMWが、ついに激戦区のFFハッチバック市場に進出したわけです。これまでFRのスポーツセダンにこだわってきた彼らですが、BMWブランドを冠して世に送り出すFFハッチバックの完成度はどれほどのものでしょうか。お手並み拝見といきましょう。

アクティブツアラーは、大きく分けて1.5リッター直3ターボエンジン(136ps、22.4kgm)を搭載する「218i」(駆動方式は前輪駆動のみ)と、2リッター直4ターボ(231ps、35.6kgm)の「225i」(四輪駆動のxDriveのみ)があります。今回試乗したのは218iの方で、上質でエレガントなイメージを強調した仕立ての「ラグジュアリー」ラインを選びました。価格は381万円です。

ボディーサイズは全長4350×全幅1800×全高1550mmと、欧州のFFハッチバックの定番的存在「フォルクスワーゲン・ゴルフ」より若干大きいのが特徴です。特に全高には差があり、アクティブツアラーの方が約10cmも高くなっています。つまり直接的なライバルはゴルフではなく、「メルセデス・ベンツBクラス」と見るべきでしょう。Bクラスには1.6と2リッターがあり、いずれもエンジンは4気筒ターボです。ちなみにアクティブツアラーの価格帯は332万円~494万円と、Bクラス(307万円~490万円)よりやや高価な設定になっています。

早速、アクティブツアラーの運転席に座ってみましょう。ラグジュアリーラインだと、レザーシート(パーフォレーテッド・ダコタレザーシート)が標準装備になるとのことで、このクラスにしてはインテリアがなかなかぜいたくです。モデルの世代が新しいぶん、個人的には「『3シリーズ』よりあか抜けてないか?」と感じました。インストゥルメントパネルまわりもよく整理されており、ウッドパネルも室内の華やぎに一役買っています。レザーにステッチを入れているのも好印象ですね。

従来、BMWのインテリアというとグレーか黒の1色で、武骨なイメージがありました。しかし、アクティブツアラーには、そこからひと皮向けた新しい方向性を見いだすことができます。ラグジュアリー方向に新しい扉が開いたように感じました。


第83回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(前編)の画像 拡大

第83回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(前編)の画像 拡大

第83回:BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(前編)の画像 拡大
BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4350×1800×1550mm/ホイールベース:2670mm/車重:1490kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:136ps/4400rpm/最大トルク:22.4kgm/1250-4300rpm/タイヤ:(前)205/55R17 91W (後)205/55R17 91W/価格:381万円
BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4350×1800×1550mm/ホイールベース:2670mm/車重:1490kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:136ps/4400rpm/最大トルク:22.4kgm/1250-4300rpm/タイヤ:(前)205/55R17 91W (後)205/55R17 91W/価格:381万円
    拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 日産ノート オーラG FOURレザーエディション(4WD)【試乗記】 2021.11.15 試乗記 「日産ノート オーラ」は、新型「ノート」の内外装を仕立て直して小さな高級車を目指した新しいコンパクトカーだ。パワーユニットも強化したというその走りは果たしてプレミアムか!? 最上級グレードの4WDモデル=最高額モデルを試してみた。
  • MINIジョンクーパーワークス(前編) 2021.11.14 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「MINIジョンクーパーワークス」に試乗。ハードな足まわりとパワフルなエンジンで武装した“ゴーカートフィーリング”の真打ちに、果たしてどんなジャッジを下すのだろうか。
  • ホンダ・シビックEX(FF/6MT)【試乗記】 2021.11.9 試乗記 世界的な人気モデルでありながら、日本ではいまいち存在感が薄くなってしまった「ホンダ・シビック」。このクルマが“おひざ元”でも元気を取り戻すためにはどうすればよいのか? 新型のスポーティーな走りを味わいながら考えた。
ホームへ戻る