第86回:ホンダ・グレイスHYBRID EX(後編)

2015.02.06 水野和敏的視点

運転感覚は「普通の日本車」

今回もホンダ・グレイスの試乗を続けます。前回、グレイスは発進後の加速が自然でいい、エンジンとモーター、そしてデュアルクラッチタイプのDCTを組み合わせて、上手に仕上げてあるという話をしました。

その一方で、減速はいまひとつという印象を持ちました。まず、回生ブレーキの働きが露骨で、それでいてブレーキ自体の利きに不満が残ります。制動力の立ち上がりが遅い、いわゆる“カックンブレーキ”とも違い、制動力自体に不足があるように感じられます。ちょっと足に力を込めてもブッシュにはね返されるだけで、利きがよくなるわけではありません。これは要改善です。

また、走りだしてすぐに気がついたのですが、ボディー剛性も思ったほど高くはありません。リアに広い開口部を持つハッチバックと比べて、3ボックスボディーのグレイスは剛性確保に有利なはずですが、どうもシャキッとしません。

サスペンションのセッティングも、煮詰めが足りません。動きが渋く、動きだしが遅いくせに、いざ動きだすと腰が砕けてしまいます。つまり、直進時には足の動きにフリクションがあってゴツゴツする“角感”があるのに、ステアリングを切って曲がるとグニャッとするのです。

このルーズな感覚は、ステアリングフィールにも色濃く宿っています。ハンドルを切れば滑らかに曲がるのですが、“不感症”のエリアがけっこうある。遊びが大きいのです。

グレイスの運転感覚を一言で表すならば「普通の日本車」。運転していて、ホンダなのかトヨタなのか、グレイスなのか「カローラ」なのかわからない。意地悪な言い方かもしれませんが、「ホンダ・カローラ」と呼びたくなってしまいます。


第86回:ホンダ・グレイスHYBRID EX(後編)の画像 拡大

第86回:ホンダ・グレイスHYBRID EX(後編)の画像 拡大

第86回:ホンダ・グレイスHYBRID EX(後編)の画像 拡大
ホンダ・グレイスHYBRID EX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1695×1475mm/ホイールベース:2600mm/車重:1200kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:110ps/6000rpm/エンジン最大トルク:13.7kgm/5000rpm/モーター最高出力:29.5ps/1313-2000rpm/モーター最大トルク:16.3kgm/0-1313rpm/タイヤ:(前)185/55R16 (後)185/55R16/車両本体価格:221万円
ホンダ・グレイスHYBRID EX
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4440×1695×1475mm/ホイールベース:2600mm/車重:1200kg/駆動方式:FF/エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:110ps/6000rpm/エンジン最大トルク:13.7kgm/5000rpm/モーター最高出力:29.5ps/1313-2000rpm/モーター最大トルク:16.3kgm/0-1313rpm/タイヤ:(前)185/55R16 (後)185/55R16/車両本体価格:221万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.30 試乗記 ホンダ久々の5ナンバーセダンにして、ハイブリッド専用車の「グレイス」。ホンダが主張するとおり、「フィット」よりいでて「アコード」の価値を提供するコンパクトセダンに仕上がっているのだろうか。FFの最上級グレードに試乗した。
  • ホンダ・グレイス ハイブリッドEX モデューロパーツ装着車(FF/7AT) 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> ホンダの純正アクセサリーブランド「Modulo(モデューロ)」のアイテムが装着された、白い「ホンダ・グレイス」。このクルマが持つ、落ち着いた乗り味と爽快な走りを支えるものとは? 上質なヨーロピアン・ライドを追求する“モデューロの哲学”の源泉を探った。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • 買えなくなると欲しくなる? ひっそりと販売終了していたクルマ 2021.3.3 デイリーコラム 「スバルWRX STI」や「三菱パジェロ」のように終売記念モデルが設定されるクルマがある一方で、公式発表すらないままひっそりと販売が終わるクルマもある。今回の主役は後者。あまり惜しまれずに(?)消えたクルマを惜しみたい。
  • 「ホンダ・グレイス モデューロパーツ装着車」フォトギャラリー 2017.9.13 ホンダ・グレイスで試すModuloの神髄<PR> フォーマルな雰囲気のコンパクトセダンに、上質なスポーティー感をプラス。ホンダの純正アクセサリーブランドである「Modulo(モデューロ)」の用品が装備された「ホンダ・グレイス」のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る