クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第279回:アツい開発者と熱心なファンがガチンコ交流!! 
マツダ・ロードスター ファン感謝イベントの会場から

2015.02.19 エディターから一言

新型「ロードスター」の発売を間近に控えて開催された、マツダの開発者とファンの交流イベント「THANKS DAY in JAPAN」。会場の盛り上がりと、開発者の口から出た新たな情報をリポートする。

気になる情報が次から次へと……

「ズバリ、ロードスターの価格帯はどうなるでしょう?」
「……、えー、あのー、はい、250万円から300万円ということで、これぐらいで勘弁してください」
(おおっ、と場内からどよめき)

「電動のホロは設定されますか」
「これははっきりとお答えできます。電動はありません」
(参加者のうち何人かが、さかんにうなずく。実は筆者もうなずきました)

「ボディーカラーに青はありますか?」
「えー、すみません、いまお話しできるのは、全部で7色というところまでなんです。でも、そうですね、青系の色相はあります。ただ、明度と彩度によって全然違う色になりますけど(苦笑)」

これは、2015年2月11日にマツダR&Dセンター横浜で開催された、「THANKS DAY in JAPAN 2nd」のひとこま。昨年9月に千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターでロードスターを1150名のファンにお披露目した「THANKS DAY in JAPAN」の第2弾ということになる。
マツダ・ロードスターの実車を見ながらチーフデザイナーなどの開発陣と話ができるとあって、参加希望者が殺到。広報部によれば約10倍という競争率の抽選に当選した幸運なロードスターファンが集った。

と、冷静なフリをして書いてみたけれど、1990年に初代モデルを購入して約13万km愛用した者として、聞いているだけで体温が上がりそうなエピソードのオンパレード。ちょっと前のめりになりながらイベントを取材した。

マツダの出席者は3名。まず商品本部の山口宗則氏が「開発の志」を語った。
山口氏によれば、新型ロードスターを漢字一文字で表すと「感」になるということだ。スペックやタイムよりも、クルマが手の内にあり、意のままに操れる軽快感、一体感を念頭に開発したという。
「NA(初代)、NB(2代目)、NC(3代目)の進化版ではなく、革新に挑みました」というくだりで、参加者の方から「ほーっ」というため息が聞こえた。いや、もしかしたら筆者自身のため息だったのかもしれない……。

新型「マツダ・ロードスター」と、今回のイベントの3人の登壇者。
新型「マツダ・ロードスター」と、今回のイベントの3人の登壇者。
    拡大
「THANKS DAY in JAPAN 2nd」の会場となったのは、神奈川県のマツダR&Dセンター横浜。今後は大阪や愛知、静岡でも開催される予定だ。
「THANKS DAY in JAPAN 2nd」の会場となったのは、神奈川県のマツダR&Dセンター横浜。今後は大阪や愛知、静岡でも開催される予定だ。 拡大
会場では、まずは新型「マツダ・ロードスター」のベアシャシーが来場者をお出迎え。皆興味津々(しんしん)の様子で、席に着くより前にカメラを取り出す人も。
会場では、まずは新型「マツダ・ロードスター」のベアシャシーが来場者をお出迎え。皆興味津々(しんしん)の様子で、席に着くより前にカメラを取り出す人も。
    拡大
イベントの冒頭でスピーチに立つ、商品本部の山口宗則氏。
イベントの冒頭でスピーチに立つ、商品本部の山口宗則氏。
    拡大
いよいよ新型「ロードスター」がアンベール。2014年9月に発表済みとはいえ、まだ発売前のクルマなので、ここで初めて実物を見たという人が多かったはず。
いよいよ新型「ロードスター」がアンベール。2014年9月に発表済みとはいえ、まだ発売前のクルマなので、ここで初めて実物を見たという人が多かったはず。
    拡大
マツダ ロードスター の中古車

ロードスターのヘッドランプが小さい理由とは?

チーフデザイナーを務めたデザイン本部の中山 雅氏のお話がまた熱かった。なにしろ25年にわたってNAを愛用しているだけあって、ロードスターへの思い入れがハンパないのだ。
中山氏によれば、新型ロードスターのデザインは、「エラいしんどかった」そうだ。例えば世界一低くて短いフロントのオーバーハングを実現して理想のプロポーションにするために、ヘッドランプをLEDにすることはマストだったという。
なるほど、「走り」がわかっているデザイナーだから、低くて短いオーバーハングを好デザインに仕立てられたのだ。いかにもマツダっぽいエピソードだ。

「よく、新型ロードスターは“目”が小さいという声をいただきます。でも、タイヤとランプまでの距離がほとんどゼロに近いので、こうするしかなかったというのが本当のところです」
実際、新型ロードスターは現行モデルに比べて前後ともオーバーハングが45mmずつ短くなっているとのことだ。ちなみにスペック的なことをさらっておくと、全高は10mm低くなり、ホイールベースは15mm短くなっている。

ホイールのデザインにもこだわった。軽量化のために、ホイールは4穴がマストとされた。デザイナーとしては5本スポークのホイールがかっこいいと思っていたけれど、4穴と5本スポークは相性が悪いというのが中山氏の考え。
そこでデザインしたのが、写真の8本スポーク。そんなエピソードを聞いた後だという理由もありましょうが、決まっていると思う。

参加者は、ひとりずつ運転席を体験。
「自分の腕が伸びて、タイヤをつかんでいる感じでしょう?」という中山氏の言葉に、みなさん納得しながらドライビングポジションを合わせる。
ちなみに、NAの手動式ホロは開閉の時に一度クルマから下りて操作をする必要があった。けれども新型ロードスターは、運転席に座ったままひょいと後方に手を伸ばして開け閉めできる。小柄な女性でも座ったまま開け閉めできていたので、「電動は用意しない」という姿勢にも納得できた。

実車を前にさまざまなエピソードを披露するのは、デザイン本部の中山 雅氏。
実車を前にさまざまなエピソードを披露するのは、デザイン本部の中山 雅氏。
    拡大
中山氏はその場でイラストを描きながら、デザイン開発の経緯を説明。「まずタイヤと人の乗る位置を決めて、そのほかの部分は最小限に抑えて開発した」とのこと。
中山氏はその場でイラストを描きながら、デザイン開発の経緯を説明。「まずタイヤと人の乗る位置を決めて、そのほかの部分は最小限に抑えて開発した」とのこと。 拡大
中山氏肝いりのLEDヘッドランプと、低いフロントまわり。「ここまでオーバーハングが短く、かつフロントノーズが低いクルマはないはず」とのこと。
中山氏肝いりのLEDヘッドランプと、低いフロントまわり。「ここまでオーバーハングが短く、かつフロントノーズが低いクルマはないはず」とのこと。
    拡大
新型「ロードスター」は、軽量化のために4本ボルトのハブを採用。必然的にホイールも4穴となるので、それと相性のいい8スポークのアルミホイールを採用したという。
新型「ロードスター」は、軽量化のために4本ボルトのハブを採用。必然的にホイールも4穴となるので、それと相性のいい8スポークのアルミホイールを採用したという。
    拡大
プレゼンテーションの後は乗車体験と記念撮影の時間。来場者の中には写真のように家族3人で参加した人も。……お客さま、定員オーバーです。
プレゼンテーションの後は乗車体験と記念撮影の時間。来場者の中には写真のように家族3人で参加した人も。……お客さま、定員オーバーです。
    拡大

熱いプレゼンテーションに高まる期待

商品企画部の中村幸雄氏のパッケージングと軽量化にまつわるお話が、これまたマニアックだった。
まず、乗った瞬間からクルマが手の内にあるかのような一体感を得るために、ドライビングポジションは現行モデルより15mm車体中央に寄せられた。
また、ヒップポイントは現行モデル比で20mm下げられている。

大柄な人でも自然なドライビングポジションがとれるような工夫も施されている。
リクライニング角度を現行の25度から27度へ、ステアリングホイールの径をやはり現行比で2mm縮小、ステアリングホイールのチルト量を100mm増量などなど、まさにミリ単位の攻防だ。
とはいえ決して小手先の対症療法ではなく、理想のペダル配置と理想のシフトノブ配置など、基本をしっかりさせた上で細かい数字の話になっているとのことだった。いや~、期待がますます高まりますね。

中村氏の話でおもしろかったのは、オープンにした時の風をコントロールするという部分だった。
Aピラーの位置やドアトリムの形状の最適化によって、心地よい風が感じられるようになっているというのだ。中村氏の言葉を借りれば「心地よい風を感じるウインドコントロール」とのことで、それがどの程度のものか早く体験したいというのは参加者共通の思いだったはずだ。

なお、エンジンを現行モデルより15mm後方に下げて前後50:50の重量配分を実現した、と中村氏は胸を張ったけれど、参加者の反応はイマイチ薄かった。そんなことは百も承知、もっとコアな情報をくれ、という先鋭的なファンが集まっていたのだ。

商品企画部の中村幸雄氏は、身振り手振りを交えて、パッケージングや軽量化などのマニアックな話を披露。
商品企画部の中村幸雄氏は、身振り手振りを交えて、パッケージングや軽量化などのマニアックな話を披露。
    拡大
ベアシャシーの前に場所を移し、より詳しい話を披露する中村氏。凹凸のないトランスミッションのケースや、トラス構造を用いた曲線基調のパワープラントフレームなど、細部に宿るこだわりを次々に紹介していく。
ベアシャシーの前に場所を移し、より詳しい話を披露する中村氏。凹凸のないトランスミッションのケースや、トラス構造を用いた曲線基調のパワープラントフレームなど、細部に宿るこだわりを次々に紹介していく。
    拡大
写真はリアデファレンシャルの下を通るリアクロスメンバー。「これでリアの足まわりの剛性は十分!」とのことだが、ドライブシャフトやリアデフの下にメンバーを通すためにずいぶん苦労したのだとか。
写真はリアデファレンシャルの下を通るリアクロスメンバー。「これでリアの足まわりの剛性は十分!」とのことだが、ドライブシャフトやリアデフの下にメンバーを通すためにずいぶん苦労したのだとか。
    拡大
この日は中村氏に加え、ドライブトレインやボディーストラクチャーの担当者も登場。「今はこうして笑顔で話してますけど、開発中は『あいつ、余計なこと言いやがって』の連続だったんですよ(笑)」とのこと。衝突なくしてよい製品はできないのだ。
この日は中村氏に加え、ドライブトレインやボディーストラクチャーの担当者も登場。「今はこうして笑顔で話してますけど、開発中は『あいつ、余計なこと言いやがって』の連続だったんですよ(笑)」とのこと。衝突なくしてよい製品はできないのだ。
    拡大

世界的人気モデルを支える熱心なファンの声

マツダのみなさんからのプレゼンテーションが終わると、参加者からの質疑応答が行われた。一部を抜粋すると、以下の通り。購入を前提とした質問が多かったけれど、その気持ち、よーくわかります。

「車重は1トンを切りますか?」
「日本に入ってくる1.5リッターエンジンを積むモデルは、1トンを目指してがんばっています」

「エンジンはアクセラと同じですか?」
「アクセラの横置きを縦置きに変更するにあたって、排気系の取り回しが変わっています。それから最高許容回転数は7500rpmに引き上げるので、クランクシャフトなども変えています」

「ナンバープレートはどこに付きますか?」
「フロントグリルの真ん中に普通に付きます。ナンバープレートを付けてデザインしたので、ご安心ください(笑)」

「ドアミラーが黒いのはなぜですか? ボディー同色にしたいのですが……」
「まず、Aピラーを黒くしました。Aピラーがボディーと同じ色だと、本当は屋根があるはずのクルマから、屋根を切ったように見えるからです。そして、Aピラー、ドアミラーを黒でコーディネートすることにしました。ただ、海外にはボディーと同じ色のドアミラーもありますので……、というところでご理解いただくというのでいかがでしょう(笑)」

「ボディーは何色をイメージしてデザインなさったのですか?」
「赤です」

といった具合に、熱心なファンが熱い気持ちで作ったスタッフと接することができる、ホットなイベントだった。ま、チラチラ見せないでどーんと乗せてよ! と思わないこともないけれど、あと数カ月、楽しく待つことにしたい。「ちょっとだけよ、あんたも好きね~♪」といったところだ(古い!)。
最後に、参加者の声を拾ってみた。

「ダイハツ・コペン」に乗っているという20代の女性は、「NCが気に入っていたけれど、クラッチに足が届きませんでした。だから、そこを試してみたいですね」とのこと。実際に運転席に座ると、「クラッチに届きました!」と満面の笑み。インテリアから外装パーツまで、熱心に撮影なさっていた。

13年ほどNAにお乗りだという30代の男性は、「オートサロンで見て、久々に欲しいと思えるクルマが現れた」と感じたという。「チーフデザイナーがスケッチブックに絵を描きながらデザインを語ってくれたのがよかった」という感想を残してくれた。

「THANKS DAY in JAPAN 2nd」は現在、大阪、静岡、愛知、横浜と行脚中。ちなみに、イベントの最後に当日の朝に広島を発ったという山本修弘主査が会場に到着。
ロードスターを屋外に出して太陽光の下で眺めた後で、エンジンを始動。排気音は、乾いた健康的なものだった。

(文=サトータケシ/写真=webCG)

会場に用意された「ロードスタークッキー」。「ロードスター」やマツダのエンブレム、クルマのキーなどを模したデザインがかわいらしい。
会場に用意された「ロードスタークッキー」。「ロードスター」やマツダのエンブレム、クルマのキーなどを模したデザインがかわいらしい。
    拡大
プレゼンテーションの後は質疑応答のコーナー。価格、車両重量、ボディーの色、エンジンのラインナップ、ドライブフィールと、さまざまな質問が投げかけられた。
プレゼンテーションの後は質疑応答のコーナー。価格、車両重量、ボディーの色、エンジンのラインナップ、ドライブフィールと、さまざまな質問が投げかけられた。
    拡大
クラッチペダルに足が届かないので、「NC」型を断念したという女性。現在のマイカーは「ダイハツ・コペン」とのこと。根っからのオープンカー好きのようだ。
クラッチペダルに足が届かないので、「NC」型を断念したという女性。現在のマイカーは「ダイハツ・コペン」とのこと。根っからのオープンカー好きのようだ。
    拡大
13年にわたって「NA」型を乗り続けてきたというこちらの男性は、新型「ロードスター」を前に「久々に欲しいと思える新車が出てきた」とのこと。買い替えの日は近い?
13年にわたって「NA」型を乗り続けてきたというこちらの男性は、新型「ロードスター」を前に「久々に欲しいと思える新車が出てきた」とのこと。買い替えの日は近い?
    拡大
ファンと笑顔で意見を交わす、山本修弘主査。
ファンと笑顔で意見を交わす、山本修弘主査。
    拡大
最後は会場の前で記念撮影。
最後は会場の前で記念撮影。
    拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ ロードスター の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。