第288回:検証! ルノー入魂のスペシャルパーツ(メガーヌR.S.編)

2015.04.10 エディターから一言

ルノー・ジャポンが、日本のユーザーのために、高性能モデル「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のスペシャルパーツを開発。リリースと同時に、購入をサポートするキャンペーンもスタートさせた。
ルノーが自信を見せる“こだわりの逸品”とはどのようなものなのか? それで走りはどう変わるのか? 実際にチェックしてみた。

ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」。2014年6月にマイナーチェンジを受け、各部の意匠やブレーキの仕様などが変更されている。
ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」。2014年6月にマイナーチェンジを受け、各部の意匠やブレーキの仕様などが変更されている。 拡大
今回ルノー・ジャポンが発売した、マルケジーニの軽量アロイホイール。カラーは写真のガンメタのほか、ホワイトも用意される。
今回ルノー・ジャポンが発売した、マルケジーニの軽量アロイホイール。カラーは写真のガンメタのほか、ホワイトも用意される。 拡大
こちらはもう一つのスペシャルパーツである、フジツボ製の専用チタンマフラー。単体重量は、ノーマルマフラーに比べて5.3kg軽い6.12kg。虹色の焼け色が、特別な素材であることを物語る。
こちらはもう一つのスペシャルパーツである、フジツボ製の専用チタンマフラー。単体重量は、ノーマルマフラーに比べて5.3kg軽い6.12kg。虹色の焼け色が、特別な素材であることを物語る。 拡大

さらなる高性能を目指して

ルノー直属のモータースポーツ部門であり、フォーミュラやラリーカーの開発、ワンメイクレースの運営などを手がけるルノースポールが生み出したメガーヌR.S.は、数ある前輪駆動スポーツモデルの中でも別格に位置づけられるだろう。
265psと36.7kgmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジン、機械式LSD、フロントにダブルアクスルストラットを採用したサスペンション、ブレンボ製ブレーキなど、モータースポーツ譲りのテクノロジーを5人乗りの3ドアボディーに注ぎ込んだ、リアルスポーツクーペだからだ。

その高性能ぶりは日本のユーザーにも浸透しており、最近は同じ2リッターターボエンジンを搭載した国産スポーツセダンと比較する人も多いという。ゆえにさらなるパフォーマンスを求めるユーザーも少なくない。

インポーターのルノー・ジャポンはその状況をにらみ、軽量鍛造アロイホイールとスペシャルパーツを専用開発。しかも多くのユーザーにその効果を体感してほしいという気持ちから、新車購入者に対して購入サポートも用意している。

マフラーは日本を代表するメーカー、フジツボとの共同開発。意外なことにフランス製ではない。製品の企画を担当した、ルノー・ジャポンマーケティング部のフレデリック・ブレン氏に、その点を聞いた。

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る