第100回:ホンダS660α(前編)

2015.05.15 水野和敏的視点

なかなか「わかっている」デザイン

今回の特集「水野和敏的視点」では、「ホンダS660」を取り上げます。久しぶりに登場する「軽」のスポーツカーとして、「ダイハツ・コペン」ともども、デビュー前からずいぶんと話題になっていました。

スポーツカーの存在する必要性とは何でしょう? 私は、実用車であるセダンやマルチパーパスなどに対して、2人しか乗れない、荷物も積めないなどの無駄を「自由」というキーワードに変え、「楽しさ、感動」といった感性の領域の心を創造するという、大切な存在意義があると思います。所有者の思いを受け止め、パートナー的な立場にまでなりうるのがスポーツカーという存在です。だからこそスポーツカーには実用車以上に所有者に対しての心の設計、いわば「もてなしや配慮」という思いやりの心が開発要素として大事なのではないのでしょうか。

一方でスポーツカーの販売状況は景気のバロメーターでもあります。販売される絶対的な台数は限られますが、ちょっと大げさに言えば、クルマ業界のみならず、見る人、乗る人、社会を元気づける存在ともいえましょう。 

世界で日本人にしか作れない、日本のモノ作りの素晴らしさを象徴する「軽自動車」というカテゴリー、そして先に書きましたスポーツカーの存在する役割を考えた時に、今回のS660では指摘しなければならないこともあります。軽量小型な新顔スポーツカーの登場と開発に拍手を送りつつ、ちょっと厳しい評価となってしまっている点もあります。

まずスタイリング。これは頑張っていると思います。軽自動車の規格という限定されたサイズの中で、上手に前後のバランスを取って、ミドシップらしいプロポーションバランスとしているし、座席の後ろ、エンジンフードに二筋のコブをつけるヘッドフェアリングも、やや懐古調ですが、うまくディテールとしてこなしています。

フロア下端部からトランクリッド上面の高さまでの半分近くまでリアバンパーの上端線を上げ、さらにリアエンドの下半分を黒くすることにより、車両の下半身に視覚的な重量感を与える。ボディーカラーが塗られた上部の視覚的な配分を薄くすることで、全体の車高や安定感を低く見せる工夫がされています。軽規格はどうしても車幅が限られますから、何もしないと腰高に見えてしまうのですが、S660のリア処理は、この矛盾をうまく解いているデザインです。


第100回:ホンダS660α(前編)の画像 拡大

第100回:ホンダS660α(前編)の画像 拡大
ホンダS660α
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps/6000rpm/最大トルク:10.6kgm/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V (後)195/45R16 80W/価格:218万円
ホンダS660α
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/
    エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps/6000rpm/最大トルク:10.6kgm/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V (後)195/45R16 80W/価格:218万円 拡大

第100回:ホンダS660α(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
S660, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660ネオクラシック 2018.9.4 画像・写真 ボディーパネルや灯火類を交換することで「ホンダS660」のスタイリングをクラシカルに変えられる、「S660ネオクラシックキット」が登場。“変身後”のS660の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・カローラ スポーツG“Z”(FF/6MT)【試乗記】 2018.11.22 試乗記 「トヨタ・カローラ スポーツ」の1.2リッターターボモデルに、新開発のレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」搭載車が登場。その出来栄えを確かめつつ、今日に至るカローラの歴史に思いをはせた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
ホームへ戻る