第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)

2015.06.19 水野和敏的視点

これも日本のお家芸

それではいざ、ヴェルファイア ハイブリッドの7人乗り豪華仕様・エグゼクティブラウンジで試乗のコースに出てみましょう。このクルマを運転すると、ハイブリッドシステムが単に燃費向上だけを目的として使われているのではないことがわかります。

全長が5mに達しようかという大柄なミニバンが、モーターの太いトルクで静かに走りだし、そしてあるところでガソリンエンジンが始動して、パワーを上乗せしてきます。そこには、ガソリンエンジンだけでは作れない上質さというものが感じられます。ハイブリッドシステムが、クルマのクラス感を変えているんです。

運転していて、まず痛感させられるのは、「こんなにすごいクルマは日本にしかない!」ということです。ユーザーの嗜好(しこう)を見極めて、「豪華ミニバン」というコンセプトに割り切り、そしてスムーズなハイブリッドシステムで走らせる――。ヨーロッパにもアメリカにもこんなクルマはないし、おそらく作れないでしょう。

欧州のミニバンの多くが「実用志向のピープルムーバー」に徹しているのに対し、ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジ仕様は、室内空間を見事に「ラグジュアリー」に変えてしまっています。こんなことができるのは、おもてなしという価値観を持つ日本の自動車メーカーだけではないでしょうか。


第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像 拡大

第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像 拡大

第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像 拡大

第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像 拡大

第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像 拡大

トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4930×1850×1950mm/ホイールベース:3000mm/車重:2240kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:152ps/5700rpm/エンジン最大トルク:21.0kgm/4400-4800rpm/フロントモーター最高出力:143ps/フロントモーター最大トルク:27.5kgm/リアモーター最高出力:68ps/リアモーター最大トルク:14.2kgm/タイヤ:(前)225/60R17 (後)225/60R17/車両本体価格:703万6691円


    トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4930×1850×1950mm/ホイールベース:3000mm/車重:2240kg/駆動方式:4WD/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:152ps/5700rpm/エンジン最大トルク:21.0kgm/4400-4800rpm/フロントモーター最高出力:143ps/フロントモーター最大トルク:27.5kgm/リアモーター最高出力:68ps/リアモーター最大トルク:14.2kgm/タイヤ:(前)225/60R17 (後)225/60R17/車両本体価格:703万6691円
    拡大

第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)の画像 拡大

関連キーワード:
ヴェルファイア, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
ホームへ戻る