第105回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(後編)

2015.06.19 水野和敏的視点

これも日本のお家芸

それではいざ、ヴェルファイア ハイブリッドの7人乗り豪華仕様・エグゼクティブラウンジで試乗のコースに出てみましょう。このクルマを運転すると、ハイブリッドシステムが単に燃費向上だけを目的として使われているのではないことがわかります。

全長が5mに達しようかという大柄なミニバンが、モーターの太いトルクで静かに走りだし、そしてあるところでガソリンエンジンが始動して、パワーを上乗せしてきます。そこには、ガソリンエンジンだけでは作れない上質さというものが感じられます。ハイブリッドシステムが、クルマのクラス感を変えているんです。

運転していて、まず痛感させられるのは、「こんなにすごいクルマは日本にしかない!」ということです。ユーザーの嗜好(しこう)を見極めて、「豪華ミニバン」というコンセプトに割り切り、そしてスムーズなハイブリッドシステムで走らせる――。ヨーロッパにもアメリカにもこんなクルマはないし、おそらく作れないでしょう。

欧州のミニバンの多くが「実用志向のピープルムーバー」に徹しているのに対し、ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジ仕様は、室内空間を見事に「ラグジュアリー」に変えてしまっています。こんなことができるのは、おもてなしという価値観を持つ日本の自動車メーカーだけではないでしょうか。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・マークX“GRMN”(FR/6MT)【試乗記】 2019.1.14 試乗記 トヨタのFRセダン「マークX」をベースに、TOYOTA GAZOO Racingが開発した「マークX“GRMN”」。モータースポーツで得た知見が惜しみなく注がれたコンプリートカーは、走りにこだわるドライバーにこそ試してほしいスポーツセダンに仕上がっていた。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • トヨタ・エスティマ3.5G 7人乗り(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2006.4.10 試乗記 ……515万5920円
    総合評価……★★★

    3代目ニュー「エスティマ」に新しく採用された、280psを発生する3.5リッターV6エンジン搭載のトップグレードに試乗。高性能版の走りはどうなのか。


ホームへ戻る