第109回:ホンダ・ステップワゴンG・EX(後編)

2015.07.17 水野和敏的視点

“ダウンサイズ”はハンドリングにも効く

前回に続き、「ホンダ・ステップワゴン」を見ていきます。リアゲートの半分を普通のドアのように左右に開け閉めできる「わくわくゲート」に加え、新開発の1.5リッターターボも同車の注目すべき点です。

早速、走り始めましょう。ダッシュボードの上部に設置された、このデジタルメーターはいいですね。ステアリングホイールの上から、最小限の視線移動で情報が得られます。

デザインの良さに加え、数値類が変化していく速度もよく調整されていて、走行中に見ても違和感がありません。とても見やすいデジタルメーターです。また、ボルボのように、カメラを使って道端の標識を読み取り、メーターの脇に表示する機能(標識認識機能)も親切です。ITの使い方の、ひとつの見本といえるのではないでしょうか。

そしてこの新型ステップワゴンは、乗り心地もハンドリングもいい。前後サスペンションのバランスがよく取られていて、フロントがスッと曲がって、リアがワンテンポ遅れてついてくるから安心感が高いのです。

これはサスペンションセッティングだけでなく、エンジンとトランスミッションの軽さも効いていると思います。1.5リッターのガソリン・ダウンサイジングターボエンジンの軽さは、燃費向上だけでなく、ステアリングの応答性や旋回時のバランスのよさにも貢献しているのです。

ステップワゴンのようなミニバンは、重心高が高いうえ、エンジンが大きくて重いので、ややもするとフラフラするものです。フロントヘビーなFF車の悪癖が出がちでした。しかし、ステップワゴンはフロントが軽いおかげで、旋回時のイナーシャ(慣性力)が減っています。ハンドリングがすっきりしている。ワンボックスというより、ちょっと背の高いハッチバックのような運転感覚を得ているのです。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
  • ホンダが「N-BOX」をマイナーチェンジ デザイン変更で上質感アップ 2020.12.24 自動車ニュース 本田技研工業は2020年12月24日、軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」のマイナーチェンジモデルを、同年12月25日に発売すると発表した。今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。
ホームへ戻る