クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第312回:氷上性能にも燃費にもこだわる!?
ヨコハマの新作「アイスガード ファイブ プラス」を試す

2015.09.26 エディターから一言
ヨコハマの最新スタッドレスタイヤ「アイスガード ファイブ プラス」。2015年8月に発売された。
ヨコハマの最新スタッドレスタイヤ「アイスガード ファイブ プラス」。2015年8月に発売された。 拡大

横浜ゴムが、同社の冬用タイヤ史上“最高の氷上性能”を実現したという、スタッドレスタイヤの新製品を発売した。とはいうものの、そのトレッドパターンは従来モデルとまったく同じ。では、性能向上のポイントはどこにあるのか? 北海道にあるテストコース「T*MARY(ティーマリー)」で試してみた。

テストコースでのひとこま。今回は、ハッチバックやクロスオーバー、セダンなど、「ヨコハマ・アイスガード ファイブ プラス」を装着したさまざまなクルマで、タイヤの性能をチェックした。
テストコースでのひとこま。今回は、ハッチバックやクロスオーバー、セダンなど、「ヨコハマ・アイスガード ファイブ プラス」を装着したさまざまなクルマで、タイヤの性能をチェックした。 拡大
氷上路でのテスト風景。クルマはトヨタのハイブリッドカー「プリウス」。
氷上路でのテスト風景。クルマはトヨタのハイブリッドカー「プリウス」。 拡大
左右非対称な溝が刻まれる、「アイスガード ファイブ プラス」のトレッド面。車体イン側(写真左側)は氷上で、車体アウト側(写真右側)は雪上やウエット、ドライ路面で性能を発揮するようにデザインされている。
左右非対称な溝が刻まれる、「アイスガード ファイブ プラス」のトレッド面。車体イン側(写真左側)は氷上で、車体アウト側(写真右側)は雪上やウエット、ドライ路面で性能を発揮するようにデザインされている。 拡大

同じ名前で中身が違う

最近では“異常気象”なるフレーズがすっかり常態化してしまった感もある日本。それでもつい先日までは灼熱(しゃくねつ)の気候が続いていた、と思ったら、今度はアッという間に長袖が恋しい季節の到来だ。

そんな季節の変化がハッキリとした地域では、ヒトもクルマも準備が大変。というわけで、夏の余韻も冷めやらぬこのタイミングでお届けするのは、間もなくやって来る冬に備えてのスタッドレスタイヤのニュースだ。

ここに紹介するのは、横浜ゴムからローンチされたばかりの乗用車用最新モデル。
「あれ? でも、これまでのモデルとそっくりじゃない」と、トレッドパターンを一瞥(いちべつ)してそう見抜いた人は、この道ではかなりのつわもの(?)であるはず。そう、この最新スタッドレスタイヤのトレッドパターンは、従来品である「アイスガード ファイブ」のそれから変わってはいないのだ。

かくして、「パターンが不変なので、基本のネーミングは継承した」と開発陣が語るのが「アイスガード ファイブ プラス」なる、2015年8月に発売されたばかりの次期シーズン向け最新作。そこに採用された、新たなテクノロジーの肝は、「路面への密着性を高めるとともに、スリップの原因となる水膜吸水率を20%向上させた」とされる、その名も「スーパー吸水ゴム」を称する新たなトレッドコンパウンドだ。

「吸う能力」がポイント

走行時の摩擦熱で路面とタイヤとの間に発生する「ミクロの水膜」が、スリップの原因……とは、最近よく話題とされる「氷上が滑りやすいメカニズム」である。

このタイヤに新採用されたスーパー吸水ゴムは、その薄い水膜の吸水能力を高めた「新マイクロ吸水バルーン」と、吸水効果を補完する従来の吸水ホワイトゲルを30倍に大きくしたという「エボ吸水ホワイトゲル」の採用により、「吸水率を20%向上させた」というのが大きな特徴だ。

そんな高い吸水効果に加え、低温時でも柔軟さを保つ「ブラックポリマーII」と、そもそもゲル状で柔らかいエボ吸水ホワイトゲルとの相乗効果により、氷表面への接触面積を増す密着効果を高めている点もポイント。
さらに、前出の新マイクロ吸水バルーンは、その殻が氷表面をかむことによる、ミクロの凹凸面が氷上に食い込む“エッジ効果”も期待できるという。

実は、そうした数々の特徴を備えるスーパー吸水ゴムは、2013年に北海道地区限定で発売された「アイスガード エボリューションiG01」に先行採用されてきたアイテム。すなわち、2シーズンの実績を経たそんな横浜ゴム最高峰のスタッドレス用コンパウンドが適用されたのが、今回の新タイヤでもあるというわけだ。

「アイスガード ファイブ プラス」は、高い吸水力を有するがゆえに、氷の上でもすぐれたグリップ性能を発揮できるという。その能力を長期にわたって維持できる、耐久性もセリングポイントのひとつ。
「アイスガード ファイブ プラス」は、高い吸水力を有するがゆえに、氷の上でもすぐれたグリップ性能を発揮できるという。その能力を長期にわたって維持できる、耐久性もセリングポイントのひとつ。 拡大
 
第312回:氷上性能にも燃費にもこだわる!?ヨコハマの新作「アイスガード ファイブ プラス」を試すの画像 拡大

妥協できない燃費性能

スタッドレスタイヤに対するユーザーからの要求は、これまで一貫して「ブレーキ性能の高さ」にあるという。中でも、今でも際立って大きいのが「氷上でのブレーキ能力」という声。それゆえ、スタッドレスタイヤの開発目標が、まずはこのポイントに集中するのは当然の事柄であろう。ユーザーは、スタッドレスタイヤの“止まる性能”に対して、まだまだ満足をしていないという証しである。

一方で、それと同時に最近目立って増えているのは、燃費に対する要求でもあるという。
アイスガード5プラスは最新のモデルらしく、そうした点にもフォーカスをしたモデル。新開発の「低発熱ベースゴム」と、当初はミニバン用低燃費タイヤのために開発されたという「たわみ制御プロファイル」の採用が、その具体的な特徴だ。

氷上性能を主につかさどるのは、表面のトレッドコンパウンド。一方で、その下層に配置されるベースゴムには、剛性を保ちつつもエネルギーロスを低減させるアイテムを用いることで、転がり抵抗を抑え、燃費を向上させようというのが、低発熱ベースゴムの発想だ。

加えて、無駄な変形(≒たわみ)を抑制することでそこで発生するエネルギーのロスを抑え、転がり抵抗を減らして燃費向上を図ると共に、スタッドレスタイヤで発生しがちなふらつき挙動も同時に抑制しようというのが、たわみ制御プロファイルの技術。
「スタッドレスだから燃費の低下は仕方がない」というのは、もう許されない時代になっているということだ。

氷上における制動テストの様子。新製品の「アイスガード ファイブ プラス」を装着したクルマは、従来品の「アイスガード ファイブ」を履いたクルマよりも7%短い距離で停止できるという。
氷上における制動テストの様子。新製品の「アイスガード ファイブ プラス」を装着したクルマは、従来品の「アイスガード ファイブ」を履いたクルマよりも7%短い距離で停止できるという。 拡大
「トヨタ・クラウンアスリート」で、圧雪路を走る。
「トヨタ・クラウンアスリート」で、圧雪路を走る。 拡大
ヨコハマでは、「アイスガード ファイブ プラス」に、ミニバン専用タイヤで培ったサイドプロファイルの技術を投入。“たわみ”を適正化することでエネルギーロスを抑え、転がり抵抗を低減した。
ヨコハマでは、「アイスガード ファイブ プラス」に、ミニバン専用タイヤで培ったサイドプロファイルの技術を投入。“たわみ”を適正化することでエネルギーロスを抑え、転がり抵抗を低減した。 拡大

スタッドレスらしからぬ“しっかり感”

スタッドレスタイヤの比較インプレッションが難しいのは、気象条件や同じ路面を走行する車両の影響で、“路面そのものも変化してしまう”こと。本格的なタイヤテストのためには、そんな路面状況を鑑みつつ、基準となるタイヤと随時履き替えを行いながらの比較が不可欠なのだ。

というわけで、今回もあくまで“味見”というレベルで行われたのが、アイスガード5プラスのテストコース内でのチェック走行。さすがに、燃費の向上代を確認するのは不可能だったがその印象は、圧雪から氷盤上のツルツル路面、さらには雪が踏み固められて出来上がった深いわだち路などに至るまで、「テスト車種を問わず、さしたる不安なく走破できる」というのが全般的な感覚だった。

スタッドレスタイヤというと、「フニャフニャと柔らかく、頼りない走り」が連想されるかもしれない。しかし、昨今では意外にノーマルタイヤに遜色ないしっかりしたフィーリングを味わわせてくれるアイテムも少なくない。

どうやらこのタイヤも、そんなフレーズで紹介できそうな一品。そこには、イン側を主に氷上、アウト側を主に雪上やドライ/ウエット路面と割り振り、サイプやグルーブ、そしてブロックなどをそれにふさわしい非対称デザインとした、従来のアイスガード5から踏襲されたトレッドのパターンが功を奏しているようだ。

(文=河村康彦/写真=横浜ゴム)

北欧生まれのハッチバック、「ボルボV40」でも、タイヤの持つ走行性能を確かめた。
北欧生まれのハッチバック、「ボルボV40」でも、タイヤの持つ走行性能を確かめた。 拡大
こちらは、フォルクスワーゲンの基幹モデル「ゴルフ」。「ヨコハマ・アイスガード ファイブ プラス」には、135/80R13 70Qから265/35R19 94Qまでの全104サイズがラインナップされている。
こちらは、フォルクスワーゲンの基幹モデル「ゴルフ」。「ヨコハマ・アイスガード ファイブ プラス」には、135/80R13 70Qから265/35R19 94Qまでの全104サイズがラインナップされている。 拡大

ラリードライバー奴田原文雄選手のドライブによる同乗走行も行われた。クルマは「三菱ランサーエボリューションX」で、装着タイヤは、もちろん「アイスガード ファイブ プラス」。


	ラリードライバー奴田原文雄選手のドライブによる同乗走行も行われた。クルマは「三菱ランサーエボリューションX」で、装着タイヤは、もちろん「アイスガード ファイブ プラス」。
	拡大
 
第312回:氷上性能にも燃費にもこだわる!?ヨコハマの新作「アイスガード ファイブ プラス」を試すの画像 拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。