東京モーターショー2015

ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台

2015.10.31 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴ
ルノー・トゥインゴ 拡大

ルノー・トゥインゴ:今から楽しみな一台

どこか「ルノー5(サンク)」に通じるデザインを持つ新型「トゥインゴ」は今から楽しみな一台だ。RRレイアウトがもたらす合理性と、「ルーテシア」譲りの0.9リッターエンジンが生み出す走りは、“ミニマムモータリング”の楽しさをきっと教えてくれるだろう。

■痛快な走りが期待できそう

世の中のダウンサイジング志向もあり、今、コンパクトカーがとても元気。東京モーターショーの会場にも新しいコンパクトカーたちが溢(あふ)れている。どれも愛らしいスタイルと高い機能性を備えており、興味深いものばかりだ。その中で、私が最も惹(ひ)かれたのが、ルノー・トゥインゴだ。

新型に、どこか懐かしさを覚えたなら、それは正解。この新型には、1972年に登場したルノーのコンパクトカー、サンクのディテールも取りこまれているからだ。このほか、丸目のフロントマスクなどに歴代トゥインゴのイメージも受け継がれている。

そんな愛嬌(あいきょう)のあるポップなデザインにばかり目を奪われてしまうが、大きな秘密はほかにある。実はこれ、RRなのだ。エンジンは、ラゲッジルーム下に位置しており、ラゲッジルームカーペットを外すと、エンジンルームにアクセスする鉄製カバーがお目見えする。このあたりもサンクを、それも高性能モデル「サンクターボ」をほうふつさせてくれるところ。

エンジンを思い切って後ろに持ってきた恩恵は、ハンドルの切れ角が大きくできることにある。コンパクトなボディーと相まって、街中での取り回しはかなり良いはずだ。さらにパワートレインは、ルノー・ルーテシアに搭載済みの0.9リッターターボにDCTを組み合わせる。より大きなルーテシアでも十分な性能を発揮するだけに、軽量コンパクトなトゥインゴなら、痛快な走りが期待できそう。

運転席にも座ったが、必要十分なスペースは確保されている印象。決して狭いとは思わなかった。これは視界の良さもあるだろう。たださすがに後席はタイト感がある。しかし、荷物や子供がメインという使い方なら、十分ではないだろうか。

新型トゥインゴは来春には、日本にも投入されるだけに、今から楽しみな一台だ。

(文=大音安弘/写真=webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 東京モーターショー2015, イベント, ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る