ホンダN-ONEの低全高モデルに廉価な新グレード

2015.12.18 自動車ニュース
「ホンダN-ONE G・ローダウン ベーシック」
「ホンダN-ONE G・ローダウン ベーシック」 拡大

「ホンダN-ONE」の低全高モデルに廉価な新グレード

本田技研工業は2015年12月18日、軽乗用車「N-ONE」に新グレード「G・ローダウン ベーシック」を設定し、販売を開始した。

「N-ONE G・ローダウン ベーシック」のインテリア。
「N-ONE G・ローダウン ベーシック」のインテリア。 拡大
「N-ONE G・ローダウン」
「N-ONE G・ローダウン」 拡大

今回のG・ローダウン ベーシックは、専用デザインのルーフやスポイラー、ローダウンサスペンションの採用によって全高を下げ、多くの立体駐車場に入庫可能とした低全高タイプの新グレードである。

同様のモデルとしては、すでに「G・ローダウン」「プレミアムツアラー ローダウン」の2種類がラインナップされており、今回のG・ローダウン ベーシックは、より価格を抑えた低全高タイプのベーシックモデルという位置づけとなる。

主な装備の内容は以下の通り。
・運転席用i-SRSエアバッグシステム&助手席用SRSエアバッグシステム
・VSA(車両挙動安定化制御システム)
・ヒルスタートアシスト機能
・ローダウン用大型テールゲートスポイラー
・プラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナー

また、既存のG・ローダウン、プレミアムツアラー ローダウンについてはボディーカラーのバリエーションを変更。これまでがツートンカラーのみの設定だったのに対し、新たにモノトーンを採用した。

価格は以下の通り。
・G・ローダウン ベーシック:122万円
・G・ローダウン:136万5000円
・プレミアムツアラー ローダウン:164万5000円

(webCG)
 

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-ONE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • ホンダが新型「N-ONE」の情報を先行公開 外観のイメージはそのままに中身を刷新 2020.9.11 自動車ニュース ホンダが2020年秋にモデルチェンジする「N-ONE」の情報を先行公開。新型は丸・四角・台形を基調とする従来モデルのエクステリアデザインを踏襲。モデルラインナップは「オリジナル」「プレミアム」「RS」の3種類で、RSにはターボ+6段MT仕様も用意される。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
ホームへ戻る