第2回:「ちょい乗りが楽」というのは大事なことである
フォーカス散歩~明治神宮外苑編

2016.01.06 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

まだ松の内なので、都内の道ものんびりしている。ちょっとそこまでのつもりだったが、気がついたら「フォーカス」で明治神宮外苑まで来てしまった。

トルクもあるしレスポンスもいい

フォーカスは街なか散歩がとても楽なクルマである。1.5リッターエコブーストエンジンは低速トルクが分厚く、スロットルレスポンスもいい。そのおかげで、ちょこっとした加減速がテンポよくこなせる。だから、運転していて心地いい。

新たに備わったシフトパドルも快適。従来型のフォーカスに備わっていた“サムスイッチ”(シフトセレクターノブの側面に設置されていて、親指で操作するようになっていた)も面白い試みではあった。でも、街なかで乗るならやっぱりパドルは使いやすい。……というわけで、明治神宮外苑で記念撮影。フォーカス散歩、次はどこに行こうか?

(webCG 竹下)

 

第1回:ウェルカム2016! 九十九里浜でご来光に浴す
第3回:どこか日本車っぽさもある 最新フォーカスの意外な(?)一面

 

エコブーストエンジンは緩急自在。トルコン式のセレクトシフト6段ATとの相性よし。
エコブーストエンジンは緩急自在。トルコン式のセレクトシフト6段ATとの相性よし。 拡大
いちょう並木で記念撮影。
いちょう並木で記念撮影。 拡大
フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(前編)【試乗記】 2020.11.23 試乗記 昔ながらの味わいを守り続ける「ジープ・ラングラー」と、電子制御によって武装し、ぐっと現代的に変身した新型「ランドローバー・ディフェンダー」。この2台で林道に繰り出し、日常生活には過剰ともいえる本格オフローダーが人気を集める理由を考えてみた。
  • フェラーリ初の市販オープンPHEV「SF90スパイダー」登場 2020.11.13 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年11月12日(現地時間)、同社初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」のオープンバージョンである「SF90ストラダーレ」を発表した。ルーフはリトラクタブルハードトップ構造となり、オープン/クローズの動作はそれぞれ14秒で完了する。
ホームへ戻る