第5回:世界的な人気モデルならではの
こまやかな気配りに感服!

2016.01.15 フォード・フォーカス日常劇場<PR>

Cセグメントの世界的人気モデル「フォード・フォーカス」が編集部にやって来てはや2週間。今回は、その間に気づいた“ちょっとマニアック”な感心のポイントを紹介します。

ハンドブレーキの位置にみるフォードの心遣い

実は私、フォーカス号のインテリアについて特にお気に入りのポイントが2つあります。ひとつは第3回でもさらりと触れられていた、ウインカーレバーの位置。日本車と同じで、右側にあるんですよね。右ハンドルのクルマでは空調やオーディオなどを操作するのが左手になりますし、個人的にはこれが地味にうれしいんですよ。

そしてもうひとつは、ハンドブレーキの位置。これもやっぱりセンターコンソールの右側、つまり運転席側に備えられているんです。ちょっと前の輸入車(本国仕様が左ハンドルのもの)はもちろん、日本車のなかにもたまにありますよね。センターコンソールの、運転席の反対側にハンドブレーキがあるクルマ(明らかにセンターコンソールが狭くて、あえて助手席側にハンドブレーキが付いているものは除きます)。
正直、大型のSUVでもなければセンターコンソールの幅なんてたかがしれているので、ハンドブレーキが左側にあろうと別段困りはしません。ただ、ブレーキを引こうとして助手席側に腕を伸ばすたびに、「……なんか違うよなあ」と釈然としない思いを抱いていたのも事実でした。

ちなみに本ページの4枚目の写真は、左ハンドルであるアメリカ仕様のフォーカスのインテリア。ウインカーレバーとハンドブレーキの位置にご注目ください。ちゃんとインテリアが作り分けられているんですね。

いずれの箇所も、「そんなの、運転しているうちに慣れてくるでしょうよ」と突っ込まれたら反論しづらい、ささいなポイントではあるのですが、こういうところにマジメに取り組むフォードの姿勢はもうちょっと評価されてもいいと思いました。

「さすがはフォーカス、Cセグメントの世界的人気モデルだねえ」と感服した次第でございます。

(webCG ほった)

 

第4回:クルマは乗らなきゃわからない 週末にちょいと遠乗りしてみた
第6回:冬晴れの東京をプチドライブ 神宮外苑でNY発のハンバーガーを食す

編集部にやって来たフォーカス号のインストゥルメントパネルまわり。
編集部にやって来たフォーカス号のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
ステアリングコラムの右側に装備されたウインカーレバー。その手前にチラリと見えているのは、6段ATのシフトパドルです。
ステアリングコラムの右側に装備されたウインカーレバー。その手前にチラリと見えているのは、6段ATのシフトパドルです。 拡大
センターコンソールの右側に装備されたハンドブレーキ。操作フィールも上々です。
センターコンソールの右側に装備されたハンドブレーキ。操作フィールも上々です。 拡大
アメリカ仕様の左ハンドル車の運転席まわり。少々見にくいですが、ウインカーとハンドブレーキの位置にご注目。
アメリカ仕様の左ハンドル車の運転席まわり。少々見にくいですが、ウインカーとハンドブレーキの位置にご注目。 拡大
フォード フォーカス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.1.9 試乗記 ひさびさに日本の道を走ることになった、フォードのコンパクトカー「フィエスタ」。新型の見どころは? クルマしての仕上がりは? ワインディングロードでチェックした。
  • フォード・フィエスタST(FF/5MT)【試乗記】 2008.1.9 試乗記 フォード・フィエスタST(FF/5MT)
    ……249万円(車両本体価格)

    「フォード・フィエスタST」は名門「フォード・チームRS」が送り出すコンパクトホットハッチ。その中身の濃さは諸元だけでは到底分からないものだった。

    『CAR GRAPHIC』2007年10月号から転載。
ホームへ戻る