ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示【東京モーターショー2011】

2011.11.14 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】ロータス、「エリーゼS」など日本初を3台展示

英国ロータスカーズの正規輸入代理店LCIは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける東京モーターショーに、日本初公開の車両を3台出展する。

一番の注目は、2011年9月のフランクフルトショーで発表された「エリーゼS」。従来の上級グレード「エリーゼSC」に代わるモデルで、最高出力220ps、最大トルク25.5kgmを発生する新しい1.8リッター直4スーパーチャージャーエンジンを搭載する。

そのほか、350psの3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンを搭載する「エヴォーラS」のオートマチック仕様「エヴォーラS IPS」や、ステアリングコラムのパドルでシフト操作ができるSPS(シリアル・プレシジョン・シフト)仕様の「エリーゼ クラブレーサー SPS」が展示される。

3台とも、日本への導入は2012年春予定とのこと。

(webCG ワタナベ)

「エヴォーラS IPS」
「エヴォーラS IPS」 拡大
「エリーゼS」
「エリーゼS」 拡大
「エリーゼ クラブレーサー SPS」
「エリーゼ クラブレーサー SPS」 拡大

関連キーワード:
エヴォーラ, エリーゼ, ロータス, 東京モーターショー2011, イベント, 自動車ニュース

ロータス エヴォーラ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
ホームへ戻る