ホンダ・シビック タイプR(前編)

2016.04.14 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー・谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「ホンダ・シビック タイプR」。“FF量産車世界最速”のタイトルを持つスーパーハッチバックのハンドルを握り、その魅力を考えた。

これ、何馬力ですか?

「ニュルブルクリンクでFF量産車世界最速」
このシンプルでいながら極めて困難なテーマを掲げて開発されたホンダ・シビック タイプRは、2014年5月にニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)で7分50秒63を記録。それまで「ルノー・メガーヌR.S. 275」が保持していた7分54秒36のラップレコードを打ち破り、目標どおり“FF量産車世界最速”のタイトルを手に入れたのである。

谷口信輝がそんなシビック タイプRに試乗したのは、春もまだ浅く肌寒い時期の箱根ターンパイク。しかも、これほどハイパフォーマンスなFF車をテストするというのに、当日の天気はあいにくの雨だった。

「これ、何馬力ですか?」 タイプRの運転席から降り立った谷口は、真っ先にそんな質問をスタッフのひとりに投げかけた。「6500rpmで310psです」 そう恐る恐る答えたスタッフに、谷口は「いやあ、そんなことはないでしょ」と言い放った。ひょっとして、カタログ値ほどのパワーを実感できなかったのだろうか?

「いやいや、最高出力の発生回転数が6500rpmというのが、ちょっとひっかかりました。というのも、6500rpmをほんの少し過ぎたくらいでレブリミッターに当たっちゃうんですよ。たぶん、6700rpmとかそのくらいで。だから、最高出力はもう少し手前で出ているような感じがしました」

 
ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像 拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像 拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(前編)の画像 拡大
ホンダ・シビック タイプR
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4390×1880×1460mm/ホイールベース:2600mm/車重:1380kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6MT/最高出力:310ps(228kW)/6500rpm/最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)235/35ZR19 (後)235/35ZR19/車両本体価格:428万円
ホンダ・シビック タイプR
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4390×1880×1460mm/ホイールベース:2600mm/車重:1380kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6MT/最高出力:310ps(228kW)/6500rpm/最大トルク:40.8kgm(400Nm)/2500-4500rpm/タイヤ:(前)235/35ZR19 (後)235/35ZR19/車両本体価格:428万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型ホンダ・シビック(その1) 2021.8.5 画像・写真 世界中で活躍するホンダのグローバルモデル「シビック」がいよいよフルモデルチェンジ。11代目となる新型は、日本では「EX」と「LX」の2グレード構成で販売される。両モデルの気になる内外装デザインを、写真で紹介する。
  • 世界中で愛される“市民のクルマ” 新型「ホンダ・シビック」がこの姿で登場した理由 2021.8.13 デイリーコラム ホンダ車のなかで最長の歴史を誇り、今や世界的な人気モデルとなっている「ホンダ・シビック」。日本での賛否両論を承知しながら、ホンダがこのコンセプトで、この価格で11代目となる新型を世に問うた理由とは? 今日におけるシビックのポジションから読み解く。
  • ホンダ・シビックLXプロトタイプ(FF/6MT)/シビックEXプロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.8 試乗記 フルモデルチェンジで11代目となった、ホンダのビッグネーム「シビック」に試乗。“爽快CIVIC”をコンセプトに掲げる新型は、素性の良さがしっかりと感じられる、洗練度の高い一台に仕上がっていた。
  • 新型ホンダ・シビック(その2) 2021.8.5 画像・写真 11代目となる新型にモデルチェンジした「ホンダ・シビック」。従来型からの進化のポイントは、走りや装備だけではない。操作感も考慮し、大幅に質感を向上させたという各部のディテールを、上級グレード「EX」の6段MT仕様で紹介する。
  • 新型ホンダ・シビックLX/シビックLX ホンダアクセス用品装着車 2021.6.24 画像・写真 いよいよ世界初公開された新型「ホンダ・シビック」のハッチバックモデルには、今や貴重な“3ペダル仕様”も用意されている。6段MTを搭載した「シビックLX」を、ホンダアクセスの用品装着車とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る