クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第345回:「ABARTH DRIVING ACADEMY」に参加
最新のアバルトで富士スピードウェイを爆走する!

2016.05.19 エディターから一言
富士スピードウェイの本コースを走る「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」参加者のアバルト。
富士スピードウェイの本コースを走る「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」参加者のアバルト。 拡大

アバルトオーナーを対象としたドライビングセミナー「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」に、最新モデルの「595コンペティツィオーネ」で参加。富士スピードウェイを全開走行して感じた、現代版アバルトの魅力とは?

パドックにずらりと並ぶアバルトのモデル。「500」はもちろん、今あらためて見ると、「プント」系のモデルも格好(かっこう)いいと思える。
パドックにずらりと並ぶアバルトのモデル。「500」はもちろん、今あらためて見ると、「プント」系のモデルも格好(かっこう)いいと思える。 拡大
今回の相棒はFCAジャパンが用意してくれた「アバルト595コンペティツィオーネ」。
今回の相棒はFCAジャパンが用意してくれた「アバルト595コンペティツィオーネ」。 拡大
サーキットを走るため、万が一に備えてフロントにはけん引フックを装備。これのお世話になる事態だけは避けたい。
サーキットを走るため、万が一に備えてフロントにはけん引フックを装備。これのお世話になる事態だけは避けたい。 拡大
開会式の様子。講師には現役のレーシングドライバーやラリードライバーも名を連ねている。
開会式の様子。講師には現役のレーシングドライバーやラリードライバーも名を連ねている。 拡大

イタリア車のオーナーは走るのがお好き?

webCG読者諸兄姉の皆さんは、マイカーの加速や制動、旋回の限界性能を試したことはありますか? 「俺のドライビングはいつだって全開だぜ!」とお答えのアナタ、それはほぼ確実に道路交通法違反なのでかんべんしてください。そして「ない」と答えた方に重ねて質問です。そもそも今日のクルマの限界って、どの辺りにあると思います? 「いやあ、想像したこともないなあ」という方はぜひ一度、どこかのドライビングセミナーを受けてみてください。公道でのマイカーの姿しか知らないアナタは、現代のクルマの性能に驚くはず。ワタクシも、そうしたイベントを取材するたびに驚かされます。

今回自分が参加したのは、2016年4月末に富士スピードウェイで開催されたABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)。読んで字のごとく、アバルトのオーナーを対象としたスポーツ走行とセーフティードライビングのレッスンです。クラスはベーシックな運転技術を学ぶ「BASE(バーゼ)」、本格的にスポーツ走行を学ぶ「TECNICO(テクニコ)」、そして少人数制の上級者向けカリキュラム「BOOT CAMP(ブートキャンプ)」の3種類。今回の参加台数は3クラス合計で85台(!)というから驚きです。イタリア車のオーナーは、やはり走り好きが多いのかもしれません。

また、3つもクラスがあることからも分かるとおり、参加者の幅が広いのもこのセミナーの特徴。「普段から国際格式のサーキットで走りこんでいる」という猛者がレーシングスーツ持参で参加する一方、「サーキット走行はこれが初めて」という方も少なくないのだとか(今回は24人)。スポーツ走行はミニサーキットやジムカーナで遊ぶ程度、というワタクシは、ちょっと背伸びしてテクニコのクラスを受講することにしました。

ちなみに、この日の相棒はアバルト595コンペティツィオーネのシングルクラッチ式AT仕様。車重1120kgで最高出力180psという、FCA自慢のロケット小僧です。

アバルト 595コンペティツィオーネ の中古車

想像以上に曲がる、曲がる

午前中の課目はピットビルでの座学と、駐車場を使った特設コースでのブレーキング&荷重移動の練習。実技の内容は、Rの異なる2つのコーナーを組み合わせたオーバルの周回と、パイロンスラローム、そしてフル加速からのフルブレーキの“3点セット”です。こうしたセミナーではおなじみの基礎練で、それだけに、これら3つの練習がドライビングでいかに重要かがうかがい知れます。

早速、まずはオーバルの周回から練習開始。いつものようにRの頂点を示すパイロンと、次のパイロンとの中間あたりをクリッピングポイントと見定め、できるだけ外にふくらまないように気をつけながら3周します。「フフフ、1本目からまずまずな走りができたな」と心の中で自画自賛しつつゴール地点でいったん停止。すると、走行を観察していた講師の塩谷さんが仰(おっしゃ)いました。
「ラインはキレイです。次はもっとスピードを出してみましょう」
しからばと、2本目は自分としては結構なハイペースでオーバルを周回。すると塩谷さんは、今度は「あんまりタイヤが鳴かないですねえ。あ、ピレリじゃない。ミシュランだ」などとタイヤをチェックしつつ、こう仰いました。
「まだまだ行けます。もっともっと、もっとスピードを出してください(笑顔)」
……マジで?

そんなわけで、3本目のアタック(?)はアンダーステア覚悟でオーバルを激走。それでも595コンペティツィオーネはラインを外しません。すごい旋回性能! と思っていたら、2目でやはり外へとはらみました。これはもう、典型的なアンダーステア。少しスピードを緩めて3目をクリアすると、塩谷さんは満面の笑みで言いました。
「お見事です。途中でアンダーステアが出ちゃったけど、その前まではキレイにタイヤのグリップを使い切れていましたよ」

テクニコ クラスの講師を務めた、福山英朗さん(写真左)と塩谷烈洲さん(写真右)。
テクニコ クラスの講師を務めた、福山英朗さん(写真左)と塩谷烈洲さん(写真右)。 拡大
ずらりと並んでコースインを待つ参加者のアバルト。参加者の中には運転のうまい人が多いので、待ち時間はほかの人の運転を観察していると参考になった。
ずらりと並んでコースインを待つ参加者のアバルト。参加者の中には運転のうまい人が多いので、待ち時間はほかの人の運転を観察していると参考になった。 拡大
いざ、オーバルコースへと発進。ギアは2速までで、あまりパイロンから離れないようにして走る。
いざ、オーバルコースへと発進。ギアは2速までで、あまりパイロンから離れないようにして走る。 拡大
ペースを上げていったら案の定アンダーステア。もうハンドルを切り足しても、クルマはインを向いてくれない。
ペースを上げていったら案の定アンダーステア。もうハンドルを切り足しても、クルマはインを向いてくれない。 拡大

クルマより先にドライバーに限界が……

オーバルだけでなく、スラロームもフルブレーキもだいたいこんな感じ。要するに、595コンペティツィオーネの運動性能の限界は、自分が想像していたよりずっと高かったわけです。

例えばパイロンスラロームでは、「ギアは1速ホールド、ブレーキはナシで」と言われているにも関わらず、最初のパイロンへの進入で「スピードを出しすぎた!」と思ってちょんとブレーキを踏んでしまい、講師の水谷さんから「進入でスピードを落としすぎて、自分で難しくしちゃっています」との指摘が。2本目、3本目と走ってみると、確かに、ちょっと怖いくらいのハイペースでも595は涼しい顔で、むしろそのくらいの方がリズミカルに、楽にパイロンの間を縫っていけます。

またフルブレーキの練習では、自分では思い切りよくペダルを踏んづけたつもりだったのに、「(加速は)いい勢いできていましたけど、ブレーキはもっと利かせられます。蹴っ飛ばすつもりでいってください」とのお言葉をいただく始末でした。そして、ならば見ておれとばかりに挑んだ2本目で悲劇は起きました。

あ、右足つった。
三十路(みそじ)を過ぎて久々のこむら返り、痛いのなんの。
「足つっちゃったの? 大丈夫ですか? つま先の方でペダルを踏んじゃうとよく起きるんですよね。ペダルを踏む位置は、指の付け根より下になるように気をつけてくださいね」
朗らかな笑顔で仰るテクニコクラスのチーフインストラクター、福山さんのアドバイスにうなずきつつ、涙目でその場を退散。いやはや、スポーツドライビングは身体的にもやっぱりスポーツですね。ペダルワークはもちろんですが、普段あまり体を動かしていない方は、事前の準備運動を心がけてください。

パイロンスラロームはギアを1速に固定。フットブレーキは使わず、スロットルオンとエンジンブレーキでリズミカルにクリアしていく。
パイロンスラロームはギアを1速に固定。フットブレーキは使わず、スロットルオンとエンジンブレーキでリズミカルにクリアしていく。 拡大
午前中の練習内容を説明する福山さんと、水谷竜也さん(同右)。
午前中の練習内容を説明する福山さんと、水谷竜也さん(同右)。 拡大
ブレーキングの練習は、スタートと同時にフル加速。指定のパイロンを通り過ぎたらフルブレーキングするというもの。
ブレーキングの練習は、スタートと同時にフル加速。指定のパイロンを通り過ぎたらフルブレーキングするというもの。 拡大
2本目の挑戦でアクシデント発生。久々に足がつった。福山さんいわく、「つま先の方でブレーキペダルを踏まないように」とのこと。肝に銘じます。
2本目の挑戦でアクシデント発生。久々に足がつった。福山さんいわく、「つま先の方でブレーキペダルを踏まないように」とのこと。肝に銘じます。 拡大

もっともっとスピードを

楽しいお弁当タイムの後は、早速午後の部がスタート。午前中に基礎練をしていた駐車場に戻ると、いつの間にやらそこは立派なジムカーナ場に早変わりしていました。楽しい講習を陰で支えるスタッフの仕事に感服です。ちなみに、コースは本ページ掲載の写真のごとし。アタックできるのは4回までです。

スタートの合図とともにアクセルベタ踏み。大外をぐるりと回ってパイロンスラロームをクリアしたら、その先を急角度で曲がってコースの内側に侵入します。ヘアピンはスピードを落とさないようにやや大回りしたいところですが、なにせ狭いのでコースどりが難しいところ。ここは2本目からの課題としましょう。先ほどのコーナーから外周に戻ったら、往路で走ったスラロームを右手に見ながらぐいぐい加速。外周を半周してパイロンの隙間から再びコースの内側に入り(意外な急コーナーでびっくりしました)、その先のパイロンを避けながら、4本のパイロンでできたゴールに突入、フルブレーキ。

ゴール地点では講師の田中さんが待ち受けていました。
「ライン取りは今ので正解です。次はもっとスピードを上げてみましょう」
それ、似たような助言を午前中にもいただきましたね。自分はもう少し、思い切りのいい人間にならなければいけないようです。

その後は講師の皆さんのアドバイスにしたがって、少しずつタイムアップ。最終的には3本目の39秒40が私の自己ベストとなりました。これにて駐車場を使った特設コースでの課目は終了。次はいよいよ、富士の本コースでのフリー走行です。

ジムカーナコースの説明をする福山さん。コースが気になる方は写真をクリックし、白板に張られているコース図を確認してください。
ジムカーナコースの説明をする福山さん。コースが気になる方は写真をクリックし、白板に張られているコース図を確認してください。 拡大
講師の田中莞士さんからアドバイスを受ける記者。「内側の3本のパイロンは、多少大回りするつもりでクリアしてください」とのこと。
講師の田中莞士さんからアドバイスを受ける記者。「内側の3本のパイロンは、多少大回りするつもりでクリアしてください」とのこと。 拡大
記者のベストタイムは39秒40だった。このタイム、参加者の中では速い方なのか? 遅い方なのか? 知りたいような、知りたくないような。
記者のベストタイムは39秒40だった。このタイム、参加者の中では速い方なのか? 遅い方なのか? 知りたいような、知りたくないような。 拡大

広すぎる富士スピードウェイに四苦八苦

先に白状しておきますと、ワタクシ、富士スピードウェイの本コースを走るのは人生で3回目。うち1回はマイカーで参加した低速でのパレード走行ですし、正直、ちゃんとスポーツ走行するのは今回が初と言っても過言ではありません。

慣熟走行とペースカーありでの高速先導走行が終わると、いよいよフリー走行がスタート。これまでの反省もあり、ここでは初めから「これが自分の限界だ!」という勢いでがんばってみたところ、第1コーナー手前のブレーキングでテールがむずむずして冷や汗をかきました。電子制御って素晴らしい。

それにしても、さすがは世界耐久選手権やSUPER GTが開催されるサーキットですね。富士スピードウェイは広い。とてつもなく広い。そんなわけで、初心者の私は広いコースのどこを走れば正解なのか、皆目見当がつきません。ついでに言うと、富士は前半のセクションと後半のセクションとで、コースの性格が全然違うんですね。特にダンロップコーナーから先はいきなりタイトコーナーの連続になるので、いい気になってハイペースで走っているとその落差にビビります。

「こんなことなら『グランツーリスモ』で勉強しておくんだった。いや、プレイステーション持ってないけど」などと、いまだアナログな自分のライフスタイルを反省していると、ヘルメットをかぶった救世主が登場。テクニコのサーキット走行では、フリー走行とプロドライバーによる同乗レッスンとが交互に行われるのです。

ヘルメットをかぶっていたので誰かは分かりませんが、そのインストラクター氏は「ライン取りがさっぱりです」と白状する私に、「アバルトはよく曲がるクルマなので、まずはコンパクトに走ることを意識してみましょう」と仰いました。

ピットレーンの手前でゲートオープンを待つアバルトの車列。
ピットレーンの手前でゲートオープンを待つアバルトの車列。 拡大
待ち時間を使って、ドライビングポジションを再調整。記者は典型的な縄文人体形なので、このぐらいまでシートを前に出さないとヒジやヒザにゆとりができない。
待ち時間を使って、ドライビングポジションを再調整。記者は典型的な縄文人体形なので、このぐらいまでシートを前に出さないとヒジやヒザにゆとりができない。 拡大
「595コンペティツィオーネ」のインストゥルメントパネルまわり。シングルクラッチ式のトランスミッションは、センターコンソールのスイッチで操作する。
「595コンペティツィオーネ」のインストゥルメントパネルまわり。シングルクラッチ式のトランスミッションは、センターコンソールのスイッチで操作する。 拡大
富士スピードウェイの本コースを走る「595コンペティツィオーネ」。
富士スピードウェイの本コースを走る「595コンペティツィオーネ」。 拡大

高い運動性能と賢い電子制御

第1コーナーはきっちりイン側につき、コカ・コーラコーナーではそんなにがんばらないで、100Rはそのまま“インべた”で走ること。横Gに恐れをなしてイン側から離れてはダメ。そうすればアドバンコーナーで自然とアウト・イン・アウトのラインに入れる。恐怖のテクニカルセクションの入り口であるダンロップコーナーは、スピードをそがぬように……なんて考えないでドーンとブレーキング。シケインを抜けた先の第13コーナーとプリウスコーナーは、縁石の内側にあるポールを削り取るつもりでインを攻め、脱出加速重視のラインでパナソニックコーナーを抜けたら、ホームストレートでレッツ・アクセル全開。

もちろん、そう教わったからといって、いきなりそれができるようにはなりません。ひとつひとつのコーナーのことばかり考えていたらギクシャクするし、先の見えないプリウスコーナーとパナソニックコーナーで突っ込んでいくのは、やっぱり怖い。ひとまずは、いただいたアドバイスをきっちり実践できることを次までの(?)課題といたしましょう。

こうして一日、みっちりスポーツ走行を学んで印象に残ったことは、まずはアバルトというクルマの運動性能の高さでした。ころころとしたかわいらしいカタチをしているのに、自分が思っているよりずっとよく曲がるし、止まるし、加速します。そしてもうひとつ感じたのが、電子制御の恩恵と、それにともなう運転の仕方の変化でした。これについては、セミナーの閉会式で講師の皆さんも仰っていたこと。高速域でドーンとブレーキを踏んでも平気なのは、やはりABSや横滑り防止装置があるからでしょう。

ダンロップコーナーの先の30Rをクリアする「595コンペティツィオーネ」。
ダンロップコーナーの先の30Rをクリアする「595コンペティツィオーネ」。 拡大
ダッシュボードに備わるスポーツモードの選択スイッチ。今回は午前中の練習から午後のフリー走行まで、すべての走行でスポーツモードを使用した。
ダッシュボードに備わるスポーツモードの選択スイッチ。今回は午前中の練習から午後のフリー走行まで、すべての走行でスポーツモードを使用した。 拡大
慣熟走行や同乗レッスンを含め、本コースでの走行は合計100分におよぶ。なお、今回はけん引フックのお世話にはならずに済んだ。
慣熟走行や同乗レッスンを含め、本コースでの走行は合計100分におよぶ。なお、今回はけん引フックのお世話にはならずに済んだ。 拡大

日々のアシからサーキット走行まで

私は長いことポンコツの「ローバー・ミニ」に乗っているのですが、それでスポーツ走行をしていたころは、ブレーキはタイヤをロックさせず、姿勢の保てるギリギリのあたりを手探り(足探り?)しながらペダルを踏んでいました。そして、それでもうまくいかずに「あーれー」とか「コンニャロ」と悲鳴を上げていたものです。そんなクルマで今日のアバルトと同じことをしたら、タイヤがロックしてコースアウトか、そうでなくともおシリが流れてとっちらかって、やっぱりコースアウトでしょう。

そんな風に今日一日を思い出しつつ、「今のクルマは本当に賢いなあ」と感心しながら帰宅の準備をしていて、ふと気づきました。ちょっと待てよ。ミニサーキットやジムカーナならまだしも、富士の本コースを全開で走ったクルマに乗って、そのまま家に帰れるなんて、冷静に考えたらスゴいことじゃないの?

エアコン全開の快適な車内で渋滞情報を確認しながら、そういう点でも「アバルトはすごいなあ」と感服する、上りの東名高速でした。

(文=webCG ほった/写真=FCAジャパン)
 

会場ではオフィシャルグッズの販売も行われていた。
会場ではオフィシャルグッズの販売も行われていた。 拡大
最後はイベントスタッフや参加者の皆で記念撮影。あらためて参加者の人数に驚かされる。
最後はイベントスタッフや参加者の皆で記念撮影。あらためて参加者の人数に驚かされる。 拡大
一日お世話になった、「595コンペティツィオーネ」のエンブレム。
一日お世話になった、「595コンペティツィオーネ」のエンブレム。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アバルト 595コンペティツィオーネ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。