クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第5回:ヒストリックカー趣味の欠落

2016.08.23 カーマニア人間国宝への道

“初恋の人”「フェラーリ328」

連載も5回目となり、そろそろ前回までのあらすじを説明するのがつらくなってきたが、2009年に発生した我がカーライフ2度目のジャイアント・インパクト前後の経緯を延々と説明させていただいている不肖清水草一である。

ところで2009年当時、我がご神体たるフェラーリ様は、87年式の「328GTS」だった。つまり当時で22年落ち。今で言うネオクラシックとかヤングクラシック圏内に位置するだろう。

正直なところ、私にはヒストリックカー趣味はない。これはカーマニア人間国宝を目指す上で大きな欠落だ。

「カーマニア人間国宝」という単語を聞いて、人はどんな姿形を想像するだろう。最も一般的なのは、○○○○美術館とかを開設してしまうようなウルトラグレイトなエンスージアストではないだろうか。つまりヒストリックカーのコレクターである。それが世の中で最も尊敬されるカーマニアの姿だ。

なのに私にはヒストリックカー趣味がない。この頃328に乗っていたのは、単にそれが初恋の人だったからだ。歳を取って初恋の人に会いたくなりました。そういうことですね!

“初恋の人”「328GTS」を駆り、ヨロコビのあまり、ヘン顔(!?)をキメる筆者。(写真=池之平昌信)
“初恋の人”「328GTS」を駆り、ヨロコビのあまり、ヘン顔(!?)をキメる筆者。(写真=池之平昌信) 拡大

87年式「328GTS」。2009年当時では、22年落ち。クラシック度としては、ヤングクラシック圏内といえる。(写真=池之平昌信)


	87年式「328GTS」。2009年当時では、22年落ち。クラシック度としては、ヤングクラシック圏内といえる。(写真=池之平昌信)
	拡大

大乗フェラーリ教オリジナルの「節約。キーホルダー」。筆者はフェラーリを買うためには日々の節約が大切と説いていた。


	大乗フェラーリ教オリジナルの「節約。キーホルダー」。筆者はフェラーリを買うためには日々の節約が大切と説いていた。
	拡大

「フェラーリ328」への想い、再燃

私のフェラーリ原体験は、池沢早人師先生に乗せていただいた「テスタロッサ」だが、そこからややさかのぼったところにある原記憶はというと、カーグラフィックTVのオープニングに出てきた328なのだ。

328が谷田部のバンクを疾走するあの神々しい姿。ひょっとして買えるかもしれないと夢想させるギリギリのところに位置する価格とサイズを持つフェラーリ様。ちなみに『サーキットの狼』は中学から高校時代だったので、リアルタイムでは読んでいない。

最初に買ったフェラーリが「348tb」。続いて「512TR」を2台(赤と白)。そこから「F355スパイダー」「360モデナ」と現代化を続け、財政的にその次に行けなくなった時、「じゃ戻るしかないべ」で買ったのが、この初恋の人だった。

328は今でも高い人気を保ち、バリものは1500万円の値も付いており、最低1000万円は出さないとコンディション良好なタマは買えないらしいが、当時はそれがたった600万円くらいで買えた。

で、コンディション良好なる我が328、実際乗った感じはどうだったか。

最初に買った「328GTB」は日本仕様だったので、言わばカッコだけのフェラーリだった。エンジンは高回転の抜けが悪く、回すとエントツさん苦しそう。フェラーリにとっては最初期の排ガス対策車であり、初めてでっかい触媒を取り付けた上に、カムのプロファイルも低速型だった。

買った当時は「これは癒しのフェラーリだ! そこがステキだ!」と思ったが、1カ月後、たまたま試乗した欧州仕様の328GTSのあまりの吹け上がりの良さに大ショックを受け、その場で買い替えを決めてしまった。

「フェラーリ328」としては1台目となる、日本仕様の「328GTB」。
「フェラーリ328」としては1台目となる、日本仕様の「328GTB」。 拡大
「328GTB」のコックピット。
「328GTB」のコックピット。 拡大
「328GTB」の3.2リッターV8 32バルブDOHCエンジン。エンジンは高回転の抜けが悪かった。
「328GTB」の3.2リッターV8 32バルブDOHCエンジン。エンジンは高回転の抜けが悪かった。 拡大

「328GTS」は永遠の青い鳥だ!

そうやって手にした黒の328GTSは、欧州仕様のため触媒もなく、カムも高速型、日本仕様とはまるで別物というか別のクルマだった。

しかも、ネオクラシックと言うにはちょっと速すぎるくらい“当たり”のマシンだった。なにしろゼロヨン計測で13秒7を出してしまったのだ。信じないかもしれないが「ランエボⅩ」にも中間加速対決で勝った。

「クワァァァァァァ~ン」と吹け上がる3.2リッターV8 32バルブDOHCは古典的なレーシングエンジンそのものだが、速さは古典的とは言い難い。メカ的にも丈夫でメンテナンスにあまりお金がかからない。ただし走行距離だけは控え目にネ! そういうクルマだった。
つまりフェラーリ328は、ネオクラシックではあるが永遠の青い鳥。現役スーパーカーとまでは言えないが、間違いなく現役スポーツカーだったのだ!

こういうクルマと出会ったら、本物のクラシックカーになるまで後生大事に所有して、最後は私設博物館に展示するのがカーマニア人間国宝のあるべき姿かもしれない。しかし私は2009年秋、買ってわずか1年余りで他のフェラーリに買い替えてしまった。それはなぜだったのかあぁぁぁ!?

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信)

筑波サーキットにてチューンドハチロクと戦う「328GTS」の勇姿。(写真=池之平昌信)
筑波サーキットにてチューンドハチロクと戦う「328GTS」の勇姿。(写真=池之平昌信) 拡大
「328GTS」のマフラーはキダスペシャルを装着。レーシィな快音を奏でてくれた。
「328GTS」のマフラーはキダスペシャルを装着。レーシィな快音を奏でてくれた。 拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。