「キャデラックATS」と「CTS」に白が特徴の特別仕様車

2016.09.02 自動車ニュース
「キャデラックATSセダン ホワイトエディション」
「キャデラックATSセダン ホワイトエディション」 拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2016年9月1日、「キャデラックATSセダン/クーペ」および「CTSセダン」に特別仕様車「ホワイトエディション」を設定し、9月3日に発売すると発表した。

「ATSクーペ ホワイトエディション」
「ATSクーペ ホワイトエディション」 拡大
「ATSセダン ホワイトエディション」のインストゥルメントパネルまわり。
「ATSセダン ホワイトエディション」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「CTSセダン ホワイトエディション」
「CTSセダン ホワイトエディション」 拡大
「CTSセダン ホワイトエディション」のシート。
「CTSセダン ホワイトエディション」のシート。 拡大

今回の特別仕様車は3モデル合わせて20台のみが販売される限定モデルで、ボディーカラーには通常は有償オプションとなる「クリスタルホワイトトゥリコート」を採用。インテリアには、カタログモデルには設定のないカラーやトリムの組み合わせを用いている。

各モデルの仕様は以下の通り。

【ATSセダン/クーペ】
ボディーカラー:クリスタルホワイトトゥリコート
インテリアカラー:ライトプラチナム&ジェットブラックアクセント、ハイグロスサペリウッドトリム
その他の特別装備:電動サンルーフ、ETC2.0車載器

【CTSセダン】
ボディーカラー:クリスタルホワイトトゥリコート
インテリアカラー:コナブラウン&ジェットブラックアクセント、エルムナチュラルウッドトリム
その他の特別装備:ETC2.0車載器

価格はATSセダンが585万円、ATSクーペが595万円、CTSセダンが800万円。販売台数はATSセダンが10台、その他の2モデルがそれぞれ5台ずつとなっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
CTSセダン, ATSセダン, ATSクーペ, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT5プラチナム(FR/10AT)【試乗記】 2021.6.19 試乗記 キャデラックの新型セダン「CT5」のラインナップから、上質さが身上の「プラチナム」に試乗。FRの駆動レイアウトに穏当なシャシーチューニングを組み合わせた同車は、欧州のプレミアムカーもかくやという、自然で理知的なダイナミクス性能の持ち主だった。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.7.24 試乗記 スタイリッシュなフォルムに最新の快適装備を満載し、競争力のある価格設定とされたシティー派SUV「キャデラックXT4」。プレミアムセグメントを席巻する、欧州ブランドのライバルに対する米国キャデラックならではの個性と魅力とは?
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る