クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第1回:「キャデラックATSセダン」のここに注目!
2人のwebCG編集部員がその見どころを語る

2016.10.12 キャデラックATSセダン長期試乗リポート<PR>
編集部にやってきた白い「キャデラックATSセダン」。これから2カ月よろしく!
編集部にやってきた白い「キャデラックATSセダン」。これから2カ月よろしく! 拡大

キャデラックのプレミアムセダン「ATS」の長期リポートがいよいよスタート! 栄えある第1回は、編集部員のほったと藤沢が、東京からツインリンクもてぎまでのロングドライブを敢行。キャデラックの最新モデルの見どころをリポートします。

早朝6時の東京・荻窪駅。片道155km、移動時間2時間半のドライブの始まりである。
早朝6時の東京・荻窪駅。片道155km、移動時間2時間半のドライブの始まりである。 拡大
「ATSセダン」のアウトサイドドアハンドルは、暗いところでは写真のように光る。これ、地味に便利です。
「ATSセダン」のアウトサイドドアハンドルは、暗いところでは写真のように光る。これ、地味に便利です。 拡大
日本仕様の「ATSセダン」は2016年1月発売分の車両から、トランスミッションが6段ATから8段ATに変更された。
日本仕様の「ATSセダン」は2016年1月発売分の車両から、トランスミッションが6段ATから8段ATに変更された。 拡大
「ATSセダン」の2リッター直噴ターボエンジンは、最高出力276ps、最大トルク40.8kgmを発生。例え話ではなくて、本当に「(Dセグメントの2リッター)クラスで一番の力持ち」なのである。
「ATSセダン」の2リッター直噴ターボエンジンは、最高出力276ps、最大トルク40.8kgmを発生。例え話ではなくて、本当に「(Dセグメントの2リッター)クラスで一番の力持ち」なのである。 拡大
webCG編集部員の藤沢が、「ATSセダン」を駆って常磐自動車道を(制限速度内で)激走する。
webCG編集部員の藤沢が、「ATSセダン」を駆って常磐自動車道を(制限速度内で)激走する。 拡大

8段ATの搭載でより快適に

ほった:読者諸兄姉の皆さま、こんにちは。ついに始まりましたキャデラックATSセダンの長期リポート、初回はツインリンクもてぎへのロングドライブをお届けしたいと思います。拍手~。

藤沢:随分いきなりですね。「なんでツインリンクもてぎなのか」とか、説明はないんですか? そもそも、なんでこんな早朝集合なんです? まだ日が昇っていませんよ。

ほった:ぶっちゃけ、今日もてぎで取材があるからです。往復300kmの旅路です。編集部にこんな快適なクルマがあるというのに、使わない手はないでしょう。この時間に出発するのは、そうしないと取材に間に合わないから。日が昇っていないことについては、宵っ張りな秋のお天道さまに文句を言ってください。
ささ。早くしたいのでナビに目的地を打ち込んでください。

藤沢:はいはい。ところで、最新のATSセダンの特徴とか、トピックは調べてあるんですか?

ほった:先日の告知記事にもありますが、まずはトランスミッションが8段ATになっています。

藤沢:どうです? 御利益は体感できますか?

ほった:うーん、どうでしょう?

藤沢:長嶋茂雄のモノマネをするプリティ長嶋のモノマネはやめてください。文字で伝わりません。

ほった:失礼しますた。マジメな話、私は前の6段ATにもそんなに不満を持っていたわけではないですからね。大体、うちのATSセダンは40.8kgmの最大トルクを3000-4600rpmで発生する、クラスで一番の力持ちですよ。ATなんて4段で十分ですよ。

藤沢:となると、目的は燃費とかですかね。

ほった:あとは快適性でしょう。エンジンの回転数は100km/h定速走行で1700rpmくらい。私は飛ばさないたちなので、下道も1000-2500rpmでこと足ります。ぶん回す必要のないエンジンとトランスミッションはラクです。スバラシイ。運転してみますか?

藤沢:ぜひに。

藤沢:……このトランスミッション、変速ショックを感じさせるタイプですね。

ほった:今のご時勢、その辺は制御しだいでいかようにもなりますから、確信犯でしょう。

藤沢:確かに。ATSセダンは、クルマの動きが敏しょうというかスポーティーなので、変速ショックもこのくらいがちょうどいいと思います。

 

→公式サイトで詳しくみてみる

マイカーと言葉でコミュニケーションする時代に!?

藤沢:それにしてもこのクルマ、ボディーが程よく小さくて、運転しやすいですね。

ほった:日本だと、このくらいがちょうどいいサイズでしょう。キャデラックは、このクラスのクルマを持っていることを、もっとユーザーに知らしめるべきですよ。

藤沢:誰目線ですか?

ほった:アングロサクソン系のクルマをこよなく愛する、いち武蔵野市民の目線です。

藤沢:さようですか。……ほかに何か、トピックはあるんですか?

ほった:スマートフォンとの連携機能「Apple CarPlay」に対応しています。これについては、世界的にもGMの対応はかなり早かったと記憶しています。Apple CarPlayそのものについては、ガジェット野郎の藤沢さんの方が詳しいかと。

藤沢:スマホを使えるというだけで、ガジェット野郎にしないでください。

ほった:それはともかく、使い方を説明していただけますか?

藤沢:使い方も何も、接続ケーブルを挿すだけですよ。ブスッと。

ほった:ほう?

藤沢:そうすると、ATSセダンのモニターにスマホのアプリが表示されます。スマホ内の便利機能を、クルマ側のインターフェイスで操作できるようになるというのが見どころです。

ほった:なんだかよく分かりませんが、スマホとクルマのモニターがリンクしている様子は、それだけでも新鮮ですね。

藤沢:あとは「Siri(シリ)」ですね。スマホの音声アシスタントを使えば、運転しながら、スマホの機能をハンズフリーで使えるというわけです。

ほった:さっぱり分からないですね。実際に使ってみてください。

藤沢:Hey Siri !

ほった:大丈夫ですか? 誰もいませんよ。

藤沢:ほったさんは少しは時代に追いついてください。Siriはこう呼びかけると起動するんですよ。

Siri:ご用件は何でしょう?

ほった:なんかクルマがしゃべってますけど。

藤沢:厳密には、しゃべっているのはスマホのアプリですけどね。取りあえず最寄りのコンビニでも検索してみましょう。

ほった:コンビニに行きたいんですけど。

Siri:すみません、聞き取れませんでした。

ほった:おやおや。このシステムはまだ発展途上のようですね。

藤沢:問題があるのは、ほったさんの滑舌だと思いますよ。

(文と写真=webCG ほった、藤沢)

 

→公式サイトで詳しくみてみる

 

無事ツインリンクもてぎに到着。キビキビとした走りや、充実した運転支援システムなどについても紹介したかったが、それは次回以降のお楽しみということで。
無事ツインリンクもてぎに到着。キビキビとした走りや、充実した運転支援システムなどについても紹介したかったが、それは次回以降のお楽しみということで。 拡大
「ATSセダン」で、スマートフォンとの連携機能「Apple CarPlay」を試す。起動は接続ケーブルを挿すだけ。
「ATSセダン」で、スマートフォンとの連携機能「Apple CarPlay」を試す。起動は接続ケーブルを挿すだけ。 拡大
「ATS」の場合、ケーブルの接続口はセンターコンソールボックスなどに設けられている。ちなみに、キャデラックのインフォテインメントシステム「CUE」は、グーグルの「Android Auto」にも対応している。
「ATS」の場合、ケーブルの接続口はセンターコンソールボックスなどに設けられている。ちなみに、キャデラックのインフォテインメントシステム「CUE」は、グーグルの「Android Auto」にも対応している。 拡大
「Siri」を使ってコンビニエンスストアを検索。滑舌の良い人が挑戦すればご覧の通り、近所の店舗をきちんとリストで紹介してくれた。
「Siri」を使ってコンビニエンスストアを検索。滑舌の良い人が挑戦すればご覧の通り、近所の店舗をきちんとリストで紹介してくれた。 拡大
ツインリンクもてぎでは1998年から2011年まで、アメリカを代表するモータースポーツのひとつ「インディカー・シリーズ」が開催されていた。アメリカの自動車もそうだけど、アメリカのモータースポーツも、もう少し認知されてほしい(webCG ほった談)。
ツインリンクもてぎでは1998年から2011年まで、アメリカを代表するモータースポーツのひとつ「インディカー・シリーズ」が開催されていた。アメリカの自動車もそうだけど、アメリカのモータースポーツも、もう少し認知されてほしい(webCG ほった談)。 拡大
webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

キャデラック ATSセダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。