610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始

2016.10.13 自動車ニュース
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」
「BMW M760Li xDrive V12 Excellence」 拡大

BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、注文受け付けを開始した。納車の時期は2017年2月になる見込み。

 
610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始の画像 拡大
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。
「7シリーズ」で最大の排気量となる6.6リッターV12ターボエンジン。最高出力610psと最大トルク81.6kgmを発生する。 拡大
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
インテリアの様子。ハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。 拡大
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。
後席には、シートヒーターやマッサージ機能が標準で備わる。 拡大

今回のBMW M760Li xDriveに搭載されるのは、6.6リッターの12気筒ターボエンジン。車名のMの文字が示す通り、BMW M社がスポーティーなチューニングを施した「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス・オートモビル)」である。
最高出力は610psで、最大トルクは81.6kgm。8段ATと4輪駆動システム「xDrive」を組み合わせ、0-100km/h加速3.7秒というセグメント最速の動力性能を発揮する。

走りのダイナミズムを重視した「M760Li xDrive」のほかに、エレガントなスタイリングをセリングポイントとする「M760Li xDrive V12 Excellence」もラインナップされる。価格はいずれも2420万円。

M760Li xDriveは、「Mエアロダイナミクスパッケージ」と専用20インチアルミホイール、ダークブルーにペイントされたMスポーツブレーキ、スポーツエキゾーストシステムを装着。スポーティーなたたずまいとなっている。

一方、M760Li xDrive V12 Excellenceは、フロントバンパーとエキゾーストテールパイプにクロームインサートが施される「デザインピュアエクセレンス・パッケージ」を採用。さらに、専用デザインの20インチアルミホイールやマットブラックのブレーキキャリパーなどが与えられる。

この12気筒モデルの登場で、現行型の7シリーズには、4気筒のハイブリッドから、直列6気筒、V型8気筒、そしてV型12気筒までがそろうことに。歴代7シリーズの中でも、最も充実したラインナップとなった。

(文=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • メルセデス・ベンツCLS220dスポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2018.9.13 試乗記 欧州製4ドアクーペの元祖、「メルセデス・ベンツCLS」が3代目にモデルチェンジ。“新世代メルセデスデザイン”の嚆矢(こうし)として語られることの多い新型CLSだが、実車に触れてみると、ほかにも多くの特筆すべきポイントが見受けられたのだった。
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る