クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第476回:ボンドカーや「トヨタ・スープラ」もあった!
パリの特別展に見る“映画劇中車”の世界

2016.11.18 マッキナ あらモーダ!

映画にクルマは欠かせない

先日、日本のアニメ映画『君の名は。』を見た。

その3DCGは圧巻で、見ているだけで大都市・東京から湧き立つ匂い・空気感が脳裏に浮かんでくる。一方、劇中に登場するクルマはといえば、ヒロイン・宮水三葉の父親が市長選で用いる宣伝カーと、主人公・立花 龍が三葉を探すべく訪ねた飛騨で、地元のおじさんに乗せてもらう白い軽トラックくらいである。高校生のストーリーとは知りつつも、自動車の存在が希薄であることに時代を感じた。

これまで欧米で作られたさまざまな映画では、数々の劇中車がスクリーンを飾ってきた。

筆者は、東京での会社員時代、勤務先で「007役とボンドカーは、どれがベストか」という議論をしたことがある。「初代ボンドのショーン・コネリーが乗る『アストンマーティンDB5』で、決まりだね」とハナから決めつける先輩に、「3代目のロジャー・ムーアが駆る『ロータス・エスプリ』に決まってますよ」とボクは強く反論した。ここで「ごもっともですよねえ」などと心になくても言えれば、もう少し会社で出世できていたかもしれない。

その後ボンドガールについては、コネリー時代の『ロシアより愛をこめて』のダニエラ・ビアンキが歴代最高だということになった。だが、いまだボンドカーはエスプリが一番だと固く信じている。

次ページ以降で触れる、パリモーターショー2016の特別展「自動車と映画」における、「SF」フィルムの部のひとこま。写真左から、1959年製のキャデラックの救急車をベースにした『ゴーストバスターズ』(1980年)の劇中車と、『クリスティーン』(1983年)に登場する1957年型の「プリマス・ヒューリー」。
次ページ以降で触れる、パリモーターショー2016の特別展「自動車と映画」における、「SF」フィルムの部のひとこま。写真左から、1959年製のキャデラックの救急車をベースにした『ゴーストバスターズ』(1980年)の劇中車と、『クリスティーン』(1983年)に登場する1957年型の「プリマス・ヒューリー」。拡大
同じく、特別展「自動車と映画」の「探偵・刑事物」の部から。『007 慰めの報酬 』(2008年)に登場した「アストンマーティンDBS」。 アストンマーティン所蔵のもの。
同じく、特別展「自動車と映画」の「探偵・刑事物」の部から。『007 慰めの報酬 』(2008年)に登場した「アストンマーティンDBS」。 アストンマーティン所蔵のもの。拡大
ルノーが所蔵する1985年「ルノー11」のタクシー。『007 美しき獲物たち』(1985年)に登場。
ルノーが所蔵する1985年「ルノー11」のタクシー。『007 美しき獲物たち』(1985年)に登場。拡大

銀幕の名車がズラリ

2016年10月に開催されたパリモーターショーでは、会期中に「自動車と映画」と題した特別展が催された。パビリオンまるごとひとつを充て、これまで映画やテレビに登場した車両49台を展示したものだった。さらに、クルマが登場する名場面を楽しめるよう、「探偵・刑事物」「SF」といった形で、テーマごとのブースにスクリーンと座席も用意するという粋な計らいもあった。シートはもちろん映画館用だ。

「探偵・刑事物」の部に展示された2008年型「アストンマーティンDBS」は、『007 慰めの報酬』の劇中車である。映画の中でドアがもぎ取られたままである。ちなみに筆者が住むイタリア・シエナはロケ地のひとつだったことから、撮影シーンを市内でたびたび目撃したものだ。同じイタリアでも北部のロケでは、同型車が撮影中に勢い余って湖に転落するというハプニングもあったのを覚えている。

ちょっと変わり種のボンドカーもあった。1985年「ルノー11タクシー」は、『007 美しき獲物たち』でロジャー・ムーア演じるボンドが、ルーフを飛ばし、真っ二つになりながらもセーヌ河沿いを激走するシーンを見せたものである。

「コメディー」の部に展示された1964年「シトロエンDS」(1965年の『ファントマス爆発』に登場)には、翼が付いている。「羽根つきギョーザ」ならぬ「羽根つきDS」である。主人公の怪盗ファントマスが、これに乗って空へと逃亡する。フランスでは往年の名作DVDの類いとして売られていることが多いので、シトロエンファンの方はネットで探してみるといいかもしれない。

「もしや日本車も?」と思って探してみると、あったあった。「カーチェイス」の部に置かれた1994年「トヨタ・スープラ」だ。2009年の映画『ワイルド・スピード MAX』の劇中車である。

撮影用照明であでやかに浮かび上がったクルマたちを前に、一般公開日の来場者の多くは、昔デートで楽しんだ映画音楽を心の中で口ずさんでいたに違いない。

パリモーターショー2016の特別展「自動車と映画」では、スクリーンの名場面集を鑑賞できるよう、各コーナーに映画館用のシートを設けるという粋な計らいも。
パリモーターショー2016の特別展「自動車と映画」では、スクリーンの名場面集を鑑賞できるよう、各コーナーに映画館用のシートを設けるという粋な計らいも。拡大
「コメディー」の部で見られた、『ルイ・ド・フュネスの大結婚』(1968年映画)の劇中車「ルノー・エスタフェット」。ルノー所蔵。フュネス演じる憲兵シリーズも、往年の代表的なフランス娯楽映画である。
「コメディー」の部で見られた、『ルイ・ド・フュネスの大結婚』(1968年映画)の劇中車「ルノー・エスタフェット」。ルノー所蔵。フュネス演じる憲兵シリーズも、往年の代表的なフランス娯楽映画である。拡大
同じく「コメディー」の部に展示された、『ファントマス爆発』(1965年)の劇中車「シトロエンDS」(1964年)。
同じく「コメディー」の部に展示された、『ファントマス爆発』(1965年)の劇中車「シトロエンDS」(1964年)。拡大
日本車もあり。1994年「トヨタ・スープラ」は、『ワイルド・スピード MAX  』(2009年)で活躍。
日本車もあり。1994年「トヨタ・スープラ」は、『ワイルド・スピード MAX  』(2009年)で活躍。拡大

劇中車がつなぐ人の輪

今回の展示車中13台を提供したのは、「スターカーズ・パッション」という団体である。聞けばなんと、映画/テレビ劇中車のレプリカオーナーたちの会だという。

会を率いるジャンピエール氏によると、目下30台が登録されていて、会員の国籍はフランスのみならず、ベルギー、オランダにも及ぶという。

スターカーズ・パッションは、創立からようやく1年だ。ジャンピエール氏は1950年生まれの66歳。リタイア前の職業を聞いてみれば、「映画館の支配人でした」という答えが返ってきた。「これからは“クラブ活動”を楽しむ日々だ」と、うれしそうに教えてくれた。

実はもうひとつ、この催しに協力した団体がある。「フランス映画スタントマン協会」だ。彼らが協力した近年の作品には、リュック・ベッソン監督によるSF映画『ルーシー』があるという。

会長のクリストフ・マルソー氏によると、会員、つまりプロスタントマンの数は194人。目下の悩みは後継者不足だ。「この仕事は、常に鍛錬が必要。若者は、それについていけないんだ」。では、この仕事の喜びは? という筆者の問いに、マルソー氏は「監督の満足げな笑顔に尽きるよ」と、即座に答えてくれた。

「感動」の部にて。『アメリ』で有名なオドレイ・トトゥが出演した2013年の映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』。それに登場する「プジョー404」風リムジン。メーカー所蔵のもの。
「感動」の部にて。『アメリ』で有名なオドレイ・トトゥが出演した2013年の映画『ムード・インディゴ うたかたの日々』。それに登場する「プジョー404」風リムジン。メーカー所蔵のもの。拡大
クラブ「スターカーズ・パッション」のジャンピエール氏。メンバーの持ち物である1981年「デロリアンDMC-12」(1989年の作品『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』に登場)のレプリカとともに。
クラブ「スターカーズ・パッション」のジャンピエール氏。メンバーの持ち物である1981年「デロリアンDMC-12」(1989年の作品『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2』に登場)のレプリカとともに。拡大
「フランス映画スタントマン協会」の皆さん。後方は2013年の映画『REDリターンズ』の撮影に用いられた「シトロエン2CV」。
「フランス映画スタントマン協会」の皆さん。後方は2013年の映画『REDリターンズ』の撮影に用いられた「シトロエン2CV」。拡大

自動車界の有名人も注目

実はこの「自動車と映画」のパビリオンでは、意外な光景を目撃した。ヨーロッパ自動車界にいる意外な有名人が、しっかりと見学していたのだ。

ボクが会ってあいさつしただけでも、カロッツェリア・トゥーリング・スーパーレッジェーラのデザインダイレクターであるルイ・ド・ファブリベッカース氏、そして、イタリア公共テレビRAI2の自動車番組『Tg2モトーリ』のプレゼンターを19年にわたり担当しているマリア・レイトナー氏などがいた。

新型車を追うだけでも時間が足りないプレスデーに、こうしたパビリオンにまで足を運ぶとは。

ファブリベッカース氏は、『卒業』の「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ スパイダー」をつぶさに鑑賞していた。そして、再びボクを発見したときの目は、「あんたも好きねえ」と言っていたかどうかはわからないが、明らかにクルマ好きのそれだった。

モーターショーの中の文化的企画は“真のクルマ好きフィルター”の役目も果たしていたのだった。

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/編集=関 顕也)

「エモーション」の部で。1967年「アルファ・ロメオ・スパイダー デュエット」(1967年の映画『卒業』に登場)。鑑賞しているのはカロッツェリア・トゥーリング・スーパーレッジェーラのL.ド・ファブリベッカース氏。
「エモーション」の部で。1967年「アルファ・ロメオ・スパイダー デュエット」(1967年の映画『卒業』に登場)。鑑賞しているのはカロッツェリア・トゥーリング・スーパーレッジェーラのL.ド・ファブリベッカース氏。拡大
「SF」の部に展示された1977年「シボレー・カマロSS」。2014年の作品『トランスフォーマー/ロストエイジ』で活躍した。
「SF」の部に展示された1977年「シボレー・カマロSS」。2014年の作品『トランスフォーマー/ロストエイジ』で活躍した。拡大
こちらは「カーチェイス」の部。『ブリット』(1968年)に登場した1968年型「フォード・マスタングGT390」と、『爆発! デューク』(1979~1985年テレビシリーズ、2005年映画化)の1969年型「ダッジ・チャージャーR/T“ジェネラル・リー”」。
こちらは「カーチェイス」の部。『ブリット』(1968年)に登場した1968年型「フォード・マスタングGT390」と、『爆発! デューク』(1979~1985年テレビシリーズ、2005年映画化)の1969年型「ダッジ・チャージャーR/T“ジェネラル・リー”」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。