第379回:日本一、GT-Rを販売する男がそこにいる!
日産ハイパフォーマンスセンター・亀戸店に潜入取材した

2016.11.21 エディターから一言
「日産GT-Rプレミアムエディション」
「日産GT-Rプレミアムエディション」拡大

「日産GT-R」はどこで買えるのか知っていますか? 日産のディーラーと答えた方は、ほぼ不正解。実はGT-Rは日産ディーラーの中でも限られた店舗「日産ハイパフォーマンスセンター(NHPC)」でしか購入することができない。われわれ取材班は、そのNHPCの実態を探るべく、日産プリンス東京・亀戸店に(許可を得て)潜入した。

日産プリンス東京・亀戸店は、京葉道路沿いに位置している。大きな「NISSAN」ロゴの右にあるグレーと黒の看板が、ハイパフォーマンスセンターの証し。
日産プリンス東京・亀戸店は、京葉道路沿いに位置している。大きな「NISSAN」ロゴの右にあるグレーと黒の看板が、ハイパフォーマンスセンターの証し。拡大
「日産GT-Rプレミアムエディション」。ボディーカラーはアルティメイトシャイニーオレンジ。日産プリンス東京・亀戸店には2台の試乗車が用意されている。
「日産GT-Rプレミアムエディション」。ボディーカラーはアルティメイトシャイニーオレンジ。日産プリンス東京・亀戸店には2台の試乗車が用意されている。拡大
発売されたばかりの「日産ノートe-POWER」も展示されていた。「GT-R」専門の販売店というわけではなく、通常の日産車も販売されている。
発売されたばかりの「日産ノートe-POWER」も展示されていた。「GT-R」専門の販売店というわけではなく、通常の日産車も販売されている。拡大

日産ディーラー全体のわずか5%未満


NHPCとは、GT-Rの販売・メンテナンスが行える、日産が認定した店舗のことである。2016年11月現在、日本国内に日産ディーラーは約2200店舗あるが、その中でNHPCに認定されているのは166店舗。この中にはメンテナンスのみを行う店舗も含まれており、現在GT-Rを販売可能なのはわずか103店舗に限られる。全体の5%にも満たないエリート店舗なのである。では、どうすればNHPCに認定されるのか。そこには3つのハードルがある。

1つ目は“GT-Rの最新モデルが常設されていること”。展示車のほかに必ず試乗車がなくてはならず、GT-Rのパフォーマンスを体感してみたいというユーザーがいれば、いつでもその声に応えられる態勢になければならない。

2つ目は“GT-Rマイスターが所属していること”。GT-Rマイスターとは、特別なトレーニングを受け、GT-Rの販売を許可された人のことで、日産販売網のセールスマン(日産ではCA=カーライフアドバイザーと呼ぶ)約1万7000人の中に166人しか存在しない。まさにマイスターである。

GT-Rマイスターになるためには、まず研修を受ける必要がある。研修は1週間ほどの泊まり込みで行われ、開発責任者による講義や、開発データの詳細などの座学、試乗などのメニューがある。その後に試験が行われ、合格すれば晴れてマイスターの仲間入りという運びとなる。ただ、イヤーモデル制をとるGT-Rは毎年進化を続けているため、マイスターといえども、知識をアップデートさせ続けなければならない。勉強を怠るとGT-Rの販売資格を喪失してしまうのだという。

3つ目は“高精度なサービス機器が設置されていること”。高精度なアライメントテスターや、車両状態記録装置読み出しツール、窒素ガス充てん装置などが求められ、時にサーキット走行なども行う、GT-Rに最適なメンテナンスを提供できる、整備工場が設置されていることが必要になる。

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R 50th Anniversary(4WD/6AT)【試乗記】 2019.8.29 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」が2020年モデルに進化。2007年のデビュー以来、間断なく続けられてきた改良は、このクルマにどのような価値をもたらしたのか? “GT-R”の誕生50周年を祝う記念モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【海外試乗記】 2019.7.14 試乗記 日本を代表するハイパフォーマンスカー「日産GT-R」の中でも、さらに走りを先鋭化させたモデルが「GT-R NISMO」だ。その2020年型にドイツ・ラウジッツで試乗。劇的な進化を遂げたという最新モデルの出来栄えを、ストリートとトラックの双方で確かめた。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • 第180回:新型コロナ下にクルマを買ふということ 2020.6.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第180回は「新型コロナ下にクルマを買ふということ」。メジャーなブランドが大幅に新車の販売台数を減らすなか、目立った動きを見せたブランドがあった! コロナ後の中古車市場に期待がふくらむ、注目のモデルとは?
ホームへ戻る