第379回:日本一、GT-Rを販売する男がそこにいる!
日産ハイパフォーマンスセンター・亀戸店に潜入取材した

2016.11.21 エディターから一言
「日産GT-Rプレミアムエディション」
「日産GT-Rプレミアムエディション」拡大

「日産GT-R」はどこで買えるのか知っていますか? 日産のディーラーと答えた方は、ほぼ不正解。実はGT-Rは日産ディーラーの中でも限られた店舗「日産ハイパフォーマンスセンター(NHPC)」でしか購入することができない。われわれ取材班は、そのNHPCの実態を探るべく、日産プリンス東京・亀戸店に(許可を得て)潜入した。

日産プリンス東京・亀戸店は、京葉道路沿いに位置している。大きな「NISSAN」ロゴの右にあるグレーと黒の看板が、ハイパフォーマンスセンターの証し。
日産プリンス東京・亀戸店は、京葉道路沿いに位置している。大きな「NISSAN」ロゴの右にあるグレーと黒の看板が、ハイパフォーマンスセンターの証し。拡大
「日産GT-Rプレミアムエディション」。ボディーカラーはアルティメイトシャイニーオレンジ。日産プリンス東京・亀戸店には2台の試乗車が用意されている。
「日産GT-Rプレミアムエディション」。ボディーカラーはアルティメイトシャイニーオレンジ。日産プリンス東京・亀戸店には2台の試乗車が用意されている。拡大
発売されたばかりの「日産ノートe-POWER」も展示されていた。「GT-R」専門の販売店というわけではなく、通常の日産車も販売されている。
発売されたばかりの「日産ノートe-POWER」も展示されていた。「GT-R」専門の販売店というわけではなく、通常の日産車も販売されている。拡大

日産ディーラー全体のわずか5%未満


NHPCとは、GT-Rの販売・メンテナンスが行える、日産が認定した店舗のことである。2016年11月現在、日本国内に日産ディーラーは約2200店舗あるが、その中でNHPCに認定されているのは166店舗。この中にはメンテナンスのみを行う店舗も含まれており、現在GT-Rを販売可能なのはわずか103店舗に限られる。全体の5%にも満たないエリート店舗なのである。では、どうすればNHPCに認定されるのか。そこには3つのハードルがある。

1つ目は“GT-Rの最新モデルが常設されていること”。展示車のほかに必ず試乗車がなくてはならず、GT-Rのパフォーマンスを体感してみたいというユーザーがいれば、いつでもその声に応えられる態勢になければならない。

2つ目は“GT-Rマイスターが所属していること”。GT-Rマイスターとは、特別なトレーニングを受け、GT-Rの販売を許可された人のことで、日産販売網のセールスマン(日産ではCA=カーライフアドバイザーと呼ぶ)約1万7000人の中に166人しか存在しない。まさにマイスターである。

GT-Rマイスターになるためには、まず研修を受ける必要がある。研修は1週間ほどの泊まり込みで行われ、開発責任者による講義や、開発データの詳細などの座学、試乗などのメニューがある。その後に試験が行われ、合格すれば晴れてマイスターの仲間入りという運びとなる。ただ、イヤーモデル制をとるGT-Rは毎年進化を続けているため、マイスターといえども、知識をアップデートさせ続けなければならない。勉強を怠るとGT-Rの販売資格を喪失してしまうのだという。

3つ目は“高精度なサービス機器が設置されていること”。高精度なアライメントテスターや、車両状態記録装置読み出しツール、窒素ガス充てん装置などが求められ、時にサーキット走行なども行う、GT-Rに最適なメンテナンスを提供できる、整備工場が設置されていることが必要になる。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「日産GT-R」と「フェアレディZ」に生誕50周年記念車 2019.4.17 自動車ニュース 日産自動車は2019年4月17日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2020年モデルを発表するとともに、GT-Rと「フェアレディZ」に生誕50周年を記念した特別仕様車「50th Anniversary」をそれぞれ設定し、報道陣にお披露目した。
  • インフィニティQ60 2016.1.12 画像・写真 日産がデトロイトショーで「インフィニティQ60」を発表した。同車は「G37クーペ」(日本名:スカイラインクーペ)の後継モデルで、2リッター直4ターボに加えて新開発の3リッターV6ターボを搭載している。インフィニティの新型クーペの姿を、写真で紹介する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.29 試乗記 踏めば速いことは間違いないが、この「BMW M850i xDriveクーペ」にそうした乗り方はふさわしくない。真に味わうべきはスピードではなく、あふれ出るパワーと最新のテクノロジーがもたらす、ゆるりとした贅沢(ぜいたく)なひとときではないだろうか。
ホームへ戻る