クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第21回:クルマは顔とタイヤが命(その2)

2016.12.13 カーマニア人間国宝への道

唯一のH規格タイヤに決定!

タイヤ選びは難しい。私はレーサー/テストドライバー系ではなく、感性もズボラでタイヤ試乗会に呼ばれることは皆無。タイヤに関しては完全に一ユーザーだ。「自動車雑誌のタイヤ記事は、どれも褒めるばかりでまったく優劣がわからない」と思っている。本当に本物の一読者なので。

私は太平洋側在住なので、スタッドレス選びの際、アイスバーン性能は重視せずドライ性能を最重視する。たまの雪と年に1~2回の雪国遠征をクリアできれば善し。その上で、年中履きっぱなしにできる耐摩耗性の高いスタッドレスはどれなのか!?

マリオ高野が夏季6カ月テストをやった「ダンロップ・ウインターマックス」なら無難だろう。しかしそれでは二番煎じになる。
私はWeb上で血眼になってスタッドレス情報を収集した。そして一ユーザーとして、ひとつの事実に突き当たった。

「唯一、H規格のスタッドレスがある」

H規格とは、平たんな舗装路で210km/hまで走行可能ということ。他のスタッドレスの多くはQ規格(160km/hまで)だが、唯一のH規格!

カーマニアとしてはこれを選ぶべきだろう!! 我が「デルタ」が210km/h出るかどうか知らないが。

「タイヤに関しては完全に一ユーザー」と言い切る筆者。(写真=池之平昌信)
「タイヤに関しては完全に一ユーザー」と言い切る筆者。(写真=池之平昌信)拡大
マリオ高野氏が夏季テストを行った「ダンロップ・ウィンターマックス」。(写真=池之平昌信)
マリオ高野氏が夏季テストを行った「ダンロップ・ウィンターマックス」。(写真=池之平昌信)拡大

組み替え人生にサヨナラ

ホイールはもちろん純正を使う。スペアホイールはない背水の陣だ。正規輸入さえされていないおクルマだけに、スタッドレス用の激安ホイールなどホイホイと見つかるはずもないが。

私はこの問題に長年悩まされてきた。「シトロエン・エグザンティア ブレーク」では、「ホイール高いからなぁ」と購入を先延ばしし、毎年タイヤを組み替えていたら7シーズンも過ぎてしまった。「組み替え代でホイール買えたかも。クッソー!」と思ったが後の祭りだ。

逆に「サーブ900」の時は、ヤフオクでそこそこ安いホイールが手に入ったが、1シーズンしか使わずに買い替えてしまった。「シトロエンC5」では再び組み替え人生に戻ったが、1シーズンのみだったのでラッキーだった。
とにかく、マニアックな輸入車に乗る者にとって、スタッドレス用のスペアホイールは頭の痛い問題だ。しかし一年中スタッドレスを履き続ければ、これに頭を悩ます必要もない。なんて合理的なんだろう!

ということで、純正ホイールに唯一のH規格スタッドレスを組むことに決定。その名は「ミシュランX-ICE XI3」だ。

ミシュランのスタッドレスはそれなりにお値段が張るので、なるべく安い店でと再びWebで検索し、比較的近所のFujiコーポレーションへ出撃。マッチが宣伝していたのでたぶんいい店だろう。安易でスマヌ。

筆者が以前所有していた「シトロエン・エグザンティア ブレーク」。
筆者が以前所有していた「シトロエン・エグザンティア ブレーク」。拡大
「サーブ900」
「サーブ900」拡大
「シトロエンC5」
「シトロエンC5」拡大
「ミシュランX-ICE XI3」は、唯一のH規格スタッドレスタイヤ。
「ミシュランX-ICE XI3」は、唯一のH規格スタッドレスタイヤ。拡大

スタッドレスはここまできたか!

12月のタイヤショップ大混雑の中なんとか目的のタイヤをゲットし、走り始めてのファーストインプレッションは「しっかりしすぎてる……」だった。つまり、かつてのスタッドレス的なフニャッとしたフィーリングは皆無で、硬めのサマータイヤみたい。デルタの乗り心地は硬いままでちょっとガッカリ。

ただしトレッドはサイプが多いため、もともと超絶軽すぎるデルタのパワステはますます軽くなり、中立付近でのステアリングインフォメーションはほとんど消失した。

「これは失敗したかもしれない……」

そう思ったが後の祭り。こんなお高いタイヤ(約10万円)を買ったのだから、最後まで使い切ってやる!

あれから約1年間でデルタは1万2000kmほど走破した。雪国へ出撃したのは1回だけ。アイスバーンでは多少ズリッときたが特に問題なくクリアした。

ドライ&ウエット路面では、ステアリングインフォメーションを除いてサマータイヤと性能的になんら変わりないと感じる。さすが210km/h出しても大丈夫なタイヤ! これに関しては本当にすごい! 首都高C2品川線の高速コーナーでは無敵のコーナリング速度を誇る。スタッドレスはここまで来たか!

で、1年間での摩耗は前輪1mm、後輪判定不能。前後ローテーションで4年5万kmは軽くイケそうだ。「現在のスタッドレスは、オールシーズンタイヤとして十分使える」という確信はますます固いものになった。

カーマニアは基本的に保守的だ。「夏スタッドレスで走ると危険」「1年でダメになる」と信じている人もまだ多い。しかし現実には、技術はすでに常識を越えている。私とてフェラーリにスタッドレスを履かせようとは思いませんが!

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

愛車の「ランチア・デルタ」に「ミシュランX-ICE XI3」を装着。ドライ路面のフィーリングはほとんどサマータイヤだった!(写真=池之平昌信)
 
愛車の「ランチア・デルタ」に「ミシュランX-ICE XI3」を装着。ドライ路面のフィーリングはほとんどサマータイヤだった!(写真=池之平昌信)
	 拡大
東京で不意の大雪に襲われても、年中スタッドレスなら余裕。
東京で不意の大雪に襲われても、年中スタッドレスなら余裕。拡大
女神湖に出撃した「デルタ」。雪道は「まあフツーにクリア」。
女神湖に出撃した「デルタ」。雪道は「まあフツーにクリア」。拡大
朝は零下13度。エンジン始動に若干苦労した。
 
朝は零下13度。エンジン始動に若干苦労した。
	 拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。