クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第22回:命名“スーパー節約号”

2016.12.20 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

超絶最高! ランチア・デルタ

ダラダラ寄り道を繰り返しているうちに、購入から早くも丸1年たってしまった欧州のオシャレ牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。実は私、この1年の間に他にクルマを2台も買ってしまっておるのですが、とにかくデルタの話に決着をつけにゃいかんので、書き切らせていただきます。

で、ぶっちゃけこのクルマ、どうなのか?

超絶最高です……。

いろいろ欠点はあるけど最高なんですよ! なぜって、カーマニアである私が乗るために生まれてきたようなクルマだから!

個性的過ぎて軽い吐き気すら催す特異なフォルムや、没落貴族的なインテリアには、いまだに見るたびに陶酔のため息が出る。人もクルマも見た目が9割ですネ!

しかも超レア。買って最初にデルタでお台場・潮風公園(クルマ撮影のメッカ)に入った時、撮影中だった自動車メディア関係者が全員「あれはなんだ?」という目でこっちを見た!

彼らはフェラーリやランボルギーニが入ってきたって、一瞥(いちべつ)しかしない。でも我がデルタには全員が振り返った! あの時の「勝った!」という感覚。これはカーマニアでなければわからないでしょう。
その中のひとりに聞いたところ、「『イプシロン』かな? って思ってよく見たらデルタでビックリしました」とのこと。マニアでもよく見ないとわかんないってのが勝利なんだよ!!

写真に深い意味はないが、「ランチア・デルタ」の話に決着ということで。(写真=池之平昌信)
写真に深い意味はないが、「ランチア・デルタ」の話に決着ということで。(写真=池之平昌信)拡大
筆者の自宅ガレージ。手前に「デルタ」、奥に「フェラーリ458イタリア」が収まる。
筆者の自宅ガレージ。手前に「デルタ」、奥に「フェラーリ458イタリア」が収まる。拡大
筆者が購入時から安っぽいと感じていた「ランチア・デルタ」のダッシュボードセンター。
筆者が購入時から安っぽいと感じていた「ランチア・デルタ」のダッシュボードセンター。拡大
シルバー樹脂の部分をプロにピアノブラックに塗装してもらって、高級感アップ!
シルバー樹脂の部分をプロにピアノブラックに塗装してもらって、高級感アップ!拡大

変態性カーマニアにドンピシャ

8年前に我がカーライフにジャイアント・インパクトをもたらした「フォード・フォーカス1.6ディーゼル」(欧州で乗ったレンタカー)と同じ、1600ccディーゼルエンジンを搭載しているのも超ストライクだ。これが2リッターディーゼルだと、全域でトルクに余裕があるけれど、1.6だと微妙に余裕がない。その分ドライバーがちょっとだけ頑張らないといけない。そこがいいのです! 頼られてるみたいで。

変速のたびに軽くガックンとなる、シングルクラッチのセミAT(セレクトロニック)も最高にイイ。一般的には評判の悪いロボタイズドMTだが、私のような変態性カーマニアにはドンピシャだった。

なにしろ多少手をかけてやらないと思い通りにならないのがいい。ほら、MTなら思い通りにできるでしょ? 逆によくできたAT、トルコンやDCTだと、思う必要もなくミッションが勝手にうまくやってくれる。「フェラーリ458イタリア」のDCTなんざ、こっちの想像をはるかに超えた最適すぎる変速をかます。もはや靴を舐(な)めるのみですよ! 服従の快楽。

でも、ロボタイズドMTはそうはいかない。これはフィアット系のセレスピードやデュアロジックに共通して言えることだけど、なんかちょっとイラッとするじゃないですか! それって恋愛に似てないか?

思い通りにならない。だからこそ相手にいろいろ思いを巡らせて、うまく合わせて愛し合う。そこにヨロコビがある! 全部思い通りになったら恋愛じゃない!!

フロントグリルのクロームメッキが重ったるく感じたので……。
フロントグリルのクロームメッキが重ったるく感じたので……。拡大
“剥がせるスプレー塗装剤”で、筆者自らガンメタに塗装。グリルを外して塗りたかったものの、面倒そうだったので、そのまま養生してズドンとトライ。
 
“剥がせるスプレー塗装剤”で、筆者自らガンメタに塗装。グリルを外して塗りたかったものの、面倒そうだったので、そのまま養生してズドンとトライ。
	 拡大
塗装後。よく見りゃハゲチョロだらけながら、離れて見ればシブい仕上がり。
塗装後。よく見りゃハゲチョロだらけながら、離れて見ればシブい仕上がり。拡大
走りの見た目も精悍に!
走りの見た目も精悍に!拡大
筆者の愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)拡大

命名“スーパー節約号”

具体的には、まずノーマルモードとE(エコノミー)モードの使い分け。ノーマルモードだと通常2400rpmくらいまで引っ張るけど、減速時の自動シフトダウンも早いので、街中だとショックがちょっと気になる。気になる時は、前方信号が赤になるたびにNに入れる。そういった小さな操作に小さなヨロコビがある。

Eモードで走ってもショックは軽減されるが、2000rpmでほぼ強制シフトアップなので、発進加速が超トロくなる。「ワゴンR」とかにも軽く置いて行かれる。「ああ~、軽に負ける~~~」っていう焦り。あるいは「軽って速いな!」という驚き(笑)が、カーマニアとしてまたジワジワうれしい。初体験なので。

高速巡航は実に甘美だ。2000~2500rpmあたりの、ディーゼルの一番おいしいゾーンを使ってゆっくり流しつつ、ほんのちょっとアクセルを踏み増した時の軽~い加速感。最小のエネルギーで最大の仕事をやってる感じがたまりません! フェラーリエンジンを9000rpmまでブチ回してるだけがカーマニアじゃない! クルマにはこういう繊細な、重箱の隅をつつきまくる快楽もある。

燃費はこれまでの平均で約17km/リッター。軽油ってリッター100円切ってるでしょ? もうタダみたいなもんですよ! しかもワンタンク800kmくらい走るんだから。ほとんど永久機関。ゆっくり流しても5.3km/リッターしか走らない458イタリアとは最強のタッグだ。組み合わせも最高なのですね。

私はこのデルタを、“スーパー節約号”と命名しました。ただの節約を超えた、スーパーなマニアックさに満ちているのです。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

 


 

 

「ランチア・デルタ」の1.6マルチジェットエンジン。
「ランチア・デルタ」の1.6マルチジェットエンジン。拡大
「デルタ」の燃費はこれまでの平均で約17km/リッター。
「デルタ」の燃費はこれまでの平均で約17km/リッター。拡大
「フェラーリ458イタリア」の燃費は、ゆっくり流しても5.3km/リッター。
「フェラーリ458イタリア」の燃費は、ゆっくり流しても5.3km/リッター。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。