クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第389回:ブレーキペダルはもう不要!?
「日産ノートe-POWER」で、ワンペダルジムカーナに挑戦

2016.12.29 エディターから一言

競技に使用された「日産ノートe-POWER X」。モーターは最高出力109ps、最大トルク25.9kgmを発生し、JC08モード燃費は34.0km/リッターを達成している。


	競技に使用された「日産ノートe-POWER X」。モーターは最高出力109ps、最大トルク25.9kgmを発生し、JC08モード燃費は34.0km/リッターを達成している。
	拡大

2016年12月21日、神奈川県の大磯ロングビーチで、「日産ノートe-POWER」を使用して、アクセルペダルのオン/オフだけで(なるべく)走行する「ワンペダルジムカーナ試乗会」が開催された。実生活ではPHEVを愛用し、“回生ブレーキの使い手”としては有段レベルにあるはずの筆者がこれに挑戦。果たしてその結果は!?

参加者の面々。競技は2日間にわたって開催され、全部で41人が参加した。
参加者の面々。競技は2日間にわたって開催され、全部で41人が参加した。拡大
快晴に恵まれたジムカーナコース。クルマがあるところがスタート地点で、コース上にはクランク、スラローム、8の字ターンなどが設けられている。
快晴に恵まれたジムカーナコース。クルマがあるところがスタート地点で、コース上にはクランク、スラローム、8の字ターンなどが設けられている。拡大
ジムカーナには使用されなかったが、発表されたばかりの「ノートe-POWER NISMO」にも短時間だけ試乗することができた。不思議なことにベースモデルよりも乗り心地がよく感じられた。
ジムカーナには使用されなかったが、発表されたばかりの「ノートe-POWER NISMO」にも短時間だけ試乗することができた。不思議なことにベースモデルよりも乗り心地がよく感じられた。拡大
日産の広報氏に、なぜ「ノートe-POWER NISMO」でジムカーナをしないのかという質問をぶつけると、「台数が確保できなかったので……」という単純かつ明快な答えが。
日産の広報氏に、なぜ「ノートe-POWER NISMO」でジムカーナをしないのかという質問をぶつけると、「台数が確保できなかったので……」という単純かつ明快な答えが。拡大

アクセルオフで停止まで

正直、ここまでウケるとは思っていなかった。2016年11月にシリーズハイブリッドの新パワートレイン「e-POWER」が追加になった日産ノートが、いきなりその月に国内販売台数ナンバーワンを獲得! この快挙以上に衝撃的だったのは、日産の国内月間販売ナンバーワンが1986年9月の“トラッドサニー”以来、実に30年ぶりということ。86年当時の私は社会人1年目の真面目な(!?)サラリーマンで、オフィスがあった「サンシャイン60」に入っていた日産ギャラリーをほぼ毎日のようにのぞいていたのを思い出す。

昔話はさておき、ノートのナンバーワンに大きく貢献したのがe-POWERで、事実、「e-POWER X」と「e-POWER メダリスト」だけで、受注の7割以上を占めているそうだ。1.2リッターエンジンを発電のためだけに動かし、それで得られた電気を使ってモーターで走るe-POWERは電気自動車(EV)とは別モノだが、モーター駆動ならではのスムーズで力強い加速や34.0km/リッターというカタログ燃費が輝いて見える人が多かった……ということなのだろう。

そんなノートe-POWERの特徴のひとつが、強力な回生ブレーキを活用した“ワンペダルドライブ”。日産では「e-POWER Drive」と呼んでいるが、これを使うとアクセルペダルひとつで加速はもちろん、減速もできてしまうのだ。ノートe-POWERで走行モードを「S」または「ECO」を選んだ場合に、アクセルペダルを戻すと強く減速するようになり、最終的にはクルマを停止することも可能だ。もちろん、状況にあわせてフットブレーキを併用する必要はあるが、このワンペダルドライブによりアクセルとブレーキの踏み換えが7割減るといい、慣れるとそのぶん運転が楽になるというのは、実際にPHEVオーナーである私も実感している。

フットブレーキを使ったら5秒のペナルティー

このワンペダルドライブを“ジムカーナ”に取り入れてタイムを競ってみようという試乗イベントに、webCG編集部が参加した。場所は神奈川県の「大磯ロングビーチ」の駐車場。広大なスペースを誇るこの駐車場は、プールのシーズンが終わると、さまざまなクルマのイベントが行われることで知られている。今回は、この駐車場にパイロンでジムカーナコースをつくり、ノートe-POWERでタイムトライアルを行う。

各ドライバーのベストタイムで順位を決めるというのは通常のタイムトライアルと同じなのだが、今回は「ワンペダルジムカーナ試乗会」ということでユニークなルールが追加されている。それはフットブレーキを踏んだら走行タイムに5秒加算というペナルティーが科されるというもの。コースには細いクランクやスラローム、8の字ターンなどがあり、スピードが速すぎるとパイロンにタッチしたり、ミスコースをしたりする恐れがある。それもペナルティーの対象になるので、アクセルペダルの操作で、いかに上手に加減速をするかが勝負の決め手になるのだ。

ちなみに、ノートe-POWERでは、フットブレーキを踏んだときはもちろんのこと、アクセルペダルを離して回生ブレーキが利くときにも、ブレーキランプが点灯する。そこで、試乗車にはフットブレーキを踏んだときにはルーフに置かれた青いパトライトが点灯するよう細工が施されていた。

写真のようなコーナリング姿勢も、回生ブレーキのみでつくり出すことができる。
写真のようなコーナリング姿勢も、回生ブレーキのみでつくり出すことができる。拡大
ルーフの上のパトライトが、フットブレーキの使用を知らせるサイン。ちなみにハンドブレーキは紳士協定(?)により使用しないことになっていた。
ルーフの上のパトライトが、フットブレーキの使用を知らせるサイン。ちなみにハンドブレーキは紳士協定(?)により使用しないことになっていた。拡大
試乗車にはインテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付きスマートルームミラーが装着されていた。ジムカーナには(通常は)使用しないが、車両後方の映像を常時映したり、駐車時には車両周囲の映像を映したりできる。
試乗車にはインテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付きスマートルームミラーが装着されていた。ジムカーナには(通常は)使用しないが、車両後方の映像を常時映したり、駐車時には車両周囲の映像を映したりできる。拡大

鬼門は停止位置のコントロール

最大の難関はゴール。タイム計測ラインの先、クルマ1台分ほど奥に完全停止ラインが設けられていて、この停止ラインを越えないようにクルマを止めなければならないのだ。停止ラインを越えると50cmにつき2秒のペナルティーとなり、かといってフットブレーキを使えば5秒のペナルティーが待っているから、どこまでアクセルペダルを踏み続け、どこでアクセルペダルを離すかがポイントである。

そのタイミングを探るべく、走行モードのSを選び、早速、練習走行を開始! 途中のクランクでは、アクセルオフにより強い減速が得られるのでブレーキペダルを踏まなくてもなんとかスピードコントロールが可能。しかし、コースの最後、完全停止ラインでは2mほどオーバーラン。もっと早めにアクセルペダルから足を放さないと……。そう思いながら挑んだ2回目の練習走行では、タイム計測ラインの手前でクルマが止まりそうになり、あわててアクセルペダルを踏むことに。そして3回目は完全停止ライン前で停止したが、それは運が良かっただけで、5回練習したが、結局タイミングをつかむことができなかった。

そしていよいよ本番。1本目は慎重に走り、練習のベストタイムより3秒以上の遅れ。しかも、ゴールも慎重すぎで、またもやゴール手前でクルマが止まりそうになる。それでもペナルティーなしで1本目を終えることができた。そこで2本目は少しペースを上げるのだが、途中でパイロンにタッチするは、うまく止められないはで、タイムアップにはほど遠い。そんなことだから、私のタイムはランキング後半に沈んでしまったが、ワンペダルドライブの醍醐味(だいごみ)は存分に味わうことができた。

このワンペダルドライブ、うまく使えば燃費向上にも効果的なはずなので、ぜひとも次回は燃費を競う試乗イベントを計画してほしいものだ。最近はエコランが得意になってきたので、そのときは絶対にリベンジするから(笑)。

(文=生方 聡/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)
 

最難関となるゴール付近。緑のパイロンと赤いパイロンの間で車両を停止させなければならず、通過してしまうと、50cmにつき2秒のペナルティータイムが科されてしまう。
最難関となるゴール付近。緑のパイロンと赤いパイロンの間で車両を停止させなければならず、通過してしまうと、50cmにつき2秒のペナルティータイムが科されてしまう。拡大
フットブレーキを使えないもどかしさはあるが、そのぶん、クランクなどをうまく抜けられたときの喜びもひとしおだ。
フットブレーキを使えないもどかしさはあるが、そのぶん、クランクなどをうまく抜けられたときの喜びもひとしおだ。拡大
競技終了後には、「ノートe-POWER」の開発陣や、日産の広報氏によるデモラン(?)も行われたのだが、いいところを見せようとしすぎたのか、激しくパイロンをなぎ倒し、会場が爆笑に包まれるという結果となった。
競技終了後には、「ノートe-POWER」の開発陣や、日産の広報氏によるデモラン(?)も行われたのだが、いいところを見せようとしすぎたのか、激しくパイロンをなぎ倒し、会場が爆笑に包まれるという結果となった。拡大
後日、日産の試乗会事務局から送られてきた総合結果によると、筆者の順位は41人中27位だった。
後日、日産の試乗会事務局から送られてきた総合結果によると、筆者の順位は41人中27位だった。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 ノート の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。