第389回:ブレーキペダルはもう不要!?
「日産ノートe-POWER」で、ワンペダルジムカーナに挑戦

2016.12.29 エディターから一言

競技に使用された「日産ノートe-POWER X」。モーターは最高出力109ps、最大トルク25.9kgmを発生し、JC08モード燃費は34.0km/リッターを達成している。


	競技に使用された「日産ノートe-POWER X」。モーターは最高出力109ps、最大トルク25.9kgmを発生し、JC08モード燃費は34.0km/リッターを達成している。
	拡大

2016年12月21日、神奈川県の大磯ロングビーチで、「日産ノートe-POWER」を使用して、アクセルペダルのオン/オフだけで(なるべく)走行する「ワンペダルジムカーナ試乗会」が開催された。実生活ではPHEVを愛用し、“回生ブレーキの使い手”としては有段レベルにあるはずの筆者がこれに挑戦。果たしてその結果は!?

参加者の面々。競技は2日間にわたって開催され、全部で41人が参加した。
参加者の面々。競技は2日間にわたって開催され、全部で41人が参加した。拡大
快晴に恵まれたジムカーナコース。クルマがあるところがスタート地点で、コース上にはクランク、スラローム、8の字ターンなどが設けられている。
快晴に恵まれたジムカーナコース。クルマがあるところがスタート地点で、コース上にはクランク、スラローム、8の字ターンなどが設けられている。拡大
ジムカーナには使用されなかったが、発表されたばかりの「ノートe-POWER NISMO」にも短時間だけ試乗することができた。不思議なことにベースモデルよりも乗り心地がよく感じられた。
ジムカーナには使用されなかったが、発表されたばかりの「ノートe-POWER NISMO」にも短時間だけ試乗することができた。不思議なことにベースモデルよりも乗り心地がよく感じられた。拡大
日産の広報氏に、なぜ「ノートe-POWER NISMO」でジムカーナをしないのかという質問をぶつけると、「台数が確保できなかったので……」という単純かつ明快な答えが。
日産の広報氏に、なぜ「ノートe-POWER NISMO」でジムカーナをしないのかという質問をぶつけると、「台数が確保できなかったので……」という単純かつ明快な答えが。拡大

アクセルオフで停止まで

正直、ここまでウケるとは思っていなかった。2016年11月にシリーズハイブリッドの新パワートレイン「e-POWER」が追加になった日産ノートが、いきなりその月に国内販売台数ナンバーワンを獲得! この快挙以上に衝撃的だったのは、日産の国内月間販売ナンバーワンが1986年9月の“トラッドサニー”以来、実に30年ぶりということ。86年当時の私は社会人1年目の真面目な(!?)サラリーマンで、オフィスがあった「サンシャイン60」に入っていた日産ギャラリーをほぼ毎日のようにのぞいていたのを思い出す。

昔話はさておき、ノートのナンバーワンに大きく貢献したのがe-POWERで、事実、「e-POWER X」と「e-POWER メダリスト」だけで、受注の7割以上を占めているそうだ。1.2リッターエンジンを発電のためだけに動かし、それで得られた電気を使ってモーターで走るe-POWERは電気自動車(EV)とは別モノだが、モーター駆動ならではのスムーズで力強い加速や34.0km/リッターというカタログ燃費が輝いて見える人が多かった……ということなのだろう。

そんなノートe-POWERの特徴のひとつが、強力な回生ブレーキを活用した“ワンペダルドライブ”。日産では「e-POWER Drive」と呼んでいるが、これを使うとアクセルペダルひとつで加速はもちろん、減速もできてしまうのだ。ノートe-POWERで走行モードを「S」または「ECO」を選んだ場合に、アクセルペダルを戻すと強く減速するようになり、最終的にはクルマを停止することも可能だ。もちろん、状況にあわせてフットブレーキを併用する必要はあるが、このワンペダルドライブによりアクセルとブレーキの踏み換えが7割減るといい、慣れるとそのぶん運転が楽になるというのは、実際にPHEVオーナーである私も実感している。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO S(FF)【試乗記】 2018.9.27 試乗記 2017年に登場した、ニスモの名を冠する「日産ノートe-POWER NISMO」。そのハイパワーバージョンとして「e-POWER NISMO S」が追加された。ガソリンエンジンモデルの「ノートNISMO」(98ps)と「ノートNISMO S」(140ps)の関係と同様に、末尾にある「S」の文字がハイパワーバージョンの証しとなる。
  • 新型ガソリンエンジン搭載の「プジョー308」発売 2019.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月7日、新型1.2リッターガソリンエンジンと8段ATを採用した「プジョー308」を発売した。搭載される新型1.2リッター直3ガソリンエンジンは、2020年に施行される欧州環境規制ユーロ6.2に対応している。
  • 「プジョー208GTライン」が特別仕様車「ブラックパック」として復活 2019.4.8 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年4月8日、コンパクトカー「208」にスポーティーグレード「GTライン」を復活させ、特別仕様車「Black Pack(ブラックパック)」として設定。同日に販売を開始した。
ホームへ戻る