第1回:編集部に「CTS」がやって来た
「キャデラックCTSセダン」がある日常をリポート

2017.02.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
「CTS」はキャデラックのミドルサイズセダン。下に「ATS」、上には「CT6」がラインナップされる。
「CTS」はキャデラックのミドルサイズセダン。下に「ATS」、上には「CT6」がラインナップされる。拡大

いつもの試乗記より長い時間、じっくりとテストして、そのクルマと過ごす毎日を、さまざまな角度からリポートするのがwebCGの名物(?)企画「日常劇場」。今回から約2カ月間、「キャデラックCTSセダン プレミアム」がある日常を報告する。webCG CTSを、どうぞよろしく!

ボディーのスリーサイズは4970×1840×1465mm。もっと引き締まって見えるかもしれないが、実は全長5m級の堂々たるセダンである。
ボディーのスリーサイズは4970×1840×1465mm。もっと引き締まって見えるかもしれないが、実は全長5m級の堂々たるセダンである。拡大
エンジンは「ATSセダン」にも搭載される2リッター直4ターボ。276ps、40.8kgmというスペックもATSと同じ。
エンジンは「ATSセダン」にも搭載される2リッター直4ターボ。276ps、40.8kgmというスペックもATSと同じ。拡大
ベージュ、正確にはライトカシミア/ミディアムカシミアアクセントと呼ばれる色合いのインテリアは明るく優雅。
ベージュ、正確にはライトカシミア/ミディアムカシミアアクセントと呼ばれる色合いのインテリアは明るく優雅。拡大
Apple CarPlay(写真)と8段ATを搭載する現行モデルが登場したのは2015年12月のこと。翌2016年の1月に発売された。
Apple CarPlay(写真)と8段ATを搭載する現行モデルが登場したのは2015年12月のこと。翌2016年の1月に発売された。拡大

276psの2リッター直4ターボを搭載

クリスタルホワイトトゥリコート(tricoat)と呼ばれる、パールホワイト系のしゃれたボディーカラーをまとったCTSセダンが編集部にやって来たのは2月上旬のことだった。ベージュのトリムに、ダークなウッドのパネルを合わせたインテリアは明るく、同時にフェミニンな繊細さや優雅さも漂う。アメリカンラグジュアリーに柔と剛の側面があるとすれば、この色彩がもたらすイメージは明らかに柔だろう。webCGの“野郎ども”が執筆する「日常劇場」でこの世界観がどこまで表現できるか、ちょっと心配になってしまった筆者であった。

さて、これから約2カ月間リポートしていくCTSには、この体格にして意外や2リッターガソリン直4ターボという“つつましやか”なエンジンが搭載されている。最高出力は276psで最大トルクは40.8kgm。これに今やキャデラックのスタンダードとなった8段ATが連なる。駆動方式は4WDである。

CTSのトランスミッションが従来の6段から8段に変更されたのは2015年12月のことだ。これと同じタイミングでApple CarPlayも標準搭載された。Apple CarPlayが何であるか、いまさら説明は必要ないかもしれないが、念のために簡単に説明すれば、iPhoneが持つ各機能を車内モニターに直接表示させることができるスマートフォンインターフェイスのことである。Siriと呼ばれる音声コマンドを用いてハンズフリーで(もちろん日本語で)操作できる。

そんなCTSセダン プレミアムの車両価格は790万円。われわれのリポート車には18万8400円分のオプション(有償ペイントとフロアマット)が付いているので、車両総額は808万8400円となる。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク ファーストエディションP250【試乗記】 2019.8.7 試乗記 2代目に進化したランドローバーのコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」。そのスタイルはキープコンセプトだが、中身は新型プラットフォームの採用により刷新されているという。導入記念モデル「ファーストエディションP250」を軽井沢に連れ出し、実力を確かめてみた。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • アウディQ8 55 TFSIクワトロ デビューパッケージSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.16 試乗記 アウディのSUVファミリーに、新たなフラッグシップモデル「Q8」が登場。大きくてスタイリッシュな“SUVクーペ”は、カッコだけの高級車なのか、それとも……? その走りっぷりをチェックした。
  • メルセデス・ベンツB180(FF/7AT)【試乗記】 2019.8.9 試乗記 「メルセデス・ベンツBクラス」が全面改良によって3代目に進化。乗り出し価格で500万円オーバーとなるCセグメントモデルの出来栄えとは? ラインナップされるガソリンとディーゼルのパワーユニットのうち、まずはデリバリーが始まったガソリンモデル「B180」をチェックする。
ホームへ戻る