第5回:HOTでCOOLな「CTS-V」がわが家にやってきた!
649psのスーパーセダンの週末性能を探る

2017.03.17 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
「キャデラックCTS-V」のファミリーカーとしての実力やいかに?
「キャデラックCTS-V」のファミリーカーとしての実力やいかに?拡大

キャデラックCTSセダン」がある日常を報告する当連載。今回の主役は649psを誇る「CTS-V」である。わがwebCGでメディアマーケティングを担当するSAG氏は40代で2児の父。ある週末、SAG氏はこのスーパーセダンで帰宅し、家族と週末ドライブに出掛けた。家族のCTS-Vに対する反応は? CTS-Vの“週末性能”を探る!

ボディーサイズは5040×1870×1465mm。かなり大柄だ。
ボディーサイズは5040×1870×1465mm。かなり大柄だ。拡大
ファミリードライブに出る前に、まずは1人でその走りを堪能する。
ファミリードライブに出る前に、まずは1人でその走りを堪能する。拡大
息子はCTS-Vをひと目見て「スーパーカーだ!」と興奮気味。
息子はCTS-Vをひと目見て「スーパーカーだ!」と興奮気味。拡大
「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」のグリップ力には感動を覚えた。
「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」のグリップ力には感動を覚えた。拡大
ドライブの目的地はお台場に決定。
ドライブの目的地はお台場に決定。拡大

キャデラック=エスカレード?

事前に編集スタッフから「このクルマは新幹線より速いぞ」などと脅かされていた私だが、いざCTS-Vとご対面した時の印象は超COOL! しかし、同時にこのクルマを乗りこなせるのか、という深刻な不安にかられていた。翌日、家族とCTS-Vで週末ドライブに出掛ける。果たして、みんなはどんな反応を見せるのだろうか。

ドライブ当日、午前中は娘の習い事があったため、出発は午後となった。しかし私は朝早く起きて、まずはCTS-Vを堪能すべく1人で出掛けた。走りを楽しむ前に、まずはこの感動を誰かと共有したい。そう思った私は、まずはクルマ好きの父のことを思い出したが、ちょうど温泉に行っていたために訪問を断念。そこで義理の弟に見せようと、妹家族の家に向かった。

家に着くやいなや、エンジン音に興奮して義理の弟が妹と娘2人を連れて外に出てきた。最初のひとことは「キャデラックのイメージと違う!」であった。どうやら、弟の中では「キャデラック=エスカレード」というイメージが強かったらしい。セダンの存在に驚いていた。

私はクルマの業界に身を置いているから、キャデラックにセダンがあるなんてことは当たり前に思っている。しかし、実際は義理の弟のようなイメージを持っている人は少なくないのかもしれない。

そして、妹の娘が後席に乗って私に質問してきた。
「このクルマ広いね! どんな人が乗るの? お金持ち? ちゃらい人?」
ちゃらい人……。私はこの時、何も答えられなかった。

お披露目の後は、走りを楽しむために1人で首都高へ。走っていて強く感じたのは、ボディー剛性がしっかりとしてて、軸がぶれないということ。そのためか直進時の安定感は申し分なく、さらにコーナリングも気持ちよく、楽しかった。

クルマによってはコーナリングで少し不安を覚えることもあるが、CTS-Vは一切不安を感じなかった。またタイヤが「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」ということもあって、グリップ力にも感動を覚えた。前からこのタイヤを試したいと思っていたが、まさかこんな形で試乗できるなんて、うれしい限りである。

→CTS-Vの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
ホームへ戻る