第2回:ローディー meets CTS
電動化のカッコよさについて考えてみた

2017.02.24 キャデラックCTSセダン日常劇場<PR>
今回は、「キャデラックCTS」を通して電動化の意義を考えてみた。(写真=小河原認)
今回は、「キャデラックCTS」を通して電動化の意義を考えてみた。(写真=小河原認)拡大

webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)である折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。

いつものロードバイクと「キャデラックCTS」。出発前のスナップショット。
いつものロードバイクと「キャデラックCTS」。出発前のスナップショット。拡大
後輪の変速機。黒い“ひも”のようなものは、電気信号を伝えるためのケーブルである。
後輪の変速機。黒い“ひも”のようなものは、電気信号を伝えるためのケーブルである。拡大
ダッシュボードのオープンボタンはディスプレイの右側に並ぶスイッチ類の、一番上に位置している。
ダッシュボードのオープンボタンはディスプレイの右側に並ぶスイッチ類の、一番上に位置している。拡大

ダッシュボードすら“電気仕掛け”

世のローディー以外にはまったく興味がないことであろうが、私のロードバイクの変速機は電動である。かなりの投資額なので、当然のことながら嫁には秘密である。電動といっても、上り坂でペダルを漕(こ)ぐのがラクになる、いわゆる電動アシストの類いではない。普通はワイヤを介して手動でガチャコンと変速するところを、電気モーターの力で行うというシロモノなのだ。

変速機を電動化する一番の理由は、厳しいレースの最中、握力がなくなるなどした場合の変速ミスを防ぐためである。変速ミスはすなわち、敗北を意味する。ただし断っておきたいのは、私はそんな厳しいレースには出ない。全然出ない。電動なのはただかっこいいからである。

さて、CTSの話であるが、乗り込んですぐに非常に困った。ETCカードを入れようにも、グローブボックスを開けるノブが見当たらないのだ。早速編集部に電話し、操作方法を聞く。編集部ワタナベに冷ややかに、「それ、電動だから。ナビの横にタッチパネルあるでしょ」と教えられる。

なんと、ここまでラグジュアリーなクルマになるとグローブボックスを開けるのすら電動なのである。これを電動にする意味あるのか? と突っ込んでみるが、これが壮大な「お前が言うな」であることは上述のとおり。そして、ハイテクマシンとして認知した結果、急に電動変速機に対するそれと似た高揚感で、無意味にグローブボックスをもう一度開けたのであった。

→New CTSセダンの詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCT6プラチナム(4WD/10AT)【試乗記】 2019.8.1 試乗記 1960年代から洋楽の歌詞に登場し、かの地の若者の心情を代弁してきたキャデラック。最上級セダン「CT6」のオーディオで懐かしのロックを鳴らし、ドイツ車にも日本車にもまねできない、アメリカンラグジュアリーならではの贅沢(ぜいたく)に浸った。
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • キャデラックXT6ナイトクルーズエディション(4WD/9AT)【試乗記】 2020.4.21 試乗記 アメリカが誇るプレミアムブランド、キャデラックに、3列シートの大型SUV「XT6」が登場。最新の高級モデルにふさわしいハイテク装備と、往年のアメリカ車を思わせるやさしい乗り味を併せ持つニューモデルは、欧州のライバルに勝るとも劣らない実力を備えていた。
ホームへ戻る