BMW 540i Mスポーツ(後編)

2017.03.30 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する。

能ある鷹は爪を隠す

BMW 540iのコーナリングを「クルマにうまいこと転がされちゃっている感じ」と表現した谷口信輝。では、コーナリング以外の部分の印象はどうだったのか? まずはエンジンについて語ってもらおう。

「エンジンは、パワーにビックリすることもなければ、期待外れに終わることもなく、まあ、ちょうどいいかなという感じ。こんなに立派なボディーだけど、全然問題なく加速していきますよ」
前編の冒頭にも記したとおり、540iは日本導入時における新型5シリーズのフラッグシップモデル。そう聞くと、さぞかしパフォーマンス重視なモデルだろうと想像したくなるが、谷口のコメントは意外とあっさりしていた。それは、この3リッター直6ターボエンジンのトルク特性があまりにフラットで、しかもレスポンスがナチュラルで扱いやすいために、際だった印象を残さなかったからと捉えることもできる。

「そうですね、刺激もなければ特に不満もないっていう感じですね。上まで回したときにグワッとくることもないけれど、きっと、そういうことを求める人たちのためのクルマじゃないんでしょうね」
うーん、そうなんだろうか。BMW 540iのMスポーツ パッケージといえば、もっとワクワクするような走りを期待するエンスージアストも少なくないような気がするが……。

「いやいや、全然そういうことを目指したクルマじゃないと思います。もっと普通に、むしろ値段が高いクルマであることをあまり他人に知られたくない人が乗るクルマなんじゃないでしょうか。『能ある鷹は爪を隠す』っていうか……」
ほほー、それはこれまでのBMW、これまでの5シリーズとはいささか趣が異なるような気がする。

「いやいや、それでいいんじゃないんですか? いくらBMWといっても、いろいろなクルマがあっていい。なかには走りが刺激的で乗っていて楽しいクルマもあってほしいけれど、それだけじゃなくて、例えば家族で乗ったときに一番輝くファミリーカーとか、別に突出したところはないけれど全方向的に質が高く仕上げられた『いわゆるいいクルマ』とか、いろいろあって選べたほうがいいじゃないですか。それでいえば、540iは最後に言った『いわゆるいいクルマ』にあてはまるんだと思いますよ」
うーむ、なかなか新しい解釈だけれど、私自身も540iに試乗して、ちょっと谷口と近い印象を抱いたのも事実である。

 
BMW 540i Mスポーツ(後編)の画像拡大
 
BMW 540i Mスポーツ(後編)の画像拡大
 
BMW 540i Mスポーツ(後編)の画像拡大
BMW 540i Mスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1870×1480mm/ホイールベース:2975mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5500rpm/最大トルク:45.9kgm(450Nm)/1380-5200rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:986万円
BMW 540i Mスポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4945×1870×1480mm/ホイールベース:2975mm/車重:1810kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5500rpm/最大トルク:45.9kgm(450Nm)/1380-5200rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:986万円拡大
 
BMW 540i Mスポーツ(後編)の画像拡大

関連キーワード:
5シリーズ セダン, BMW,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る