クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第36回:カーマニア人生劇場
ある激安中古車専門店オーナーの夢(その2)

2017.04.11 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

まるで廃車置き場

(その1)からのつづき
リュウの店に対する私の第一印象は、「廃車置き場?」だった。

場所は国道のバイパス沿いだが、周囲に建物はまばらで、空がやたら広い。敷地の周囲は枯れたアシで囲まれており、よく見ると天然の水路が敷地の周囲を半周し、国土交通省の「大雨時 冠水注意」という標識も立っている。

「2~3年前だったかなぁ。敷地が水びたしになって、クルマが半分くらいダメになりました。でも、ここから動くつもりは全然ないです」

考えてみれば、原価5万円のクルマが25台水没しても、被害は125万円。いわゆる普通の中古車1台分にしかならない。損害は軽微である。

建物が建てられず、大雨の時は冠水する。実は住所すらないという。そんな土地だからこそ、これだけの広さで地代が月数万円なのだ。

在庫車は、軽が約3分の2を占める。普通車も小型車が大部分。つまりほとんどハッチバック車だ。

そしてなぜか、リアハッチを開けているクルマが多かった。虫干しだろうか。

「いや、こうしておかないと、廃車置き場と間違えられるんで。営業してますよーという合図みたいなものです」

お客さんから「これからそっちへ行く」という連絡が入って待っていても、ここが店だとわからずに、通り過ぎてしまうことも多いという。

一見するとリュウ氏の店は「廃車置き場」のようだ。
一見するとリュウ氏の店は「廃車置き場」のようだ。拡大
冠水の危険があるため、土地の賃貸料は激安。
冠水の危険があるため、土地の賃貸料は激安。拡大
リアハッチを開けているのは、“虫干し”ではなく、“営業中”のアピールだった!
リアハッチを開けているのは、“虫干し”ではなく、“営業中”のアピールだった!拡大

速いと1分、成約率は9割

激安中古車の販売は、仕入れ資金が極小で済み、利益率が高いことは前述したが、もうひとつ有利なことがある。

「こういうクルマは、回転も商談も速いんです。少なくともうちの店はそうです」

多くの客は、スマホなどで目当てのクルマを決めてやってくるが、そこから決断までの時間が極めて短い。

「速いと1分。平均5分ですね」

しかも、来店客の9割がクルマを買って帰るというのだ。なんという成約率!

私が以前聞いたところでは、ごく普通の国産中古車販売店で、成約率は約6割。新車ディーラーになると過半数が冷やかし客となり、試乗やら値引き交渉やらで、成約まで数カ月かかることも少なくない。

我々カーマニアは、なおのこと決断に慎重だ。マニアだけにこだわりが多く、特に中古車の場合、数限りない台数を見た末に見送ることも多い。

ところがリュウの店では、平均5分間の商談で、9割の客が買って帰る。

「クルマを見ないで、車種やボディーカラーの指定も一切なしで、電話だけで買う人も結構います。『お兄さんのいいと思うヤツでいいから』って」

中古車雑誌ののぼりを見て、ようやくここが“店”だとわかる程度。
中古車雑誌ののぼりを見て、ようやくここが“店”だとわかる程度。拡大
取材時には2004年式、走行距離11万kmの「マツダ・デミオ」が26万円で売られていた。
取材時には2004年式、走行距離11万kmの「マツダ・デミオ」が26万円で売られていた。拡大
この値付けを見て、即決する客は多い。
この値付けを見て、即決する客は多い。拡大

動けばなんでもいい!

指定は、例えば「10万円ぐらいの軽」というだけ。セダンタイプとかトールワゴンとかハイトワゴンとかスライドドアとか、ボディータイプにすらこだわりを持つ客はほぼ皆無というから、驚くしかない。
 
彼らは納車まで、自分が買うのがなんというクルマで、色は何か、一切尋ねることもないという。

「そういう風に任せてくれたお客さんは、やっぱりこっちを信頼してくれてるってことですから(笑)、なるべくいいクルマを選んであげようって気になります」

たい焼きのあんこをオマケするような口調でリュウは言った。

「とにかくそういうお客さんは、軽ならなんでもいいんです。さすがに軽トラは農家か荷物運ぶ人限定ですけど、みんな、本当に動けばいいんですよ。僕もそうです。足はなんでもいいです。動けば」

ちなみにリュウの現在の足は、見るからにくたびれたシルバーの初代「フィット」。こだわりのカケラも感じさせない。これが、幼稚園時代からフェラーリに恋い焦がれ、「いつか絶対買ってやる」と誓い続けたカーマニアなのだ。

それよりもっと恐れ入るのは、リュウの店で1分で決めてしまう一般のお客さんたちに対してだろうか。

(つづく)

(文=清水草一/写真=清水草一/編集=大沢 遼)

第35回:カーマニア人生劇場 ある激安中古車専門店オーナーの夢(その1)

軽トラも一定の需要がある。
軽トラも一定の需要がある。拡大
リュウ氏の愛車は、シルバーの初代「ホンダ・フィット」。
リュウ氏の愛車は、シルバーの初代「ホンダ・フィット」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。