メルセデスAMG G63(後編)

2017.04.13 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「メルセデスAMG G63」に試乗する。谷口にとっての“ゲレンデヴァーゲン”の魅力とは? レーシングドライバー視点でAMG G63を斬る!

“谷口基準”で評価するなら……

後に「Gクラス」と呼ばれることになるオフロードビークルの開発がメルセデス・ベンツで始まったのは1972年のこと。作業はオーストリアのグラーツに本拠を置くシュタイア・ダイムラー・プフと共同で行われ、1975年には量産計画が確定。4年後の1979年から実際に生産が始まった。

よくGクラスは「NATOに供給する軍用車として開発された」と言われるが、どうやらこれは誤りのようで、もともとメルセデスとプフが民生用として開発していた車両が軍用車にも転用可能であると判断され、各国に納車されるようになったというのが真相らしい。

とはいえ、軍用車にも使えるということは、民生用としては過剰なくらい耐久性・信頼性が高いことを意味する。実際、Gクラスのフロア下に潜り込んでみれば、その極太なサスペンションアームや巨大なデフケースを目の当たりにして、このクルマがちまたにあふれるSUVとはまったく別の乗り物であることに気づくはずだ。

しかし、その頑丈さゆえ、バネ下重量は重く、これが乗り心地と運動性能を大きくスポイルする要因となっている。いや、40年近い進化の過程でハーシュネスもロールのコントロールもはるかに上達した。だから、そこを褒めてあげてもいいのだけれど、谷口の体には最新モデルの水準が染みついていて、ついついそれを基準にGクラスを評価してしまうように思われた。これはGクラスにとっても谷口にとっても、やや残念な状況だったといえるだろう。

「まあ、コーナリング性能は相当物足りないですよね。ほとんど攻めていないのに、曲がっている間はスタビリティーコントロールの警告灯がつきっぱなし。乗り心地だってゴツゴツ、ガタガタしていて快適とは言いがたい。エンジンはたしかにパワフルだけれど、このシャシーにターボは必要ないでしょう。自然吸気で十分なんじゃないかな。AMGスピードシフトっていうギアボックスにしても、基本はトルコン式なのにシングルクラッチかと思うくらいドカン、ドカンとショックがくるし。正直、僕が好きなタイプのクルマじゃ全然ありませんね」

 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大
メルセデスAMG G63
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4575×1860×1950mm/ホイールベース:2850mm/車重:2590kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.5リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:571ps(420kW)/5500rpm/最大トルク:760Nm(77.5kgm)/1750-5250rpm/タイヤ:(前)275/50R20 (後)275/50R20/価格:1971万円
メルセデスAMG G63
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4575×1860×1950mm/ホイールベース:2850mm/車重:2590kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.5リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:7段AT/最高出力:571ps(420kW)/5500rpm/最大トルク:760Nm(77.5kgm)/1750-5250rpm/タイヤ:(前)275/50R20 (後)275/50R20/価格:1971万円拡大
 
メルセデスAMG G63(後編)の画像拡大

関連キーワード:
Gクラス, メルセデス・ベンツ,

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.22 試乗記 古式ゆかしきラダーフレームのクロカン車に、585psのV8ツインターボエンジンを搭載した「メルセデスAMG G63」。無理やりすぎる商品企画の帳尻を、自慢の技術で合わせてみせた力業な一台に、無駄で過剰なクルマならではの楽しさを見た。
  • メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.21 試乗記 「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」に試乗。この最高出力510psの“暴れ馬”は、優しく御すだけでもそれなりの満足を与えてくれるだろう。しかし、絶えずムチを入れ続け、ギャロップさせてこそ見える世界もまたあるのだ。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
  • アウディA8(4WD/8AT)/A7スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2018.9.24 試乗記 くしくも(?)2台そろい踏みでの日本上陸となったアウディの「A8」と「A7スポーツバック」。日本上陸が同時なら、公道試乗会も同時開催。「技術による先進」を掲げるブランドの、“ツートップ”の出来栄えやいかに!?
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
ホームへ戻る