第13回:今年はさらなる顧客サービスの強化を目指します!
インポーターに聞きました~ポルシェ編~

2017.04.12 JAIA輸入車試乗会2017
 
第13回:今年はさらなる顧客サービスの強化を目指します!インポーターに聞きました~ポルシェ編~の画像拡大

2014年に初めて年間販売台数5000台を突破すると、そこからわずか2年で7000台に迫ろうかという勢いのポルシェ ジャパン。その好調の要因と、2017年に向けた取り組みや、ニューモデルの導入予定について話を聞いた。

2017年3月から、日本でも納車が始まった新型「パナメーラ」。プラグインハイブリッド車の「4 E-ハイブリッド」は、モーターだけで50km走ることができる。
2017年3月から、日本でも納車が始まった新型「パナメーラ」。プラグインハイブリッド車の「4 E-ハイブリッド」は、モーターだけで50km走ることができる。拡大
ジュネーブショー2017で世界初公開された、新型「パナメーラ」のワゴンモデル「スポーツツーリスモ」。日本でも2017年4月5日に予約受注が開始された。
ジュネーブショー2017で世界初公開された、新型「パナメーラ」のワゴンモデル「スポーツツーリスモ」。日本でも2017年4月5日に予約受注が開始された。拡大
こちらもジュネーブショー2017に展示された「911カレラGTS」。「911カレラ」比で80psアップの、最高出力450psを誇る。
こちらもジュネーブショー2017に展示された「911カレラGTS」。「911カレラ」比で80psアップの、最高出力450psを誇る。拡大
インタビューに応じていただいたポルシェ ジャパン広報部長の塚原 久さん。販売好調な「マカン」は、自慢のモデルだそうです。
インタビューに応じていただいたポルシェ ジャパン広報部長の塚原 久さん。販売好調な「マカン」は、自慢のモデルだそうです。拡大

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

おかげさまで、2015年比2.9%増の登録台数6887台(JAIA公表値)を達成することができました。ポルシェ ジャパンとしても過去最高の数字です。2016年は輸入車市場全体が伸長した年ですので、登録台数だけでいうと、まだ伸びる余地を残していると思います。

――現在、販売をけん引している車種、またイチオシの車種はどのモデルですか?

販売の主力となっているモデルは、台数ベースで全体の約3割を占めた「マカン」です。2017年イチオシのモデルは、昨年7月に予約受注を開始したニュー「パナメーラ」です。3月には納車が始まります。パナメーラは、昨年10月に予約受注を開始したプラグインハイブリッド車の「4 E-ハイブリッド」をはじめとして、今後も続々とモデル拡充を進めていく予定です。ご注目ください。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

「911」シリーズのスポーティーグレード「GTS」の予約受注を2月9日から開始しました。今後もどんどんニューモデルを導入していくつもりです。個別のモデル名や時期についてはまだ申し上げられる状況にありませんが、楽しみにしてください。

――全国のwebCG読者へ一言、2017年の活動をアピールしてください。

ポルシェ ジャパンとしては現在、販売台数を伸ばすことよりも、お客さまの需要に安定した供給で応えること、また新車のお客さまだけではなく、認定中古車からクラシックモデルのサービスに至るまで、ポルシェに興味を持ってくださる一人ひとりのお客さまに満足していただける環境を構築することを優先しております。日本全国43の正規販売店へ、ぜひ足をお運びください。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=峰 昌宏、ポルシェ ジャパン、webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事