クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第505回:デ・トマソ・パンテーラの父 トム・チャーダ逝く

2017.06.09 マッキナ あらモーダ! 大矢 アキオ

デトロイトからイタリアへ

「デ・トマソ・パンテーラ」のデザインで知られるカーデザイナー、トム・チャーダが2017年6月1日、イタリアのトリノで死去した。82歳だった。

トム・チャーダの本名は、スティーヴンス・トンプソン・チャーダ・ファン・スターケンバーグ。1934年に米国デトロイトで生まれた。父親のジョン・チャーダは、“流線形の先駆け”として知られる1936年「リンカーン・ゼファー」を手がけたオランダ系米国人デザイナーであった。

高校では陸上競技で頭角をあらわすとともに、カーデザイナーへの登竜門として知られたゼネラルモーターズ主催の「クラフツマンズ・ギルド」コンテストで優勝した。その後ミシガン大学でインダストリアルデザインを学び、卒業制作はステーションワゴンのデザインに取り組んだ。

1958年、卒業と同時に24歳でイタリアのトリノに渡り、カロッツェリア・ギアで働き始めた。最初は「フォルクスワーゲン・カルマンギア」のリア部分などを受け持ち、やがて「イノチェンティ1100ギア クーペ」をデザインした。さらに、イタリア国家統一100年記念博覧会(1961年)に向けて空前の活況を呈していたトリノで、チャーダは会場内を走るモノレールのデザインも担当した。

トム・チャーダ。トリノのサンカルロ広場で、2010年に撮影。
トム・チャーダ。トリノのサンカルロ広場で、2010年に撮影。拡大
チャーダの名刺代わりとなった代表作「デ・トマソ・パンテーラ」。写真は1972年の「GTS」グレード。
チャーダの名刺代わりとなった代表作「デ・トマソ・パンテーラ」。写真は1972年の「GTS」グレード。拡大
ピニンファリーナ時代における別の作品。「シボレー・コルベット ロンディネ」。1963年のパリモーターショーで公開された。
ピニンファリーナ時代における別の作品。「シボレー・コルベット ロンディネ」。1963年のパリモーターショーで公開された。拡大

ピニンファリーナとギアで活躍

やがてチャーダの黄金時代が始まる。1961年9月、27歳の時にピニンファリーナへ移籍。フェラーリをはじめ、さまざまなモデルに関わった。そのうち初代「フィアット124スパイダー」は、彼の代表作のひとつとなった。

その後、今日のイタルデザイン・ジウジアーロの立ち上げに参画し、1968年、34歳のときに再びカロッツェリア・ギアに戻る。

舞い戻ったギアは、前年の1967年に、スポーツカーブランド、デ・トマソの創始者でもあるアルゼンチン人実業家アレハンドロ・デ・トマソの手に渡っていた。チャーダのポジションは、それまでデザインダイレクターだったジョルジェット・ジウジアーロの後任であった。 

1969年には、日本のいすゞが同年の東京モーターショーに展示した「ベレットMX1600」 をデザイン。1970年には、フィアット124スパイダー以上に彼の業績を語るうえで欠かせない「デ・トマソ・パンテーラ」が誕生した。

1970年にギアがフォード傘下となってからも、チャーダはフォードのエクスペリメンタルカーをはじめ、さまざまなモデルを手がけた。やがてギアを退職。1978年からはフィアットのアドバンスドデザイン部門のディレクター職や、カロッツェリア「フィッソーレ」での仕事をこなした。

そして1984年、50歳で自らのオフィスを構える。以来、各国のメーカーのデザインコンサルタントとして活躍。1998年には往年のイタリア製高級車「イソッタ・フラスキーニ」再生プロジェクトにもデザイナーとして参画した。1997年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、彼の功績をたたえてトム・チャーダ特集が企画された。

「フェラーリ365GTカリフォルニア スパイダー」も、ピニンファリーナ時代の仕事のひとつ。写真はコンコルソ・ヴィラ・デステ2017の参加車。
「フェラーリ365GTカリフォルニア スパイダー」も、ピニンファリーナ時代の仕事のひとつ。写真はコンコルソ・ヴィラ・デステ2017の参加車。拡大
トム・チャーダがデザインを手がけた、初代「フィアット124スパイダー」(1965年)。
トム・チャーダがデザインを手がけた、初代「フィアット124スパイダー」(1965年)。拡大
「デ・トマソ・ドヴィル」(1970年)
「デ・トマソ・ドヴィル」(1970年)拡大
「デ・トマソ・ロンシャン」(1972年)
「デ・トマソ・ロンシャン」(1972年)拡大

人望ある外国人デザイナー

トリノの街は一見開かれた工業都市のようで、閉鎖的な一面も持つ。1950~60年代に多くの南部出身者が自動車工場の従業員として流入した反動で、生粋のトリネーゼたちのプライドがおのずと高まってしまったことが、背景のひとつにある。

数年前、米国出身のあるデザイナーが老舗カロッツェリアの要職に就いたときだ。そのカロッツェリアのパーティーの席で、トリノの老齢ジャーナリストがボクにささやいた。「外国人の彼がダイレクターになるなんて」と。

それより半世紀以上も前のことである。パリのアメリカ人ならぬトリノのアメリカ人であるチャーダに対する逆風は、かなりのものだったにちがいない。また、真のイタリアンスタイルを求めて渡ったトリノのギアが、自らの故郷ミシガンのフォードに吸収されてしまったときの当惑も、容易に想像できる。

筆者自身がチャーダの晴れ舞台に立ち会えたのは、毎年春コモ湖畔で開催されるコンクール・デレガンス「コンコルソ・ヴィラ・デステ」であった。2008年には幻の2代目パンテーラで、また2014年にはピニンファリーナ時代の作品である「メルセデス・ベンツ230SL」のスペシャルコーチワークとともに登場した。いずれのクルマでも、パレードに際してはオーナーからステアリングを譲られてレッドカーペットに載り、来場者から盛んに拍手を送られていた。

ピニンファリーナ時代の作品であるスペシャルコーチワークの「メルセデス・ベンツ230SLピニンファリーナ クーペ」。2014年「コンコルソ・ヴィラ・デステ」にて。
ピニンファリーナ時代の作品であるスペシャルコーチワークの「メルセデス・ベンツ230SLピニンファリーナ クーペ」。2014年「コンコルソ・ヴィラ・デステ」にて。拡大
「メルセデス・ベンツ230SLピニンファリーナ クーペ」は、メルセデスのアイデンティティーと、カロッツェリア・イタリアーナの優美さが見事に融合された傑作といえる。
「メルセデス・ベンツ230SLピニンファリーナ クーペ」は、メルセデスのアイデンティティーと、カロッツェリア・イタリアーナの優美さが見事に融合された傑作といえる。拡大
こちらは、幻の2代目「パンテーラ」といわれる1973年「7Xモンテッラ」。オイルショックで開発計画は中断された。2008年「コンコルソ・ヴィラ・デステ」で。
こちらは、幻の2代目「パンテーラ」といわれる1973年「7Xモンテッラ」。オイルショックで開発計画は中断された。2008年「コンコルソ・ヴィラ・デステ」で。拡大

「真のカーガイ」を見た

だが個人的には、それ以上に、まぶたに残るシーンがある。

 2010年春、トリノのサンカルロ広場で開かれたエレガンス・コンクールでのことだ。前述のヴィラ・デステとは違い、極めてローカルなイベントだった。関係者の詰め所も、日本でいう運動会のテントのような、簡素なものだった。北部とはいえ、強い太陽を避けるには、明らかに不十分だった。

そこにチャーダの姿があった。審査員を引き受けていた彼に声をかけると、「いつでもトリノに来てください」と、穏やかな答えが返ってきた。

しばらくすると彼は、炎天下のもと、詰め所の外に出た。こういってはなんだが、その会場に並んでいたのは、ヴィラ・デステと比較すれば、はるかにポピュラーなレベルのクルマたちである。にもかかわらず、ジャーダ氏はジャッジのため各オーナーから熱心に話を聞いていた。伝説のデザイナーという呼び名では言い切れない、ひとりのクルマ好きの姿であった。

自動車の街トリノから、またひとり、真のカーガイが消えた。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>、大矢麻里<Mari OYA>、デ・トマソ、ピニンファリーナ、FCA/編集=関 顕也) 

チャーダが運転する「デ・トマソ・パンテーラ7Xモンテッラ」。「コンコルソ・ヴィラ・デステ」のパレードを終えて。
チャーダが運転する「デ・トマソ・パンテーラ7Xモンテッラ」。「コンコルソ・ヴィラ・デステ」のパレードを終えて。拡大
自らデザインした1973年「デ・トマソ・パンテーラ7Xモンテッラ」のステアリングを握るトム・チャーダ(2008年)。
自らデザインした1973年「デ・トマソ・パンテーラ7Xモンテッラ」のステアリングを握るトム・チャーダ(2008年)。拡大
トリノ・サンカルロ広場でのチャーダ(右から2人目)。2010年に開催された、地元コンクールでのひとこま。
トリノ・サンカルロ広場でのチャーダ(右から2人目)。2010年に開催された、地元コンクールでのひとこま。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。