メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(前編)

2017.07.27 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」に試乗する。Eクラス クーペといえば、脈々と続くメルセデスクーペの本流。スマートでラグジュアリーなその世界を、谷口はどう表現するのだろうか?

たかがされどのアンビエントライト

「このEクラス クーペ、いつから乗っているんですか?」
発売されたばかりのメルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツを前にして、谷口信輝とwebCGスタッフTの会話が始まった。

スタッフT:「昨日の夜ですよ」
谷口:「室内照明のアンビエントライト、そのとき何色でした?」
スタッフT:「紫でした。僕の前に乗っていたwebCGの◯◯(著者注:本人の名誉のため、あえて匿名とさせていただきます)が紫に設定していたみたいです」
谷口:「結構ムーディーで、エッチっぽかったでしょ?(笑)」
アンビエントライトとは室内を彩るLEDの間接照明のことだ。ドアやダッシュボード、センターコンソールなどに配置されている。

そばで話を聞いていたスタッフWが、ここまでたまらず割り込んできた。
スタッフW:「ええ? アンビエントライトの色って変えられるんですか?」
谷口:「うん、いっぱい変えられるよ。たしか64色とか……」
スタッフW:「!!(絶句)」

こんなことは最新のメルセデスを所有するオーナーであれば当然のことかもしれないが、おそらく一般の方々にはまだまだ知られていないだろうし、こうした演出がメルセデスのインテリアをより特別な空間に仕立てていることは間違いないだろう。

アンビエントライトを巡る話はさらに続いた。
谷口:「で、紫から何色に変えたの?」
スタッフT:「赤にしたんですが、そうしたら少し目がチカチカしました」
谷口:「ああ、あの赤はフィルム現像するときの赤みたいですよね」
谷口、意外と古いことを知っている。

この日、同じメルセデスの「AMG E43 4MATIC」にたまたま乗ってきた谷口も、アンビエントライトにまつわるユニークな体験について話してくれた。
谷口:「僕があのクルマに乗ったときは、たまたま青だったんですよ。で、そのままウチの妻を乗せたら『ちょっと不良っぽい』って言い出して、結局、白にしたんですね。でも、なんか僕は白だと落ち着かない。で、それから数日たってほとぼりが冷めたころに、僕がしれーっと青に戻したんだけど、妻は気づかなかったみたい」
スタッフT:「それは奥さんがただ諦めたんじゃないですか?」
……という会話が延々と続いたのだが、最近のメルセデスのインテリアがそれくらい話題性に富んでいるのは事実のようだ。

 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(前編)の画像拡大
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4855×1860×1430mm/ホイールベース:2875mm/車重:1940kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:333ps(245kW)/5250-6000rpm/最大トルク:480Nm(48.9kgm)/1600-4000rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:1037万円
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4855×1860×1430mm/ホイールベース:2875mm/車重:1940kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:333ps(245kW)/5250-6000rpm/最大トルク:480Nm(48.9kgm)/1600-4000rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:1037万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る