メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(後編)

2017.08.03 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」に試乗する。その優雅でラグジュアリーな世界にすっかり夢中になってしまった谷口。100点満点で採点するとすれば、ズバリ何点?

これぞ“楽ジュアリー”である!

メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツの試乗を終えた谷口信輝の瞳はキラキラと輝いていた。
「いやー、いいですねえ。走りはとても優雅なんですが、でも全然鈍くさくなくて、よく曲がります。それに、ドライビングモード切り替えのダイナミックセレクトは、コンフォート、スポーツ、スポーツ+でそれぞれの役割がはっきり感じられるほど差がつけられている。正直、コンフォートだとフワンフワンしているんですが、コーナリングは全然問題なくてすーっと曲がっていく感じです」

コーナリングの様子を外から見ていると、ボディーが大きく上下動していて乗っていて不安を覚えるのではないかと思えたのだが、その点を尋ねると、谷口からは明快に否定する言葉が返ってきた。
「この道はアンジュレーション(うねり)があるから、クルマの荷重変動が起きて結構ボディーが動いているように見えるのかもしれないけれど、運転している人にはまるで感じられませんよ。ビシッとしていて、とても安定しています。だからラクチンで、ラグジュアリーだし“楽ジュアリー”ともいえますね(笑)」

AMGを除く「Eクラス セダン」同様、このEクラス クーペにもランフラットタイヤが装着されているが、乗り心地への影響はなかったのだろうか?
「全然、ランフラットだなんて感じませんでした。このクルマで乗り心地が悪いなんてところはどこにもない。ただね、ちょっとフワーン、フワーンしたところがあるから、そういうところが好みじゃないという人も世の中にはいるかもしれません。船みたいで酔っちゃうっていう人がね。でも、僕はそうは感じない。サスペンションが一生懸命上下して、なるべくボディーを揺らさないようにしようとしている印象がすごくあって、僕にはやっぱり“楽ジュアリー”に思えますね」

「細かいことをいえば、Uターンするときの小回り性はまあまあってところですね。ハンドルは“1時間10分”くらいしか切れないけれど、意外とくるっと回れて、この間、試乗した『ゴルフGTI』よりも楽にUターンできるくらい。FRのメルセデスだったらこれよりもっと小回りが利くでしょうが、フロントにも駆動力を伝える4WDでこれだけ切れれば上々だと思いますよ」

 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(後編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(後編)の画像拡大
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4855×1860×1430mm/ホイールベース:2875mm/車重:1940kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:333ps(245kW)/5250-6000rpm/最大トルク:480Nm(48.9kgm)/1600-4000rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:1037万円
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4855×1860×1430mm/ホイールベース:2875mm/車重:1940kg/駆動方式:4WD/エンジン:3リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:333ps(245kW)/5250-6000rpm/最大トルク:480Nm(48.9kgm)/1600-4000rpm/タイヤ:(前)245/40R19 (後)275/35R19/価格:1037万円拡大
 
メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(後編)の画像拡大

関連キーワード:
Eクラス クーペメルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2018】メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開 2018.3.8 自動車ニュース メルセデスAMGがジュネーブショーで「AMG GT 4ドアクーペ」を発表。2ドアクーペの「AMG GT」と同じく、メルセデス・ベンツのラインナップにはないメルセデスAMGの独自モデルであり、直6、V8合わせ3種類のグレードが用意されている。
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.9.21 試乗記 「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」に試乗。この最高出力510psの“暴れ馬”は、優しく御すだけでもそれなりの満足を与えてくれるだろう。しかし、絶えずムチを入れ続け、ギャロップさせてこそ見える世界もまたあるのだ。
ホームへ戻る