【オートモビル カウンシル2017】トヨタはハイブリッドの20年史をテーマに展示

2017.08.04 自動車ニュース
トヨタのブースに展示された、初代「プリウス」(1997年)。
トヨタのブースに展示された、初代「プリウス」(1997年)。拡大

トヨタ自動車は、2017年8月4日に開幕した自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(会期:2017年8月4~6日)において、同社のハイブリッド車のデビュー20周年をテーマとする展示を行った。

「トヨタ・スポーツ800 ガスタービン・ハイブリッドカー」。ガスタービンエンジン(写真左)とモーターを併用するタイプのハイブリッド車である。
「トヨタ・スポーツ800 ガスタービン・ハイブリッドカー」。ガスタービンエンジン(写真左)とモーターを併用するタイプのハイブリッド車である。拡大
歴代「プリウス」のニッケル水素バッテリー。写真手前が初代のもので、モデルチェンジするたびに(写真右奥に向かって)小型化されているのがわかる。
歴代「プリウス」のニッケル水素バッテリー。写真手前が初代のもので、モデルチェンジするたびに(写真右奥に向かって)小型化されているのがわかる。拡大
トヨタ自動車の内山田竹志 取締役会長。これまでのハイブリッド車の隆盛については、あくまでユーザーに支えられた20年だったと振り返った。
トヨタ自動車の内山田竹志 取締役会長。これまでのハイブリッド車の隆盛については、あくまでユーザーに支えられた20年だったと振り返った。拡大

会場では、レーシングカー「TS050 ハイブリッド」(写真)にいたるまで、さまざまなハイブリッド車が展示された。


	会場では、レーシングカー「TS050 ハイブリッド」(写真)にいたるまで、さまざまなハイブリッド車が展示された。
	拡大

オートモビル カウンシルは、「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに千葉県の幕張メッセで開催される自動車イベント。さまざまなブランドの新車・旧車が並べられ、日本における自動車の文化的側面がアピールされる催しである。

昨年に続き2回目の出展となるトヨタのブースは、「ハイブリッド20年 動力の変遷と未来への挑戦」がテーマ。会場には、1970年代に開発されたガスタービンエンジン搭載の実験車両「トヨタ・スポーツ800 ガスタービン・ハイブリッドカー」や、1997年に初の量産型ハイブリッドカーとして発売された初代「トヨタ・プリウス」、最新のプラグインハイブリッド車である「プリウスPHV」、世界耐久選手権(WEC)に参戦するレーシングカー「トヨタTS050 ハイブリッド」などが展示された。

プレス向けのカンファレンスでは、初代プリウスの開発責任者を務めたトヨタ自動車取締役会長の内山田竹志氏が登壇。モータージャーナリストの山口京一氏との対談を交えながら、ハイブリッド車とともに歩んできた20年を振り返った。

いまではトヨタを支える大きな柱となったハイブリッド車だが、開発当初はベテランの部長に呼ばれ「間違った車両開発をしてはいないか? こんなクルマが売れるわけがない」などと言われたこともあるという内山田氏。生みの親の視点から、「プリウスが登場してから、お客さまは環境性能でクルマを選ぶようになりました。その点プリウスは、(もともとお客さまが潜在的に持っていた)新しい価値を顕在化させたクルマだと言えます」と、同車の存在意義を評価した。

さらに、「お客さまに20年支えられた結果として、いまのハイブリッドがある」などと、ハイブリッド車の歴史をつくった主役はあくまでユーザーであることを強調。「このほどトヨタのハイブリッド車も累計1000万台を突破しましたが、まだまだ通過点。これをコア技術としながら、さらに乗り越えていくクルマを開発したい」と、今後に向けての意欲ものぞかせた。

(文と写真=webCG 関 顕也)

関連キーワード:
プリウス, プリウスPHV, トヨタ, オートモビル カウンシル2017, モーターショー, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る