第11回:会社人間は、ポルシェを手放す代償に何を得たのか? − 『カンパニー・メン』

2011.09.12 読んでますカー、観てますカー

第11回:会社人間は、ポルシェを手放す代償に何を得たのか?『カンパニー・メン』

エリートは「ボクスター」で通勤する

「ポルシェ・ボクスター」といえば、ミドシップならではの俊敏なハンドリング、胸のすく加速という、スポーツカーの魅力が頭に浮かぶだろう。ただ、それはクルマ好きならではの思いであって、誰もがそうであるとは限らない。ポルシェというブランド、その価格がもたらすステイタスの側面しか理解できない人もいるのだ。クルマにとっては不幸なことだけれど、社会的にはそのような文脈が受け入れられている。

2008年9月15日。リーマン・ブラザーズの破綻を告げる報道から映画は始まる。ニュース映像の合間に、アッパーミドルクラスの生活ぶりを表す映像が挿入される。プール付きの豪邸、ゴージャスなシステムキッチン、車寄せには高級車。「勝ち組」とやらの成功の象徴がこれなのだ。まことに薄っぺらい、仮りそめの豪奢(ごうしゃ)。

ボストンの総合企業GTXに勤務するボビー・ウォーカー(ベン・アフレック)は、37歳にして販売部長、年収12万ドルのエリートサラリーマンだ。ネクタイを締め、高そうなスーツに身を包んだ彼は、「ポルシェ・ボクスター」にさっそうと乗り込み、会社へと向かう。そこで待っていたのは、解雇の宣告だった。ボビーは、わずかな私物をまとめた段ボールをボクスターに積み込んで、すごすごと帰宅することになる。

アメリカ映画によく登場する「解雇通告」→「段ボール」という描写を目にするたび、なんとまあドライなことかと感じる。かの国では、会社と従業員の関係は、あくまで契約なのだ。家族とのアナロジーで語られる日本とは、ずいぶん違う。辞めるにしろ辞めさせるにしろ、手続きはカンタンだ。

金融危機に直面して、GTXは赤字の造船部門を縮小し、鉄道部門と統合することで従業員を減らす選択をした。それによって株価を上げ、企業価値を維持する。要するに、従業員よりも株主の利益を優先するということだ。日本では会社は誰のものかという論点が浮上しているが、グローバル資本主義の本拠地では自明のこととして、議論にすらならない。

(C)2010-JOHN WELLS PRODUCTIONS
(C)2010-JOHN WELLS PRODUCTIONS
    拡大

第11回:会社人間は、ポルシェを手放す代償に何を得たのか? − 『カンパニー・メン』の画像 拡大
「ポルシェ・ボクスター」
水平対向エンジンをミドに積む2座のオープンカーで、1996年に登場した。エントリーモデルとしての位置づけだったが、よりピュアなスポーツカーとして愛好する人も多い。特にハンドリングの良さには定評がある。
「ポルシェ・ボクスター」
    水平対向エンジンをミドに積む2座のオープンカーで、1996年に登場した。エントリーモデルとしての位置づけだったが、よりピュアなスポーツカーとして愛好する人も多い。特にハンドリングの良さには定評がある。 拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • 第168回:まっすぐ走らない欠陥車問題再び 2020.3.24 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第168回は「まっすぐ走らない欠陥車問題再び」。筆者が初めて購入したフェラーリ、「348tb」はなぜ人気がないのか? 若きフェラーリオーナーとの再会を機に、5年半を共にした愛車への思いを振り返る。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • ポルシェが新型「911ターボS」を発表 最高出力650PSを誇る「911」のハイエンドモデル 2020.3.4 自動車ニュース ポルシェが新型「911ターボS」を発表。最高出力650PS、最大トルク800N・mを発生する3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、4WDシステムの改良や空力性能の改善とも相まって、0-100km/h加速2.7秒、最高速330km/hという動力性能を実現している。
ホームへ戻る