クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

くすぶり続ける排出ガス不正問題に対する
ある欧州製ディーゼル車オーナーの本音

2017.09.25 デイリーコラム

あれって結局どうなったわけ?

欧州メーカーのディーゼル排出ガス問題って、結局どうなったのだろうか?
実のところ、よくわからない。いや、まったくわからないと言っていい。ディーゼルびいきの私としては、知るのが怖い、知りたくないという面すらあったりするが……。

今のところ、大々的に法的責任を問われたのはフォルクスワーゲンのみで、疑惑がささやかれている他メーカーは、なんやかんやでかわしている。メルセデスの300万台サービスキャンペーンをはじめとして。
もちろんサービスキャンペーンはあくまで善意(?)による自主的なもので、法は犯していなかったことになっているが、事実は五里霧中。個人的には、「これが宮廷政治というものかなぁ」と思っております。

フォルクスワーゲンの不正が明らかになったのは、宮廷の外(アメリカ)で摘発されてしまったからだ。その後の事の推移を見ると、宮廷の内部では、厳しい処罰は行えないようだ。
なにせメンバーは有力貴族ばかり。検察官や裁判官が正義を振りかざしたとしても、「まあそう目くじら立てなさんな」「そこらへんは穏便に!」となりそうじゃないですか~。あ、この言い方は日本のムラ社会的ですね。宮廷政治は「諸君に神の祝福あらんことを!」みたいな感じでしょうか?

“ディフィートデバイス”による不正が認められた、フォルクスワーゲンの「EA189」型1.6リッター直4ディーゼルターボエンジン。
“ディフィートデバイス”による不正が認められた、フォルクスワーゲンの「EA189」型1.6リッター直4ディーゼルターボエンジン。拡大

日本で批判の声が高まらない理由

こういうことは、われわれ日本人はスポーツの世界では何度か感じてきた。ノルディック複合で日本勢が連戦連勝したことで、日本勢に不利なルール改定が行われたり、F1でホンダが勝ちまって出る杭(くい)が打たれたりとか。

ただ今回は、日本に住んでいる日本人には、さほど実害は出てない。よって欧州でのこれら宮廷政治について「おかしいじゃないか!」と声高に非難する動機は、決して強くない。
フォルクスワーゲンの不正ディーゼル車は1台も正規輸入されていなかった。仮にメルセデスが不正を行っていたとしても、日本では大河の一滴でしかない。
そういえば「E320 CDI」が日本に導入された際、弊社(編集プロダクション・フォッケウルフ)のマリオ高野二等兵は、そのド太いトルクに震撼(しんかん)し、感激のあまりアイドリング中の排気を思い切り吸い込むという自己人体実験を試みて、「まったく問題はないであります!」と報告していました。

とにかく、これまで日本に輸入されたディーゼル乗用車は、累計販売台数で言うとメルセデスとBMWが大多数。他のブランドは、ボルボでようやく2年、ジャガー・ランドローバーやプジョー・シトロエンはほんの1年ほど前からだ。
で、メルセデスは日本でも「サービスキャンペーン」でソフトのアップデートを行うことにしたわけなので、残る大口はBMWである。

BMWのディーゼルに関しては、これまで「シロ」とされてきている。つい先月、「BMW 320d」(中古)を買った私としては、「シロだといいな~」と祈っているし、実は「シロなんじゃないかな?」と希望的観測を抱いている。

「メルセデス・ベンツE320 CDI」(本国仕様)。
「メルセデス・ベンツE320 CDI」(本国仕様)。拡大

“宮廷政治”に怒りは感じるものの……

というのも、私は3年前、たまたまイタリアで「フォルクスワーゲン・ゴルフ1.6ディーゼル」(触媒タイプの不正車)のレンタカーを借り、その想像を絶するエンジンレスポンスに驚嘆したからだ。
「これってガソリン車と変わらないじゃん!」
真剣にそう思った。それでいてトルクはガソリン車など相手にしない太さ。フォルクスワーゲンのディーゼルってこんなに進んでるのか! マツダのSKYACTIV-Dバンザイとか言ってちゃダメだったのか! と、自らの無知を恥じたほどだ。

不正ソフトを搭載すると、ディーゼルでもめっきりレスポンスをよくできる。フォルクスワーゲンの場合、コストの削減よりもそれが主目的だったらしい。
でも、BMWのディーゼルはあんなにレスポンスよくないです。同じ触媒型で。だからセーフじゃないか……。尿素SCRに関するカルテル5社にはBMWも含まれているが、自分のクルマはカンケーないし!

このように私は、自分のクルマのことだけ心配しておりまして、疑惑全体については傍観しております。

まぁですね、欧州貴族たちの腐敗した宮廷政治に軽い怒りを感じないでもないですが、日本もつい昭和の頃まで、交通違反のもみ消しとかフツーにありましたよね。今でもスピード取り締まりは「20km/hオーバーまでは黙認」だったりとか……。あれ、正直とてもありがたいのです。

というわけで、欧州の大都市の大気汚染、石原元都知事がペットボトルのススを振った頃の東京に比べたらかなりマシだと感じますが、それでもそこそこ深刻とは聞きますので、あちらの皆さまが本気で不正を摘発すればそれはそれでよし、サービスキャンペーンで手を打つもよし。どっちにせよ、30年前に旅行したデリー(インド)の大気汚染に比べたら屁(へ)みたいなもんだ。本当に問題があるのは途上国で、そっちの方が実害も1000倍深刻だと思います。

(文=清水草一/編集=堀田剛資)
 

「BMW 320d」などに搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジン。
「BMW 320d」などに搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジン。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。