ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表

2017.09.29 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」(2018年モデル)
「ジャガーFタイプ クーペ」(2018年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年9月29日、「ジャガーFタイプ」の2018年モデルを発表した。同年9月30日に受注を開始する。

「Fタイプ400スポーツ」
「Fタイプ400スポーツ」拡大
「ジャガーFタイプ400スポーツ」のコックピットまわり。
「ジャガーFタイプ400スポーツ」のコックピットまわり。拡大

2リッター直4ターボ搭載車や限定グレードが登場

2018年モデルでは、LEDヘッドランプとフロントバンパーを新デザインとしたほか、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートを採用し、足元スペースの充実と8kg以上の軽量化を行った。

また、ベーシックグレードと「Rダイナミック」に2リッター直4ターボ「インジニウム」ガソリンエンジン(300ps/400Nm)搭載モデルを設定するなど、ラインナップの拡充を図った。

さらに、コネクティビティー機能も強化されており、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に標準装備した。アクションカメラメーカーのGoPro社と共同開発した「ReRun」アプリに対応しており、GoProのカメラで撮影した走行映像と車両の走行データを記録可能で、そのデータをスマートフォンに送り、ソーシャルメディアなどで共有することもできる。

価格はクーペがベーシックグレード(2リッター直4インジニウムガソリンエンジン)の794万円から、「SVRクーペ」の1787万円まで。コンバーチブルが同じくベーシックグレード(2リッター直4インジニウムガソリンエンジン)の959万円から、「SVRコンバーチブル」の1952万円まで。

なお今回、2018年モデル限定グレードとなる「400スポーツ」が新たに設定された。通常340psと380psの3リッターV6スーパーチャージドガソリンエンジンの出力を400psに強化して搭載。20インチダークサテングレイアロイホイールやダークサテングレイのスポーツデザインパック、400スポーツパフォーマンスシートなどを装備する。トランスミッションは8段ATのみで、価格はクーペが1291万円(FR)と1362万円(4WD)、コンバーチブルが1456万円(FR)と1527万円(4WD)。

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 「ジャガーFタイプ」マイナーチェンジ デビュー記念の限定車も登場 2020.1.9 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年1月9日、マイナーチェンジした2シータースポーツカー「ジャガーFタイプ」の日本導入を発表し、同日、受注を開始した。
ホームへ戻る