ジャガー、「Fタイプ」の2018年モデルを発表

2017.09.29 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ クーペ」(2018年モデル)
「ジャガーFタイプ クーペ」(2018年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年9月29日、「ジャガーFタイプ」の2018年モデルを発表した。同年9月30日に受注を開始する。

「Fタイプ400スポーツ」
「Fタイプ400スポーツ」拡大
「ジャガーFタイプ400スポーツ」のコックピットまわり。
「ジャガーFタイプ400スポーツ」のコックピットまわり。拡大

2リッター直4ターボ搭載車や限定グレードが登場

2018年モデルでは、LEDヘッドランプとフロントバンパーを新デザインとしたほか、軽量マグネシウムフレームを使用した新開発のパフォーマンスシートを採用し、足元スペースの充実と8kg以上の軽量化を行った。

また、ベーシックグレードと「Rダイナミック」に2リッター直4ターボ「インジニウム」ガソリンエンジン(300ps/400Nm)搭載モデルを設定するなど、ラインナップの拡充を図った。

さらに、コネクティビティー機能も強化されており、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に標準装備した。アクションカメラメーカーのGoPro社と共同開発した「ReRun」アプリに対応しており、GoProのカメラで撮影した走行映像と車両の走行データを記録可能で、そのデータをスマートフォンに送り、ソーシャルメディアなどで共有することもできる。

価格はクーペがベーシックグレード(2リッター直4インジニウムガソリンエンジン)の794万円から、「SVRクーペ」の1787万円まで。コンバーチブルが同じくベーシックグレード(2リッター直4インジニウムガソリンエンジン)の959万円から、「SVRコンバーチブル」の1952万円まで。

なお今回、2018年モデル限定グレードとなる「400スポーツ」が新たに設定された。通常340psと380psの3リッターV6スーパーチャージドガソリンエンジンの出力を400psに強化して搭載。20インチダークサテングレイアロイホイールやダークサテングレイのスポーツデザインパック、400スポーツパフォーマンスシートなどを装備する。トランスミッションは8段ATのみで、価格はクーペが1291万円(FR)と1362万円(4WD)、コンバーチブルが1456万円(FR)と1527万円(4WD)。

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, Fタイプ コンバーチブル, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」に高性能モデル「GTA」が復活 2020.3.3 自動車ニュース FCAは2020年3月2日、「アルファ・ロメオ・ジュリア」のハイパフォーマンスバージョン「GTA」を発表した。最高出力540PSの2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、パワーウェイトレシオ2.82kg/PSを実現したとうたわれている。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る