ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)

2017.11.30 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は当連載初登場のジャガー、そのスポーツモデルの頂点に君臨する「FタイプSVRクーペ」である。名門ブランドならではの強い個性と575psものパワーを併せ持つスーパースポーツカーに、谷口が果敢に挑戦する!

オーソドックスな魅力が光る

フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ、アストンマーティン、マクラーレン……。当連載ではこれまでさまざまなスポーツカーに試乗してきたが、肝心なモデルに乗るのを忘れていたことに気付いた。英国スポーツカーブランドの名門、ジャガーである。

初顔合わせということもあってか、谷口もいつもより言葉少なだ。Fタイプのウルトラブルーのボディーカラーが、まるで谷口を威嚇するかのごとく、存在感をグイグイとアピールしてくる。そのせいで谷口の“勝負スイッチ”が早くもオンになってしまったのかもしれない。

Fタイプにはこの秋、2リッターの直4“インジニウム”ガソリンエンジンを搭載するモデルが加わって、一段とバリエーションが豊富になった。しかし、谷口と相まみえるのは、ラインナップで一番パワフルでハードな仕様、SVRである。スーパーチャージャー付きの5リッターV8エンジンは、ジャガーのロードカーの歴史で最も強力な575psと700Nmを誇り、0-100km/h加速は3.7秒で駆け抜けるという。最高速はスーパースポーツカーの領域に足を踏み入れた322km/h。駆動方式は4WDを採用している。

じっくりとフロントデザインを見ていた谷口がボディーの側面に回り、ドアを開け、運転席に着いた。骨太なデザインのステアリングに、2眼のアナログメーター。深いサイドサポートを持つ“パフォーマンスシート”には、しゃれたキルティング加工が施され、ボディー色に合わせた青いパイピングとステッチが施されている。しかし、黒で締められた室内は総じてオトコっぽく、スパルタンなイメージだ。ここでようやく谷口が冗舌に語り始めた。Fタイプを表現する言葉を見つけ始めたようだ。

「どちらかといえば、オーソドックスなスポーツカーの世界を表現していますよね。クラシックというか……。あえてこうしているのでしょうけど、となると、走りがどうなのか、楽しみですよね」
そう言って、箱根のワインディングロードに、雄々しい排気音とともに出ていった。

 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大
 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大
 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大
ジャガーFタイプSVRクーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1925×1315mm/ホイールベース:2620mm/車重:1840kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:575ps(423kW)/6500rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:1787万円
ジャガーFタイプSVRクーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1925×1315mm/ホイールベース:2620mm/車重:1840kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:575ps(423kW)/6500rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:1787万円拡大
 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, ジャガー,

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る