ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)

2017.11.30 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は当連載初登場のジャガー、そのスポーツモデルの頂点に君臨する「FタイプSVRクーペ」である。名門ブランドならではの強い個性と575psものパワーを併せ持つスーパースポーツカーに、谷口が果敢に挑戦する!

オーソドックスな魅力が光る

フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ、アストンマーティン、マクラーレン……。当連載ではこれまでさまざまなスポーツカーに試乗してきたが、肝心なモデルに乗るのを忘れていたことに気付いた。英国スポーツカーブランドの名門、ジャガーである。

初顔合わせということもあってか、谷口もいつもより言葉少なだ。Fタイプのウルトラブルーのボディーカラーが、まるで谷口を威嚇するかのごとく、存在感をグイグイとアピールしてくる。そのせいで谷口の“勝負スイッチ”が早くもオンになってしまったのかもしれない。

Fタイプにはこの秋、2リッターの直4“インジニウム”ガソリンエンジンを搭載するモデルが加わって、一段とバリエーションが豊富になった。しかし、谷口と相まみえるのは、ラインナップで一番パワフルでハードな仕様、SVRである。スーパーチャージャー付きの5リッターV8エンジンは、ジャガーのロードカーの歴史で最も強力な575psと700Nmを誇り、0-100km/h加速は3.7秒で駆け抜けるという。最高速はスーパースポーツカーの領域に足を踏み入れた322km/h。駆動方式は4WDを採用している。

じっくりとフロントデザインを見ていた谷口がボディーの側面に回り、ドアを開け、運転席に着いた。骨太なデザインのステアリングに、2眼のアナログメーター。深いサイドサポートを持つ“パフォーマンスシート”には、しゃれたキルティング加工が施され、ボディー色に合わせた青いパイピングとステッチが施されている。しかし、黒で締められた室内は総じてオトコっぽく、スパルタンなイメージだ。ここでようやく谷口が冗舌に語り始めた。Fタイプを表現する言葉を見つけ始めたようだ。

「どちらかといえば、オーソドックスなスポーツカーの世界を表現していますよね。クラシックというか……。あえてこうしているのでしょうけど、となると、走りがどうなのか、楽しみですよね」
そう言って、箱根のワインディングロードに、雄々しい排気音とともに出ていった。

 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大
 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大
 
ジャガーFタイプSVRクーペ(前編)の画像拡大
ジャガーFタイプSVRクーペ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1925×1315mm/ホイールベース:2620mm/車重:1840kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:575ps(423kW)/6500rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:1787万円
ジャガーFタイプSVRクーペ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1925×1315mm/ホイールベース:2620mm/車重:1840kg/駆動方式:4WD/エンジン:5リッターV8 DOHC 32バルブ スーパーチャージャー付き/トランスミッション:8段AT/最高出力:575ps(423kW)/6500rpm/最大トルク:700Nm(71.4kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)265/35ZR20 (後)305/30ZR20/価格:1787万円拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • “E”から“F”へ 受け継がれるスポーツカーの美学 2021.3.10 F-TYPEに宿るジャガーのフィロソフィー<AD> ジャガーの名声を確立した世界的名車「E-TYPE」と、今日のブランドイメージをけん引するピュアスポーツカー「F-TYPE」。2台のスポーツカーの間で、半世紀以上の時を越えて受け継がれる美点とは何か。ジャガーが掲げ続けるスポーツカーのフィロソフィーを探った。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICコンバーチブルP300(後編) 2021.5.23 池沢早人師の恋するニューモデル 前回、「とにかく足の収まりがいいので安心して飛ばせる」と「ジャガーFタイプ コンバーチブル」のシャシーを評価した漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。過去、何台ものオープンカーを愛車にしてきたベテランの最終ジャッジは?
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • ジャガーFタイプ S クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.1.7 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、6段マニュアルトランスミッション搭載車が追加された。変速機の違いは、その走りをどのように変えるのだろうか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る