第466回:ボルボの“神話”はここで磨かれる
スウェーデン・イエテボリの本社を訪問する

2017.12.28 エディターから一言
ボルボのセーフティーセンターでシニアテクニカルアドバイザーを務めるヤン・イヴァソン氏。
ボルボのセーフティーセンターでシニアテクニカルアドバイザーを務めるヤン・イヴァソン氏。拡大

創業以来、一貫して自動車の安全性の向上に尽力してきたボルボ。同社のセーフティーの基礎にはどのような考え方があるのだろうか。最近ボルボのもうひとつの特長となりつつあるデザイン分野と併せ、スウェーデン・イエテボリの本社で“ふたつの神話”の磨き方を聞いた。

ボルボのセーフティーの肝は事故調査(Real world data)にある。このデータを元にプロトタイプ、そして量産車を開発する輪が形成されている。
ボルボのセーフティーの肝は事故調査(Real world data)にある。このデータを元にプロトタイプ、そして量産車を開発する輪が形成されている。拡大
セーフティーセンターには事故車両が展示されている。これは側面衝突に遭った旧型「S60」。
セーフティーセンターには事故車両が展示されている。これは側面衝突に遭った旧型「S60」。拡大
衝突実験に供された旧型「XC60」。
衝突実験に供された旧型「XC60」。拡大

安全の肝は事故調査

スウェーデンを代表する乗用車メーカー、ボルボ・カーズの本拠地は、この国第2の都市イエテボリにある。スペインで行われた新型車「XC40」の国際試乗会後、この地でボルボの2つのアピールポイント、セーフティーとデザインについて説明を受けた。

セーフティーのプレゼンテーションを担当したのは、セーフティーセンターでシニアテクニカルアドバイザーを担当するヤン・イヴァソン氏。30年間安全を見続けてきたベテランで、今から10年前、「2020年までにボルボの新車で事故による死傷者を出さない」というメッセージを出した方でもある。

イヴァソン氏によれば、ボルボのセーフティーの肝となっているのは事故調査だという。調査結果をコンピューターで解析し、結果をもとにプロトタイプを作り、これをベースにして量産車を開発する。この作業を繰り返すことで進化をしていくと語っていた。

そのためにボルボは自前の事故調査隊を持っており、保険会社や医師などとも連携している。社員が乗る車両の一部にはモニター機器も搭載している。活動はスウェーデンが中心だが、重大事故であれば日本にもこの調査隊を送り込むそうだ。

セーフティーセンターには展示室もあり、側面衝突に遭った旧型「S60」が置いてあった。驚くことにボルボは、同じ事故状況を再現することで構造や作動をチェック。当事者にも衝突実験の現場を見てもらっている。

ここで得られたデータは数百項目に分けて分析し、ビッグデータを構築している。どういう時に事故が起こるか、新しい安全技術は効果を発揮しているかなどを知ることができる。こうした蓄積が、決して大きくはない自動車会社をセーフティーの分野で世界一としたのだろう。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『webCG』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
ホームへ戻る