セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場

2018.02.01 自動車ニュース
「セイコー・アストロン ホンダNSX限定モデル」
「セイコー・アストロン ホンダNSX限定モデル」拡大

セイコーウオッチは2018年2月1日、GPSソーラーウオッチ「アストロン」に「ホンダNSX」とコラボレートした特別仕様モデルを設定し、同年3月9日に1000本の本数限定で発売すると発表した。

 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大

微細なディテールにまでNSXデザインを採用

今回の限定モデルは、サファイアガラス製のベゼルリングとシャープな面構成によるケース、ブレスレットデザインなどを備えた上級モデル「エグゼクティブライン」をベースに、随所にNSXをモチーフにしたデザインを採用している。

ダイヤルはNSXのフロントグリルをモチーフにした、ハニカム柄の立体成型デザインで、その上にはNSXのインパネと同じフォントを使用したアワーマークがレイアウトされる。ケースはNSXのボディーフォルムをイメージ。アルミホイールをモチーフにしたという裏ぶたには「NSX」のロゴと「Limited Edition」の文字、さらにシリアルナンバーが刻印される。

また、ベゼルの10時位置側面には、NSXの生産拠点である、米国のオハイオ州メアリズビルのPMC(パフォーマンスマニュファクチュアリングセンター)にちなみ、メアリズビルを含むコロンバス都市圏のポート・コロンバス国際空港の空港コードである「CMH」が刻印される。

レザーストラップには、NSXのインテリア(レザーシートを含む)と同じレッド/ブラックのコンビネーションカラーを採用したほか、りゅうずにはNSXのドライブモード切り替え機構「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」のセレクターと同じデザインを、また2時と4時位置に備わるストップウオッチのスタート/ストップ・リセットボタンにはアクセル/ブレーキペダルをモチーフにしたデザインを用いている。

タキメーターの目盛りには、アストロンとしては初めて蓄光塗料にルミブライトを採用。ベゼルの2時位置にはNSX(欧州仕様)の最高速度308km/hにちなんで「308」の数字が記されている。ベゼルのほかの目盛りが水色に発光するのに対し、この308のみ緑色に発光する。

価格は32万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
NSX, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る