セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場

2018.02.01 自動車ニュース
「セイコー・アストロン ホンダNSX限定モデル」
「セイコー・アストロン ホンダNSX限定モデル」拡大

セイコーウオッチは2018年2月1日、GPSソーラーウオッチ「アストロン」に「ホンダNSX」とコラボレートした特別仕様モデルを設定し、同年3月9日に1000本の本数限定で発売すると発表した。

 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大
 
セイコーから「ホンダNSX」とのコラボウオッチが登場の画像拡大

微細なディテールにまでNSXデザインを採用

今回の限定モデルは、サファイアガラス製のベゼルリングとシャープな面構成によるケース、ブレスレットデザインなどを備えた上級モデル「エグゼクティブライン」をベースに、随所にNSXをモチーフにしたデザインを採用している。

ダイヤルはNSXのフロントグリルをモチーフにした、ハニカム柄の立体成型デザインで、その上にはNSXのインパネと同じフォントを使用したアワーマークがレイアウトされる。ケースはNSXのボディーフォルムをイメージ。アルミホイールをモチーフにしたという裏ぶたには「NSX」のロゴと「Limited Edition」の文字、さらにシリアルナンバーが刻印される。

また、ベゼルの10時位置側面には、NSXの生産拠点である、米国のオハイオ州メアリズビルのPMC(パフォーマンスマニュファクチュアリングセンター)にちなみ、メアリズビルを含むコロンバス都市圏のポート・コロンバス国際空港の空港コードである「CMH」が刻印される。

レザーストラップには、NSXのインテリア(レザーシートを含む)と同じレッド/ブラックのコンビネーションカラーを採用したほか、りゅうずにはNSXのドライブモード切り替え機構「インテグレーテッド・ダイナミクス・システム」のセレクターと同じデザインを、また2時と4時位置に備わるストップウオッチのスタート/ストップ・リセットボタンにはアクセル/ブレーキペダルをモチーフにしたデザインを用いている。

タキメーターの目盛りには、アストロンとしては初めて蓄光塗料にルミブライトを採用。ベゼルの2時位置にはNSX(欧州仕様)の最高速度308km/hにちなんで「308」の数字が記されている。ベゼルのほかの目盛りが水色に発光するのに対し、この308のみ緑色に発光する。

価格は32万4000円。

(webCG)

関連キーワード:
NSX, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2019.1.22 試乗記 3.5リッターV6ツインターボエンジン+トリプルモーターを搭載したホンダのスーパースポーツ「NSX」が、デビュー以来初のマイナーチェンジを受けた。新たに開発責任者に日本人を据えたことで、走りの味付けはどのように変化したのだろうか。
  • 第116回:思えば初代NSXは爆安だった 2018.12.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第116回は「思えば初代NSXは爆安だった」。2370万円で登場した新型「NSX」。この値付けは高い!? 安い!? 中古フェラーリとの比較を交えながら、カーマニアの支持を集めた、初代NSXに思いをはせる。
ホームへ戻る