フォルクスワーゲン、サウンドにこだわった3種の限定車を発売

2018.02.01 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント ディナウディオエディション」(写真左)と「ゴルフ ディナウディオエディション」。
「フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント ディナウディオエディション」(写真左)と「ゴルフ ディナウディオエディション」。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月1日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」に特別仕様車「DYNAUDIO Edition(ディナウディオエディション)」をそれぞれ設定し、各300台の台数限定で発売した。

「ゴルフ/ゴルフヴァリアント ディナウディオエディション」には、9スピーカー、10チャンネルからなるサウンドシステムが装着される。
「ゴルフ/ゴルフヴァリアント ディナウディオエディション」には、9スピーカー、10チャンネルからなるサウンドシステムが装着される。拡大
「ゴルフ ディナウディオエディション」に特別装備される「ヴォルケーノブラウン」のマイクロフリースとナパレザーのコンビシート。
「ゴルフ ディナウディオエディション」に特別装備される「ヴォルケーノブラウン」のマイクロフリースとナパレザーのコンビシート。拡大
「ティグアン ディナウディオエディション」
「ティグアン ディナウディオエディション」拡大
「ティグアン ディナウディオエディション」には、10スピーカー、16チャンネルからなるサウンドシステムが装着される。
「ティグアン ディナウディオエディション」には、10スピーカー、16チャンネルからなるサウンドシステムが装着される。拡大
「ティグアン ディナウディオエディション」が特別装備する「サフラノオレンジ」のレザーシート。
「ティグアン ディナウディオエディション」が特別装備する「サフラノオレンジ」のレザーシート。拡大
「ディナウディオエディション」では、専用の車両のサウンド設定画面も用意される。
「ディナウディオエディション」では、専用の車両のサウンド設定画面も用意される。拡大

今回のディナウディオエディションは、各車の「TSIハイライン」グレードをベースに、デンマークのハイエンドオーディオメーカー、ディナウディオとの共同開発によるプレミアムサウンドシステムを装着した特別仕様車である。

ゴルフ ディナウディオエディションおよびゴルフヴァリアント ディナウディオエディションには、8つのラウドスピーカーと、スペアホイールリセスに設置された10.5リッターデュアルコイルサブウーファーの、計9つのスピーカーが装着され、それぞれが最適なバランスに調整される。総出力400Wの10チャンネルデジタルアンプがこれらを制御し、高音域から低音域まで、ダイナミックでゆがみのないサウンドを楽しめるという。

上記した9つのスピーカーに加えて、ティグアン ディナウディオエディションにはセンタースピーカーが装着されるほか、ステレオサウンドをサラウンドサウンドへと変換する「ドルビープロロジックII」にも対応している。

オーディオシステム以外にも、全モデル共通で華やかなカラーのレザーシートが装着される。

ボディーカラーは、ゴルフ ディナウディオエディションとティグアン ディナウディオエディションは「インジウムグレーメタリック」(限定150台)と「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」(同150台)の2色展開、ゴルフヴァリアント ディナウディオエディションには「インジウムグレーメタリック」(同300台)のみが設定される。

各車の特別装備の内容は以下の通り。

【ゴルフ ディナウディオエディション】

  • プレミアムサウンドシステム「DYNAUDIO」(総出力400W、10チャンネル9スピーカー)
  • ヴォルケーノブラウンマイクロフリース&ナパレザーシート/シートヒーター(運転席/助手席)
  • ディナウディオエディション専用ドアシルプレート/ ウッドデコラティブパネル /ボディー同色ルーフアンテナ
  • ディナウディオエディション専用17 インチアルミホイール
  • フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • デジタルメータークラスター「Active Info Display」
  • LED テールランプ(ダイナミックターンインジケーター付き)
  • ダイナミックコーナリングライト/ダイナミックライトアシスト

【ゴルフヴァリアント ディナウディオエディション】

  • プレミアムサウンドシステム「DYNAUDIO」(総出力400W、10チャンネル9スピーカー)
  • ヴォルケーノブラウンマイクロフリース&ナパレザーシート
  • シートヒーター(運転席/助手席)
  • ディナウディオエディション専用ドアシルプレート/ウッドデコラティブパネル/ボディー同色ルーフアンテナ
  • ディナウディオエディション専用17 インチアルミホイール
  • フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • デジタルメータークラスター「Active Info Display」
  • ダイナミックコーナリングライト
  • ダイナミックライトアシスト

【ティグアン ディナウディオエディション】

  • プレミアムサウンドシステム「DYNAUDIO」(総出力400W、16チャンネル10スピーカー)
  • パワーテールゲート(イージーオープン&イージークローズ機能付き)
  • サフラノオレンジレザーシート
  • 運転席パワーシート(前後/高さ/角度/リクライニング、メモリー付き)
  • パワーランバーサポート(運転席)
  • ボディー同色ルーフアンテナ
  • 235/50R19モビリティータイヤ/7Jx19アルミホイール

価格はゴルフ ディナウディオエディションが362万9000円、ゴルフヴァリアント ディナウディオエディションが376万9000円、ティグアン ディナウディオエディションが471万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフ, ゴルフヴァリアント, ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る