クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日本での常識は通用しない?
日・米・欧、都市部のクルマ事情

2018.04.23 デイリーコラム

マンハッタンのクルマはおおむね汚れている?

世界的な都市部への人口集中が加速する中、公共交通の整備やクルマを使った新たなるサービスの普及が進んでいる。例えば、次世代型路面電車(LRT)の新設や、ライドシェアリング、そして個人間での自動車レンタルなどだ。そうした時代変化を踏まえた上で、アメリカ、欧州、そして日本のクルマ事情を比較して見ると、意外な違いが浮き彫りになってくる。

トランプ政権の強硬な経済政策が奏功し、なんだかバブルっぽい雰囲気が漂うニューヨークのマンハッタン。地下鉄は整備され、またイエローキャブも多く、さらに最近はUberやLyftなどライドシェアリングを利用する人も増えている。

そんな世界屈指の大都市では、ピカピカの高級車がウジャウジャいるかと思いきや……。ロールス・ロイスやベントレーなど3000万円級の欧州車にお目にかかることは極めて珍しく、メルセデスやBMWでも最上級モデルではなく「Eクラス」や「5シリーズ」が主流といった印象だ。一方、アメリカ車の場合は、黒塗りの「キャデラック・エスカレード」や「リンカーンMKX」が目立つ。こちらは、ホテルの送迎車でもエグゼクティブ用の運転手付きの社用車でもなく、ライドシェアリングのUberやLyft用に個人が所有しているクルマが多い。

驚くことに、こうしたマンハッタンを走る高級車は、ボディーが汚れているケースが少なくない。室内は最低限の清掃はしているものの、日本のようにガソリンスタンドで徹底的にボディーを磨き上げるという感じではないのだ。どんな高級車であっても、アメリカ人にとってクルマは“移動のための道具”という意識が強いためではないだろうか。

ニューヨーク州マンハッタン ミッドタウンの道路交通の様子。
ニューヨーク州マンハッタン ミッドタウンの道路交通の様子。拡大
ヒルトンなどといった高級ホテルの周辺でも、ロールス・ロイスやベントレーなどの姿は稀(まれ)だ。
ヒルトンなどといった高級ホテルの周辺でも、ロールス・ロイスやベントレーなどの姿は稀(まれ)だ。拡大

欧州型のカーシェアは“路上駐車”が前提

では、マンハッタンから大西洋を渡って欧州の都市部はどうか?

LRTとともに、北欧では専用レーンがある次世代バス交通(BRT)を併用するケースが増えている。ライドシェアリングについては、一部の都市ではタクシー業界などの既得権益を守るため、行政によって導入が許可されていない。これは日本も同じだ。

次に道行くクルマの様子を見ると、こちらはアメリカと同じく、高級車のボディーのピカピカ具合で日本に劣っている印象だ。ただ、古き良き時代からの伝統あるホテルの送迎車などは、当然のごとくケアが行き届いており、内外装ともに奇麗なクルマが多い。

別の視点で欧州の都市部を見ると、とても気になることがある。それが路上駐車だ。止められているクルマのボディーは、前後バンパーなどに大きな傷がある場合が多い。なにせ、車間距離が数cmといったキュウキュウな状態で縦列駐車しているのだから、そこから脱出しようと思ったら前後のクルマを押しのけるしか手がない。結果的に、バンパーが傷ついてしまうのだ。

以前と比べて、そうした強引な駐車マナーはだいぶ減ったようだが、それでも日本では考えられないような、超過密な路上駐車をよく目にする。ヨーロッパの都市部では、集合住宅に駐車場が完備されていない場合が多く、路上駐車を容認する地域も多いのだ。

逆に、こうした路上駐車の事情から発想されたサービスが、メルセデスのCAR2GOとBMWのDriveNowだ。これらは、決められた地域内でなら、路上での“乗り捨て”が可能なカーシェアリングとして、急成長している。会員数はそれぞれ300万人と100万人で、車両台数は約1万4000台と6000台。ダイムラーとBMWは、両サービスの統合に向けて調整を進めている段階だ。

日本でも都市部を中心にカーシェアリングの普及が進んでいるが、指定の駐車場を発着することが基本であり、片道での利用は不可。そもそも路上駐車が法律で禁止されているため、欧州型のサービスは実施できないのだ。

日本では廃れた感のある路面電車だが、欧州では環境に優しい移動手段として交通の一翼を担っている。写真はスペイン・バルセロナのトラム。
日本では廃れた感のある路面電車だが、欧州では環境に優しい移動手段として交通の一翼を担っている。写真はスペイン・バルセロナのトラム。拡大
欧米では路上駐車が当然のこととして受け入れられているが、その事情も場所によってさまざま。バルセロナ市街では、巨大な交差点の四隅に横並びにクルマが止められていた。
欧米では路上駐車が当然のこととして受け入れられているが、その事情も場所によってさまざま。バルセロナ市街では、巨大な交差点の四隅に横並びにクルマが止められていた。拡大
BMW本社に敷設された、カーシェアリングサービス「DriveNow」のための駐車場。
BMW本社に敷設された、カーシェアリングサービス「DriveNow」のための駐車場。拡大

日本ではなじみのないカンパニーカーという存在

もうひとつ、日本と欧米の都市部におけるクルマ事情の大きな違いは、カンパニーカーの存在だ。欧米企業では、中間管理職以上の幹部社員や役員に対する就業規定の一部として、通勤に利用する自動車を貸与する制度がある。これを一般的にカンパニーカーと呼ぶ。もちろん、週末に家族と一緒に出かける場合でも利用は可能だ。車種についても、幹部社員や役員なら、企業が設定する予算に応じて新車を選ぶことができる場合もある。

日本でもガソリン代や高速料金など、自動車に対する通勤手当はあるが、社長など経営陣の一部を除き、社員にクルマを丸ごと貸与するカンパニーカー制度を導入しているケースは稀(まれ)だ。一方で、欧米の都市部で目にする個人が乗る高級車の多くは、実はカンパニーカーなのだ。

昨今、都市部におけるクルマの話題というと、自動運転や通信によるコネクテッドサービスを使ったEVの活用など、ITを用いた革新的な技術が取りざたされることが多い。だが、そうした技術開発を進める上でも、現状における各都市でのクルマの使われ方を十分に理解する必要があるのではないだろうか。アメリカや欧州各国を巡りながら、あらためてそう感じた。

(文=桃田健史/写真=堀田剛資/編集=堀田剛資)

米ロサンゼルスの通勤渋滞の様子。この中にも、少なくない数のカンパニーカーが交じっているはずだ。
米ロサンゼルスの通勤渋滞の様子。この中にも、少なくない数のカンパニーカーが交じっているはずだ。拡大
個人所有に加え、レンタカーやカーシェアリング、カンパニーカーと、欧米ではさまざまな形の「人とクルマの関係」が実践されている。駐車場事情も含め、日本とはクルマとの付き合い方が大きく異なっているのだ。
個人所有に加え、レンタカーやカーシェアリング、カンパニーカーと、欧米ではさまざまな形の「人とクルマの関係」が実践されている。駐車場事情も含め、日本とはクルマとの付き合い方が大きく異なっているのだ。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。