クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第498回:右も左もRENAULT SPORT!
富士スピードウェイの中心でルノー愛を叫ぶ

2018.04.28 エディターから一言
富士スピードウェイのレーシングコースを走る「ルノー・ルーテシア ルノースポール」(手前)と、「クリオ ウィリアムズ」(奥)。
富士スピードウェイのレーシングコースを走る「ルノー・ルーテシア ルノースポール」(手前)と、「クリオ ウィリアムズ」(奥)。拡大

ルノーの高性能モデル「ルノースポール」(以下R.S.)にスポットを当てたファン向けの公式イベント「ルノー・スポール・ジャンボリー」が富士スピードウェイで開催された。2年ぶり、9回目となるイベント会場に集ったファンたちの、熱いルノー愛をお届けする。

青空に映える富士山と黄色いルノーののぼり旗。2018年の「ルノー・スポール・ジャンボリー」は、見事な晴天の下で開催された。
青空に映える富士山と黄色いルノーののぼり旗。2018年の「ルノー・スポール・ジャンボリー」は、見事な晴天の下で開催された。拡大
新旧ルノー車が勢ぞろいしたCパドックの様子。最新モデルに加え、往年の「アルピーヌ」などといった珍しいモデルの姿も。
新旧ルノー車が勢ぞろいしたCパドックの様子。最新モデルに加え、往年の「アルピーヌ」などといった珍しいモデルの姿も。拡大
ルノーののぼり旗と同じ、イエローのボディーカラーをまとった車両の一団。参加車両は、やはり「メガーヌ」や「ルーテシア」などの高年式車が多くを占めていた。
ルノーののぼり旗と同じ、イエローのボディーカラーをまとった車両の一団。参加車両は、やはり「メガーヌ」や「ルーテシア」などの高年式車が多くを占めていた。拡大

富士の裾野に250台を超えるルノーが大集合

2018年4月22日、ルノー・ジャポン主催の公式イベント「ルノー・スポール・ジャンボリー」が帰ってきた。昨年は残念にも実施が見送られたが、今年は無事に、自動車ファンに向けたイベント「モーターファンフェスタ2018」と共催する形で開催。春というよりは初夏を思わせる快晴の下、専用会場となるCパドックには、開場と共にR.S.を中心に新旧のルノー車が勢ぞろい。雄大な富士山のもとに集ったその総数は、実に250台を超えた。

どこを見ても一面ルノーだらけという光景は、実に壮大。そんな会場を見渡してみると、やはり圧倒的に台数が多いのは現行型の「メガーヌR.S.」と「ルーテシアR.S.」の2モデルだが、もちろん「トゥインゴ」を含めた歴代R.S.も顔をそろえている。さらに、往年の名車である「サンクターボ」や元祖「アルピーヌA110」といった希少車も登場するなど、その顔ぶれは実に個性豊か。オーナー同士の交流も盛んに行われ、同型車や新旧モデルのオーナー同士が、愛車を前に談笑する姿が見受けられた。

富士スピードウェイで開催されるイベントなのだから、走りにまつわる催しも忘れてはならない。例年同様、レーシングコースではタイム計測付きのスポーツ走行「ルノー・スポールカップ」が実施され、R.S.モデルや、アルピーヌ、ゴルディーニといった走り自慢のルノーが快走を披露した。

ルノー の中古車

見ても楽しい、走っても楽しい

この走行会、カテゴリーは排気量2リッター以下の「A」クラスとそれ以上の「B」クラスの2つに分かれており、Aクラスには現行型ルーテシアR.S.を中心に、「クリオ ウィリアムズ」をはじめとした珍しいモデルもちらほら。一方、Bクラスは「メガーヌR.S.」が中心となるため、スピードレンジも高く迫力満点。その中には、ワンメイクレース用のレーシングマシン「メガーヌ トロフィーV6」も見られるなど、とても日本のサーキットとは思えない雰囲気は、まさにルノー・スポール・ジャンボリーならではのものだった。この走行会の魅力は、サーキット初心者も挑戦できる懐の深いところ。今回もサーキット初体験というオーナーが数名参加し、走行を楽しんだ。

走るだけじゃなく、見て触れる楽しみもある。Aパドックにはルノー車の展示コーナーが設けられ、4月12日に正式発売されたばかりの最新SUV「カジャー」も飾られた。この日が初見となる人も多かったようで、細部まで入念にチェックする姿も……。今、最も人気の高いカテゴリーのSUVだが、ルノーのラインナップでは、2016年に「コレオス」の販売が終了。しばらくは「SUVはコンパクトな『キャプチャー』1台だけ」という事態が続いていた。カジャーは、ルノーファンにとって待望のモデルなのだ。

ところで、この展示スペースにはカジャーのほかにも「トゥインゴGT」「メガーヌGT」といった最新モデルも並べられていたのだが、それらとともにベールをまとった謎のモデルが1台。実はこれ、今年のサプライズとなる新型車だったのだ。そのお披露目は、お昼に行われるステージイベントと告知されていたため、ステージ前の観覧席には、カメラを構えたルノーファンが早くから待機していた。

スポーツ走行の「ルノー・スポールカップ」の様子。最新のR.S.モデルはもちろん、「サンクターボ2」や「クリオV6」といった珍しい車両も登場した。
スポーツ走行の「ルノー・スポールカップ」の様子。最新のR.S.モデルはもちろん、「サンクターボ2」や「クリオV6」といった珍しい車両も登場した。拡大
ワンメイクレース用の純レーシングカー「メガーヌ トロフィーV6」。
ワンメイクレース用の純レーシングカー「メガーヌ トロフィーV6」。拡大
2018年に入ってから日本に正式導入された2台の最新モデル。手前が「トゥインゴGT」。奥で来場者に囲まれているのが「カジャー」だ。
2018年に入ってから日本に正式導入された2台の最新モデル。手前が「トゥインゴGT」。奥で来場者に囲まれているのが「カジャー」だ。拡大
2018年4月に発売されたばかりの「カジャー」。「キャプチャー」の兄貴分にあたるCセグメントのSUVである。
2018年4月に発売されたばかりの「カジャー」。「キャプチャー」の兄貴分にあたるCセグメントのSUVである。拡大

ルノーを愛する者に休むことは許されない

ステージに登場したルノー・ジャポンの大極 司社長によって紹介された謎の新型車は、なんと5月半ばに正式発表が予定されている限定車「ルーテシアR.S.18」だった。エクステリアは、エンブレムを含め各部がブラックで統一されており、イエローのワンポイントと専用デカールが気分をかき立てる、かなりレーシーな雰囲気に仕立てられている。これはルノー・スポールF1チームのマシン「R.S.18」のデザインを取り入れたもの。インテリアを確認すると、スエード調素材とレザーのコンビステアリングや、シリアルナンバー入りの専用キックプレートなども確認できた。

本当に、つい前日に日本に上陸したばかりという“真っさら”な限定車の登場に、ステージは大いに盛り上がった。大極社長は、まだ詳細は明かせないとしつつ、「ルノーは今年創業120周年。その翌年から創業者ルイ・ルノーはモータースポーツに取り組み、さらにF1も今年40周年を迎える。モータースポーツと関わりの深いブランドなのです」とコメント。ルーテシアR.S.18を、ルノーのモータースポーツの歴史から生まれた高性能モデル「ルノースポール」を象徴する一台として紹介した。

イベントの締めくくりは、富士スピードウェイのレーシングコースをパレードランする「オール・ルノー・ラン」である。R.S.シリーズだけでなく、多種多様なモデルを含めた約100台のルノーがメインストレートに集結。走行前にはグリッドウオークの時間も設けられ、参加者たちは記念撮影などを楽しんだ。その後、参加者たちはペースカーに先導されながら、愛車とともにサーキットを2周。他のルノーファンと共に過ごした楽しい休日に別れを告げた。

しかし、ルノーを愛するものに別れの余韻に浸っている暇はない。“スポール”の次は“カングー”が控えていることをお忘れなく。来月の5月13日には、「ルノー・カングー・ジャンボリー」が開催されるのだ。今年も会場では、きっと多くの再会と新たな出会いが待っているにちがいない。

(文と写真=大音安弘/編集=堀田剛資)
 

ファンに向けてお披露目された「ルーテシアR.S.18」。2018年シーズンに投入されたF1マシンと同じ車名を冠する、限定モデルである。
ファンに向けてお披露目された「ルーテシアR.S.18」。2018年シーズンに投入されたF1マシンと同じ車名を冠する、限定モデルである。拡大
モータースポーツにおけるルノーの歴史と、「ルーテシアR.S.18」の特徴について説明する、ルノー・ジャポンの大極 司社長。
モータースポーツにおけるルノーの歴史と、「ルーテシアR.S.18」の特徴について説明する、ルノー・ジャポンの大極 司社長。拡大
「オール・ルノー・ラン」の走行前に行われた、グリッドウオークの様子。
「オール・ルノー・ラン」の走行前に行われた、グリッドウオークの様子。拡大
約100台もの色とりどりのルノー車が、富士スピードウェイのレーシングコースを走る。
約100台もの色とりどりのルノー車が、富士スピードウェイのレーシングコースを走る。拡大
今回も盛況のうちに終わった「ルノー・スポール・ジャンボリー」。5月には日本全国津々浦々から「カングー」が集う、「ルノー・カングー・ジャンボリー」が行われる。
今回も盛況のうちに終わった「ルノー・スポール・ジャンボリー」。5月には日本全国津々浦々から「カングー」が集う、「ルノー・カングー・ジャンボリー」が行われる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ルノー の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。