第518回:新旧7台のアストンマーティンでルマンを目指す
英~仏800kmの旅路で感じた名門のヘリテージ

2018.08.16 エディターから一言
ルマンを目指すアストンマーティンの新旧モデル。
ルマンを目指すアストンマーティンの新旧モデル。拡大

1958年に登場したヒストリックカーから、2018年デビューの最新モデルまで、7台のアストンマーティンとともにロンドンを出発し、目指すはフランスのルマン。ドーバー海峡をまたいだ800kmのツーリングを通して、英国の名門が守るヘリテージと、最新モデルにも連綿と受け継がれるフィロソフィーに触れた。

1泊2日、約800kmのツーリングへと出発する7台のアストンマーティン。筆者は今回、「DB4」「DB6ヴォランテ」「DB11ヴォランテ」「DB11 AMR」の4台をドライブした。
1泊2日、約800kmのツーリングへと出発する7台のアストンマーティン。筆者は今回、「DB4」「DB6ヴォランテ」「DB11ヴォランテ」「DB11 AMR」の4台をドライブした。拡大
フランスへはユーロトンネルを通る列車を使って渡海。写真はシャトル(車両運搬列車)に積まれた3台のクラシックモデル。
フランスへはユーロトンネルを通る列車を使って渡海。写真はシャトル(車両運搬列車)に積まれた3台のクラシックモデル。拡大
ノルマンディーのホテルレストラン「Le Manoir Du Lys」にて。
ノルマンディーのホテルレストラン「Le Manoir Du Lys」にて。拡大
信号待ちの列に並ぶ「DB6ヴォランテ」と、退屈そうに頭に手を当てるドライバー。
信号待ちの列に並ぶ「DB6ヴォランテ」と、退屈そうに頭に手を当てるドライバー。拡大

800kmの旅路を7台のアストンと行く

アストンマーティンのヒストリックモデルと最新モデルを乗り換えながら、ロンドンからルマンまで走っていかないか? そして現地で24時間レースを走るアストンを応援しよう──。当のアストンマーティンから、ファンにとっては夢のようなそんなツーリングへのお誘いをいただいて、断ることのできるヤツなんていないだろう。僕だってもちろんそうで、間髪入れず、一点の迷いもなく「喜んで」と返事を伝えたのだった。

6月14日の夕方。集合場所でもあったロンドン郊外の宿泊先に集った参加者は、僕を入れて8人。世界の各地から飛んできた“同業”たちだ。「アストンのヘリテージモデルには乗ったことがないから楽しみだ」という30代から、「最近のアストンは速すぎてパフォーマンスを使いきれないよ」と笑う50代後半まで、世代はさまざまだが、皆に共通しているのは、言葉にしなくても伝わってくる「アストン、好きなんだよねぇ」だ。僕たちは「DB4」「DB6」「DB6ヴォランテ」という3台のヒストリックモデル、「DB11 V8」「DB11ヴォランテ」「ヴァンテージ」、そしてデビューしたばかりの「DB11 AMR」という4台の最新ラインナップを、途中途中で融通し合い、乗り換えながら走っていく。なんと心豊かになれることか。

旅の道程は、ロンドンの西から市街南側をかすめ、一般道と高速道路を使ってケータハム、メードストン経由でドーバー海峡沿いのフォークストンへ。そこから車両運搬シャトルでフランスのカレーに渡ると、再び高速道路と一般道を走り、アブヴィル、ルアーブル経由で印象派が好んだ美しい港町オンフルールに入る。そこで1泊し、翌朝は内陸に入ってファレーズ経由でノルマンディーの丘陵地帯を抜け、ルマンへ。総走行距離およそ800km弱、一日平均およそ400kmの道のりだ。距離は大したことないが、とても英国らしいカントリーロードから、ロンドン近郊の混み合うハイウェイ、ノルマンディーの海沿いから走っても眺めても飽きない美しい丘陵地帯と、変化に富んでいる。心に効くグランドツーリングである。

あなたにおすすめの記事
新着記事