第1回:トヨタ・クラウン(前編)

2018.08.29 カーデザイナー明照寺彰の直言
「トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス」
「トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス」拡大

現役のカーデザイナーが話題のニューモデルのデザインを語る。記念すべき第1回のテーマは、国産車の中でも有数の歴史と伝統を誇る高級セダン「トヨタ・クラウン」。オーナー層の若返りという使命を帯びた新型の造形には、デザイナーの苦悩と葛藤が表れていた。

2018年6月に発表された、15代目となる新型「クラウン」。長らく用いてきた「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」というモデル体系を廃止したり、ガラスエリアを“シックスライト”としたりするなど、これまでとはあらゆる点で異なるモデルとなっている。
2018年6月に発表された、15代目となる新型「クラウン」。長らく用いてきた「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」というモデル体系を廃止したり、ガラスエリアを“シックスライト”としたりするなど、これまでとはあらゆる点で異なるモデルとなっている。拡大
デザインについては、スポーティーな「RS」系と、その他のグレードとで分けられている。写真は“非RS系”の「3.5 Gエグゼクティブ」。新型クラウンの最上級グレードである。
デザインについては、スポーティーな「RS」系と、その他のグレードとで分けられている。写真は“非RS系”の「3.5 Gエグゼクティブ」。新型クラウンの最上級グレードである。拡大
「Simple & Emotion(シンプル アンド エモーション)」をテーマにデザインされたインテリア。ダッシュボードに備わる2枚のディスプレイが目を引く。
「Simple & Emotion(シンプル アンド エモーション)」をテーマにデザインされたインテリア。ダッシュボードに備わる2枚のディスプレイが目を引く。拡大
「クラウン」の誕生は1955年のこと。トヨタ車としてはもちろん、国産車としても屈指の歴史を誇るモデルなのだ。
「クラウン」の誕生は1955年のこと。トヨタ車としてはもちろん、国産車としても屈指の歴史を誇るモデルなのだ。拡大
2代目「クラウン」で初めて採用された王冠のエンブレムは、デザインを変えつつ今日にも受け継がれている。(写真=向後一宏)
2代目「クラウン」で初めて採用された王冠のエンブレムは、デザインを変えつつ今日にも受け継がれている。(写真=向後一宏)拡大

厳しい規制の中で、変化を求められる

自動車デザインは、工業デザインの中でもかなり特殊だ。まずサイズがかなり大きく、とても目立つ。自力で公共の道路を移動可能なため、あらゆる場所で見ることができる。自己所有できるため、カタチそのものが深い愛情の対象にもなる。

ところが自動車デザインは、「個々人の好みの問題」として、しばしば評価の対象外とされる。それを言ったら、他のあらゆる性能も好みの問題ではないか。自動車デザインにも、良しあしの基準があっていいのではないか。たとえその基準が、時代とともに鵺(ぬえ)のように変わろうとも。

ただ、自動車デザインの評価は、他の性能評価よりも難しい。自動車の運転の専門家は数多いが、自動車デザインを実践しているのは、ごく限られた自動車デザイナーだけ。実際に自動車デザインに携わっている人が、忌憚(きたん)なく他車のデザインを評価することは、めったにない。つまり、真の専門家の本音を聞くことが難しい。それが、自動車デザインが「好みの問題」として片付けられる、ひとつの要因かもしれない。

当連載の趣旨は、今まさに自ら線を引いている現役の自動車デザイナーに、さまざまな新型車のデザインについて、率直な意見を聞くという、単純明快なものである。

******

明照寺彰(以下、明照寺):はじめまして。よろしくお願いします。

永福ランプ(以下、永福):早速ですが明照寺さん、今回は新型クラウンのデザインについて、現役自動車デザイナーとして、忌憚のないご意見をば。

明照寺:クラウンは今回が15代目ですけど、すごく歴史が長くて、国内専用車ですよね。やってるほうにすれば、相当大変だろうなと強く感じます。

永福:担当するのが気が重いクルマですか。

明照寺:あんまりスポーティーにしすぎても違うだろうし、ただ変化をしなければこれまでと変わらない。それで15代も続いている。自分はそういうクルマを担当した経験はないですが(笑)、すごく苦労しているだろうなと。

永福:がんじがらめなのに、成果だけは求められるわけですね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る