第2回:トヨタ・クラウン(後編)

2018.09.05 カーデザイナー明照寺彰の直言
「トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス」
「トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス」拡大

現役の自動車デザイナー、明照寺氏による新型「トヨタ・クラウン」のデザイン評価もいよいよ佳境に。伝統の継承とオーナーの若返りという、2つの使命のせめぎ合いによって生まれたこのクルマに、自動車デザインの専門家はどのような評価を下すのか?

新型「クラウン」のリアバンパーは、写真の通り薄く平坦な形状となっている。(写真=田村 弥)
新型「クラウン」のリアバンパーは、写真の通り薄く平坦な形状となっている。(写真=田村 弥)拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm。ジャスト1.8mという全幅は、全長4.9mを超えるラージサイズセダンとしては非常にスリムといえる。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm。ジャスト1.8mという全幅は、全長4.9mを超えるラージサイズセダンとしては非常にスリムといえる。拡大
先代「クラウン アスリート」のフロントマスク。“稲妻グリル”と呼ばれた特徴的なフロントグリルのデザインは賛否が分かれた。
先代「クラウン アスリート」のフロントマスク。“稲妻グリル”と呼ばれた特徴的なフロントグリルのデザインは賛否が分かれた。拡大
明照寺氏、永福氏ともに大絶賛だった先代「クラウン」のサイドビュー。長らくクラウンの特徴だった太いCピラーと、そこに施された王冠のエンブレムは、この代をもって廃止された。
明照寺氏、永福氏ともに大絶賛だった先代「クラウン」のサイドビュー。長らくクラウンの特徴だった太いCピラーと、そこに施された王冠のエンブレムは、この代をもって廃止された。拡大

先代クラウンは秀逸だった

明照寺彰(以下、明照寺):前回、サイドビューに関して、「ボディー後部を上下とも絞り込んだほうがスポーティーになる」という話をしましたが、クラウンのリアバンパーを見ると、めちゃくちゃ平らです。

永福ランプ(以下、永福):それは、どの角度から見てですか?

明照寺:上から見たときです。上から見て、カーブが強いほど、テールを絞り込んでいてスポーティーになるんですが、クラウンはそれが直線にかなり近く、ちょっと張りをつける程度になっている。

永福:ホントだ。まったく気づきませんでした。

明照寺:スポーティーにしたいなら、もっとここにボリュームをつけるはずですが、それをやっていない。これはたぶん、ある全長の枠の中で、室内とか荷室とかの長さも考慮した結果でしょう。このあたりは「クラウン」ということで、スポーティーさよりも実用性を重視しているんだと思います。全幅も1800mmだし。1800っていうと、このクラスだと非常に狭いんですよ。

永福:欧米のライバルたちは1900mmに近いですね。

明照寺:全長も全幅も、最初から抑えられている。その中でなんとか造形で頑張るのは、すごく大変な作業だろうと思います。

永福:大変なのはそうでしょうが、素人的感覚としては、私は先代の「クラウン アスリート」が大好きだったんです。とてもキレイな形だったし“稲妻グリル”もアグレッシブで、面もとってもきれいだった。アスリートが反対車線の先頭で信号待ちしていると、思わず見とれるくらい好きでした。全体として、とてもいいところに着地していて、これは新しい顧客層を開拓してもおかしくない、と思ったんですけど、そうはならなかった(笑)。

ほった:僕は“稲妻グリル”、いまだにダメです。

永福:そういう人もいるけれど(笑)。でも、クラウンの変革としては、先代はとてもいい仕事をしたんじゃないかと思うんです。

明照寺:私もそう感じます。やっぱり先代のほうが、ひとつひとつのパネル面が広くて、面の張った感じがありました。新型はそこまで何かを感じられない。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • Chapter 2 Product Overview 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 1955年の誕生以来、最高品質のセダンとして地位を築いてきた「トヨタ・クラウン」。15代目となる最新型には、どんな技術と工夫、そして装備が盛り込まれているのか? 発売間もない特別仕様車も合わせ、その見どころを紹介する。
  • Chapter 1 Driving Impression 2019.7.19 最新のクラウンが魅せるエレガントな世界<PR> 最新の「トヨタ・クラウン」に、初の特別仕様車となるS“Elegance Style”が登場。伝統と革新のセダンに新たな価値を加えるという、その質感や乗り味について、モータージャーナリスト藤島知子が語る。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
ホームへ戻る