クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第2回:トヨタ・クラウン(後編)

2018.09.05 カーデザイナー明照寺彰の直言
「トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス」
「トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス」拡大

現役の自動車デザイナー、明照寺氏による新型「トヨタ・クラウン」のデザイン評価もいよいよ佳境に。伝統の継承とオーナーの若返りという、2つの使命のせめぎ合いによって生まれたこのクルマに、自動車デザインの専門家はどのような評価を下すのか?

新型「クラウン」のリアバンパーは、写真の通り薄く平坦な形状となっている。(写真=田村 弥)
新型「クラウン」のリアバンパーは、写真の通り薄く平坦な形状となっている。(写真=田村 弥)拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm。ジャスト1.8mという全幅は、全長4.9mを超えるラージサイズセダンとしては非常にスリムといえる。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm。ジャスト1.8mという全幅は、全長4.9mを超えるラージサイズセダンとしては非常にスリムといえる。拡大
先代「クラウン アスリート」のフロントマスク。“稲妻グリル”と呼ばれた特徴的なフロントグリルのデザインは賛否が分かれた。
先代「クラウン アスリート」のフロントマスク。“稲妻グリル”と呼ばれた特徴的なフロントグリルのデザインは賛否が分かれた。拡大
明照寺氏、永福氏ともに大絶賛だった先代「クラウン」のサイドビュー。長らくクラウンの特徴だった太いCピラーと、そこに施された王冠のエンブレムは、この代をもって廃止された。
明照寺氏、永福氏ともに大絶賛だった先代「クラウン」のサイドビュー。長らくクラウンの特徴だった太いCピラーと、そこに施された王冠のエンブレムは、この代をもって廃止された。拡大

先代クラウンは秀逸だった

明照寺彰(以下、明照寺):前回、サイドビューに関して、「ボディー後部を上下とも絞り込んだほうがスポーティーになる」という話をしましたが、クラウンのリアバンパーを見ると、めちゃくちゃ平らです。

永福ランプ(以下、永福):それは、どの角度から見てですか?

明照寺:上から見たときです。上から見て、カーブが強いほど、テールを絞り込んでいてスポーティーになるんですが、クラウンはそれが直線にかなり近く、ちょっと張りをつける程度になっている。

永福:ホントだ。まったく気づきませんでした。

明照寺:スポーティーにしたいなら、もっとここにボリュームをつけるはずですが、それをやっていない。これはたぶん、ある全長の枠の中で、室内とか荷室とかの長さも考慮した結果でしょう。このあたりは「クラウン」ということで、スポーティーさよりも実用性を重視しているんだと思います。全幅も1800mmだし。1800っていうと、このクラスだと非常に狭いんですよ。

永福:欧米のライバルたちは1900mmに近いですね。

明照寺:全長も全幅も、最初から抑えられている。その中でなんとか造形で頑張るのは、すごく大変な作業だろうと思います。

永福:大変なのはそうでしょうが、素人的感覚としては、私は先代の「クラウン アスリート」が大好きだったんです。とてもキレイな形だったし“稲妻グリル”もアグレッシブで、面もとってもきれいだった。アスリートが反対車線の先頭で信号待ちしていると、思わず見とれるくらい好きでした。全体として、とてもいいところに着地していて、これは新しい顧客層を開拓してもおかしくない、と思ったんですけど、そうはならなかった(笑)。

ほった:僕は“稲妻グリル”、いまだにダメです。

永福:そういう人もいるけれど(笑)。でも、クラウンの変革としては、先代はとてもいい仕事をしたんじゃないかと思うんです。

明照寺:私もそう感じます。やっぱり先代のほうが、ひとつひとつのパネル面が広くて、面の張った感じがありました。新型はそこまで何かを感じられない。

トヨタ クラウン の中古車

フロントマスクの違和感は確信犯?

永福:シックスライトにして、スポーティーにしたのがダメとは思いませんが、それはトレンドに乗っただけ。デザインの本質としては後退したって感じるんですが。

明照寺:私は、前のアスリートや「ロイヤルサルーン」のパターン違いだと感じます。特にフロントマスクですが、あんまり進化してない。それはどういうことかというと、グリルとランプの比率とか、どこにどういう形で置くかとかというグラフィックに関して、それが先代に対して変わっていません。

永福:グラフィックは、先代ロイヤルサルーンの延長線上ですよね。

明照寺:それと、これは「RS」に限った話なんですが、フロントフォグランプがあるヘッドライトの下の部分がまっ黒じゃないですか、ここがね、パッと見て、なにもない、造形がないみたいに見える。ここは他のグレードと同じように、もう少し線を通すように見せたほうが、クラウンらしく安定して見えるんじゃないかという気はしました。

永福:同感です! ここをブラックアウトしたことで、必要以上に鼻が溶けて垂れてしまったように見える。仮にエアダムの下端に一本、ボディー同色のラインが見えれば、はるかに違和感がなかったでしょうね。

明照寺:でも、これもデザイナーのチャレンジなので。

永福:ですね……。(他のグレードの写真を見つつ)そうしてしまったら、まったく普通になってしまう。

明照寺:国内専用車ですから、「大型ミニバンとかと張り合えないとダメ」という部分は意識しているでしょうし、「ユーザーはこれぐらいのアクの強さは欲してるだろうな」ということでしょう。否定はできないです。それに、ここはすごく気を使ってバランスを取ってるはずなんですよ。顔まわりって最後まで時間がかかるんで。

永福:クルマは顔が命(笑)。

明照寺:ホントに最後の最後まで、フロントグリルとバンパーに関してはチョコチョコいじるんですよ。変化感が足りない、とか。役員提案のとき、つまり発表の1年半ぐらい前ですけど、「いやぁ、この顔じゃ数年先まで戦えないよ」とか言われちゃうわけです(笑)。そこで、なんとか搾り出す、ということの繰り返しなんですよね、顔は。

従来モデルとは一線を画すスタイリングとなって登場した新型「クラウン」。シックスライトのガラスエリアをはじめとしたサイドビューの詳細については、前編をどうぞ。(写真=向後一宏)
従来モデルとは一線を画すスタイリングとなって登場した新型「クラウン」。シックスライトのガラスエリアをはじめとしたサイドビューの詳細については、前編をどうぞ。(写真=向後一宏)拡大
「2.0 RSアドバンス」のフロントマスク。サイドビューは劇的に変わった新型クラウンだが、フロントマスクのグラフィックについては、従来モデルから大きな変化はない。
「2.0 RSアドバンス」のフロントマスク。サイドビューは劇的に変わった新型クラウンだが、フロントマスクのグラフィックについては、従来モデルから大きな変化はない。拡大
こちらは先代モデル「2.5ロイヤルサルーンG」のフロントマスク。(写真=峰 昌宏)
こちらは先代モデル「2.5ロイヤルサルーンG」のフロントマスク。(写真=峰 昌宏)拡大
スポーティーな意匠が特徴の「RS」系のグレードでは、フォグランプベゼルの下のバンパー部分が、写真の通りブラックアウトされている。(写真=田村 弥)
スポーティーな意匠が特徴の「RS」系のグレードでは、フォグランプベゼルの下のバンパー部分が、写真の通りブラックアウトされている。(写真=田村 弥)拡大
最上級グレード「3.5 Gエグゼクティブ」。「RS」系のモデルのフロントマスクがお気に召さない永福氏だが、その他のモデルのデザインについても「まったく普通」とのこと。
最上級グレード「3.5 Gエグゼクティブ」。「RS」系のモデルのフロントマスクがお気に召さない永福氏だが、その他のモデルのデザインについても「まったく普通」とのこと。拡大

デザイナーの苦悩がにじみ出ている

永福:一般ユーザーは、やっぱり顔の良しあしとかテールランプの造形とか、そういうわかりやすい表情の部分に目が行っちゃうんですよ。デザイナーの方は「まずフォルムありき」だとおっしゃるけど、素人にはフォルムは見えてない(笑)!

明照寺:いや、自分の持論としては、一般ユーザーでも、プロポーションがヘンならば、必ず「なんとなくカッコ悪いな」と感じるはずです。逆にディテールがすごくアクが強くて目を引くものだとしても、プロポーションがよければ許してくれる。例えば「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」のリアコンビランプ、渦巻き形ですけど、あんなのは、プロポーションがよくて、ただずまいがよくなかったら、もう最悪です(笑)。

永福:新型クラウンは、プロポーションがどっかズレてるところに、個性的な垂れ鼻のグリルが付いてるので、めちゃくちゃ最悪ではないですが、どうもあまりカッコよく見えない、ということになりませんか?

明照寺:そう感じるかもしれないですね。やっぱり顔の下側に支えるものがないので、グリルやランプを受け止めきれてない感じはします。

永福:点数をつけるとしたら、何点ですか?

明照寺:いやいや(笑)。点数はつけられないです。なぜなら、デザイナーってコンセプトに沿ってデザインしていますから。みんなコンセプトという枠の中で最大限やっているので、“クルマそれぞれ”なんですよ。

永福:では、ひとことで表現するとどうなりますか? 私は「オッサンの若作り」ですが。

明照寺:そうですね。今回は、「作り手の苦悩が分かるデザイン」ということで、ひとつ。

(文=永福ランプ<清水草一>)

従来モデルから大きくスタイリングが変わった新型「クラウン」。明照寺氏は「ディテールのアクが強くてもプロポーションがよければ大丈夫」と言うが……。
従来モデルから大きくスタイリングが変わった新型「クラウン」。明照寺氏は「ディテールのアクが強くてもプロポーションがよければ大丈夫」と言うが……。拡大
アルファ・ロメオのCセグメントハッチバック車「ジュリエッタ」。テールランプには、渦を巻くような独特のデザインを採用している。
アルファ・ロメオのCセグメントハッチバック車「ジュリエッタ」。テールランプには、渦を巻くような独特のデザインを採用している。拡大
永福氏いわく「鼻が溶けて垂れてしまったように見える」というRS系のグレードのフロントマスク。明照寺氏も「グリルやランプを受け止めきれていない」とのこと。(写真=田村 弥)
永福氏いわく「鼻が溶けて垂れてしまったように見える」というRS系のグレードのフロントマスク。明照寺氏も「グリルやランプを受け止めきれていない」とのこと。(写真=田村 弥)拡大
新しい「クラウン」のデザインは、さまざまな規制や伝統などの枠に縛られながら、新しいイメージを求められるデザイナーの苦悩がにじみ出た作だった。
新しい「クラウン」のデザインは、さまざまな規制や伝統などの枠に縛られながら、新しいイメージを求められるデザイナーの苦悩がにじみ出た作だった。拡大
明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ クラウン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。